【感想】ペアーズエンゲージメントで婚活してみた!口コミ・評判を検証

りゅう
こんにちは。出会いのGuidebook編集長のりゅうです。

気軽に、かつ真剣な婚活が、リーズナブルな費用でできるサービスとして注目を集めているペアーズエンゲージ。

5ch(旧2ch)でもペアーズエンゲージは頻繁に話題が上がるほど注目されています。

とはいえ、リリースされたばかりで、どのようなサービスか良くわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、実際にペアーズエンゲージを登録した編集部員が体験談を交えつつ、

  • ペアーズエンゲージがどのようなサービスか
  • 実際に女性と会った体験談

をお伝えします!

りゅう
記事が長いので、目次を活用しながら呼んでくださいね。

ペアーズエンゲージとは?

ペアーズエンゲージは日本最大級のマッチングアプリ Pairs(ペアーズ)を運営する株式会社エウレカが提供する婚活に特化したアプリです。

主な特徴としては、

  • 1年以内の結婚したいユーザーのみが利用している(独身証明書の提出が必須)
  • コンシェルジュが自分に会ったお相手を1日1人紹介してくれる
  • コンシェルジュが婚活の疑問答えてくれる

といった特徴があります。

1年以内の結婚したいユーザーのみが利用している(独身証明書の提出が必須)


Pairsエンゲージでは各種証明書類の提出が必須となっています。

登録者全員が提出する必要があるのが、「本人確認書類」、「独身証明書」、「収入証明書」です。

短大/専門卒/高専卒以上の学歴がある人は、「学歴証明書」の提出も必要となってきます。

また、医師・弁護士・公認会計士・税理士・歯科医師の職業の場合は「国家資格証明書」の提出が必須。

ペアーズエンゲージはペアーズよりも登録のハードルが高くなっており、必要書類もそろえる必要があるため簡単に利用することができません。

しかし、その手間がかけられる人は結婚への真剣度が高いので、結婚を真剣に考えている男女が集まりやすくなっています。

コンシェルジュが自分に会ったお相手を1日1人紹介してくれる

ペアーズエンゲージでは、登録したお相手の希望条件に応じて、自動的に1日1人お相手候補が紹介されます。

そのため、自分で膨大な会員の中からお相手候補を探し、アプローチする必要がある通常のマッチングアプリより手間もかからず、かつお互いの希望条件が合致している人が紹介されるので、マッチングしやすいという特徴があります。

コンシェルジュが婚活の疑問答えてくれる

ペアーズエンゲージではマッチングアプリのように自分1人でがんばるわけではありません。

「結婚コンシェルジュ」が24時間365日チャットにてサポートしてくれます。

マッチングアプリで悩みだった、

「どんなプロフィールが良いか分からない。」
「どんなメッセージのやりとりをすればいいのだろう…。」
「デートでの話題は?」

といった、周囲にはなかなか聞けない婚活の悩みを、気軽に相談することができます。

ペアーズエンゲージコンシェルジュとは?サポートは手厚い?【体験談】

2019年10月20日

2/31まで入会金9,800円→0円になるキャンペーンを実施中です。

マッチングアプリ との違いは?

ペアーズを始めとする通常のマッチングアプリとの違いは何でしょうか。

①ユーザー層の違い

通常のマッチングアプリは婚活ユーザーだけでなく、恋人探しや飲み友探しの人も多く利用しています。

対して、ペアーズエンゲージは、1年以内に結婚したいユーザーのみが利用しており、利用には独身証明書が必要になるため、真剣度が高い人しかいません。

②出会いかたの違い

通常のマッチングアプリは、気になる人を自ら見つけ、メッセージを重ねて、実際に会うという流れになります。

対して、ペアーズエンゲージは1日1人、求める条件を元にアプリがお相手候補を提案してくれるため、自分で探す必要はありません。

③サポートの違い

通常のマッチングアプリは、自力でデートまで漕ぎつける必要があり、なかなか出会えないと悩む方も多いと思います。

対して、ペアーズエンゲージは、コンシェルジュが婚活の様々な疑問に答えてくれるので、相談しながら婚活を進められる心強さがあります。

結婚相談所との違い

①店舗への来店が不要

ペアーズエンゲージはアプリでマッチング後、実際にカフェで1時間会う流れとなります。

その為結婚相談所のように店舗に出向き、紹介してもらう必要がありません。

そのため、結婚相談所のように、直接店舗に出向く必要がなく、すきま時間で婚活ができます。

②料金が安い

ペアーズエンゲージは結婚相談所に近いサービスとなっていますが、結婚相談所よりも費用を抑えることができます。

ペアーズエンゲージにサービスが近い大手結婚相談所の楽天オーネットと費用の比較をしてみましょう。

楽天オーネットでは、半年間活動を行った場合の費用は以下の通りです。

<楽天オーネットの費用内訳>

・初期費用:106,000円

・月額費:13,900円×6ヶ月=83,400円

・合計:189,400円

<Pairsエンゲージの費用内訳>

・初期費用:9,800円 →1/31まで0円!!

・月額日:9,800円×6ヶ月=58,800円

・合計:58,800円

なんと15万円近く費用が抑えられます。

結婚相談所は費用が高すぎると感じる人にはペアーズエンゲージはおすすめです。

どんな人がいるの?

会員数

会員数は、公式には公開されていません。

試しにペアーズエンゲージのコンシェルジュに聞いてみましたが、公開していないということでした。

実際に使っていて、1日1人紹介されるお相手候補が途絶えたることはなかったので、人数が少なすぎて困ることはありませんでした。

推測ですが、サービスリリース前に事前登録を募っていた派生元であるPairs(ペアーズ)の知名度が高い、かつ競合の婚活サービスと比較して利用料金がかなり安いので、ある程度集客はできていると思います。

会員の年齢層

ペアーズエンゲージの参加条件は20~45歳までの男女となっています。

ペアーズエンゲージのコンシェルジュに問い合わせたところ、「特に20代後半から30代前半の結婚を意識する年齢および年代の人が多い」とのことでした。

実際に紹介された女性については次にお話ししますが、全員20代後半から30代前半と、婚活に適した年齢層の方が多いと感じました。

実際にいたどんな人と出会った?

コンシェルジュからサジェストされる女性は、みな真面目そうな印象があります。

また、実際に会ってみても「よい結婚をする」という気持ちが強いという印象もありました。

結婚相手を求める人にとって、よい候補ばかりがサジェストされる、というのが正直な感想です。

外見については、社会人らしい見た目の人が多いです。

メイクは控えめ、髪色も落ち着いています。

性格や価値観も、安定志向の女性がほとんどです。

「イケメン」や「いい男」ではなく、「経済的に安定している人」や「よき父親となれそうな人」を探している層といえるでしょう。

ペアーズエンゲージに登録している人の具体例

ペアーズエンゲージに登録している女性の具体例を紹介します。

プロフィール
  • 名前:ななみ(仮名、ひらがな3文字は事実)
  • 年齢:28歳
  • 職業:事務員
  • 学歴:大卒
  • 年収:200万円~400万円
  • 身長:157cm
  • 体型:ややぽっちゃり

自己紹介文(一部改変)

はじめまして、自己紹介文を読んでいただき、ありがとうございます。

友人が次々と結婚する中、「自分も結婚したいな」と思い、登録しました。

周りからは、「マイペースに見えるけど、気配り上手」、「優しい」と言われます。

「しっかりしているけど、たまに抜けている」と言われることも。

休みの日は、家事をしてからのんびりしています。

基本はインドア派なので、ゲームをする、読書するなどして時間を過ごすことが多いです。

とはいえ、たまには姪っ子と遊ぶ、ウインドウショッピングするなどもしています。

できれば、ドライブに連れて行ってほしいな、と思っています。

一緒にいて安心できて、尊敬できる人がいいですね。

家に帰ったらほっとするような、そんな家庭を作りたいです。

よろしくお願い致します。

この女性に対しては、メッセージの中でも、「真面目」という印象を強く感じました。

積極的というより落ち着いた感じです。

この女性のように、とがったところがない印象の人が大勢を占めています。

 

他にも、2名の女性とマッチングしました。

プロフィール
  • 名前:いずみさん
  • 年齢:29
  • 仕事:事務員

芸能人でいうと、「波瑠」に似ています。

こちらも落ち着いた感じの方でした。

プロフィール
  • 名前:まゆさん
  • 年齢:30
  • 職業:インストラクター

芸能人で言うと、「稲村亜美」に似ています。

この方はアクティブな感じの方で、そろそろ婚活をしたいと考えていたところ、ペアーズエンゲージを見つけたそうです。

2/31まで入会金9,800円→0円になるキャンペーンを実施中です。

ペアーズエンゲージ登録から会うまでの体験談

まずはペアーズエンゲージ登録から会うまでの体験談を紹介します。

ペアーズエンゲージに登録する

まずは登録からスタート。ペアーズエンゲージメントは安全性を確保するために登録に独身証明書が必要なので、普通のマッチングアプリより少しだけ手間がかかります。

手順は以下の通りです。

①メールアドレス登録
②クレジットカード登録
③好みの設定
③本人確認・独身証明書の提出
④プロフィール設定

①メールアドレス登録

メールアドレスを登録して、仮登録。

②クレジットカード登録

次にクレジットカード情報を入力。

③好みのタイプの設定

次は年齢など、好みのタイプを設定。

ここで設定した内容をもとに、紹介される女性が決定します。

④本人確認・独身証明書の提出

続いて顔写真の登録と、本人確認です。

本人確認には、以下の書類が必要でした。

  • 本人確認書類
  • 独身証明書

独身証明書は馴染みのない方も多いと思いますが、「本籍地となっている市区町村の役所・役場」で発行してもらえます(住民届を出している市役所ではないので、注意してください)。

なお、本籍地が遠方である場合、郵送でも取得可能です。

独身証明書

⑤プロフィール設定

最後にプロフィールを設定します。

プロフィールでは、下記3点を用意します。

<顔写真>

顔がはっきりと写っているものを用意します。顔の一部が隠れていると、承認が下りません。

<ステイタス入力>

血液型や身長、年収や職業などを入力。入力したステイタスは、女性を紹介する時の参考材料として使われます。

<自己紹介文入力>

自己紹介文用のテンプレートなどが用意されています。テンプレートをもとに書いていけば、充実した自己紹介文が作れます。

もちろん、テンプレートを使わずに、全て自分で書いても問題ありません。

これで登録は完了です。

この後、婚活をサポートしてくれる専属のコンシェルジュが自分に付けられました。

使い方で分からないことや、婚活で困ったこと(プロフィールの書き方、女性との会話など)があった場合、コンシェルジュに相談することができます。

ペアーズエンゲージコンシェルジュとは?サポートは手厚い?【体験談】

2019年10月20日

マッチング

登録して次の日から、1日1人紹介が始まりました。

1日目は28歳のななみさん(仮名)とマッチング。

土屋太鳳さんに似ています。

いきなり一人目から相互に「いいね!」を送り合っている状態に。

つまり、マッチングしたということですね。

ななみさんのプロフィールは以下の通りです(プライバシーを考慮し一部改変)。

プロフィール
  • 事務職
  • 157cm
  • ややぽっちゃり
  • インドア派
  • 一緒にいて安心でき、尊敬できる人と結婚したい
  • あたたかい家庭を築きたい

マッチングすると、実際に会うことが可能です。

ペアーズエンゲージでは、これを「ファーストコンタクト」と呼びます。

ファーストコンタクトには、以下のようなルールが設定されています。

ファーストコンタクトのルール
  • ファーストコンタクトの日時と場所は女性が指定する
  • カフェ等で1時間弱のデート
  • 10:00~19:00
  • 無断キャンセルはペナルティ対象

というように、かなり厳格なルールが設定されています。

女性側の安全に考慮した内容ですね。

実際に会う

ななみさんが指定した日時に、待ち合わせ場所へと向かいます。

場所は都内某所、時間は13:00~14:00でした。

 

待っていると、ななみさんは白・水色基調のワンピース姿で登場。

ペアーズエンゲージ上では「ややぽっちゃり」とのことでした。

しかし実際にはモデル体型といっても差し支えないような印象。

挨拶を済ませると、「勝手に日付と場所を指定してごめんなさい」、と言われました。

システム上仕方ないのですが、これを気にしていたらしく謝罪されました。

 

待ち合わせ場所に土地勘がなかったので、ななみさんが知っているカフェへ移動。

下記のようなことを話しました。

  • 就いている仕事の具体的な内容
  • 恋愛遍歴
  • いつまでに結婚したいか
  • どんな家庭がいいか
  • 他の人と会った感触はどうだったか

時間が限られていたましたが、話はとても弾みました。

少し話し足りないくらいに感じましたが、その日はお別れしました。

カップリングする

その後、ペアーズエンゲージ上で、お互いが「セカンドコンタクト」を希望しました。

つまり、カップリングしたということです。

カップリングすると、メッセージ機能が解放され、メッセージのやりとり、自由にデートを行うことができます。

カップリング状態は90日間継続され、その間に「真剣交際」するかどうかを判断するという仕組みです。

(今回僕はカップリングまででしたが、真剣交際に進むとどうなるのかも説明します!)

真剣交際

カップリングした中で「結婚を前提とした交際がしたい」と思った相手がいた場合は真剣交際に進むことになります。

真剣交際となった場合、紹介や他の相手とのマッチングは解除となります。

真剣交際は1人だけ。

真剣交際は先ほどのカップリング期間に含まれており、実質90日以内に成婚するかどうかを決めることになります。

30日の延長が可能となっているので、最大で120日間考えることができます。

それ以上の期間カップリングおよび真剣交際を続けると、成婚退会とみなされて強制退会となります。

成婚退会

「結婚したい」とお互いに覚悟が決まったら、ペアーズエンゲージを成婚退会しましょう。

成婚退会となる場合は、以下の通り。

成婚退会の条件
  • 宿泊及び宿泊を伴う旅行
  • 同棲
  • 婚前交渉
  • カップリング成立から90日経過
  • 30日延長して、カップリング成立から120日経過

意図せずに成婚退会することもあるので、しっかりと期間を把握して成婚退会するかどうかを考えてください。

2/31まで入会金9,800円→0円になるキャンペーンを実施中です。

ペアーズエンゲージを使用して感じたメリット・デメリット

ペアーズエンゲージを利用して、かなり面白いサービスだと思いました。

実際に感じたメリット・デメリットをお話します。

ペアーズエンゲージのメリット

<安全性が高い>

ペアーズエンゲージは独身証明証の提出が必須です。

さらには、真剣交際など、真面目に婚活をする仕組みが整っています。

そのため、怪しい業者や遊び目的の人などが入り込むスキは一切ありません。

<ほぼ確実に会える>

ペアーズエンゲージは、お互いの希望条件に合致している男女を紹介してくれます。

具体的にいうと、学歴、年収、居住地、結婚歴、子供の有無などがマッチしたお相手が紹介されるのです。

つまり、ある程度お互いの希望条件に合った相手が紹介されるため、マッチング自体はしやすいのです。

通常のマッチングアプリは気に入った相手に一本的にアプローチするので、お互いの希望条件を考慮してくれるペアーズエンゲージの方がマッチングの確率があがります。

またマッチングした場合、「かならず実際に会う」というルールがあります。

自己都合で会わなかったユーザーに対しては、ペナルティが課せられる仕組みです。

したがってマッチングさえできれば、ほぼ確実に出会うことが可能です。

<デートのお金がほぼかからない>

この口コミにもある通り、ペアーズエンゲージの初回のデートはカフェに限定されています。

そのため、初回のデートを奢ったとしても1000円〜2000円程度で済んでしまいます。

月会費は他のマッチングアプリよりは高いですが、何人にも会いつつ婚活をするのであれば、トータルとして費用を抑えられるのです。

ペアーズエンゲージのデメリット

<独身証明書の取得がめんどくさい>


独身証明証は自治体に発行してもらう必要があり、手続きが発生します。

特に住まいと住民票が違う場合には、住民票のある自治体に送付してもらう手間も発生するのです。

ペアーズエンゲージが独身証明書の代理取得のサービスを開始しました!

オンライン申請フォームに入力すれば、5〜10分で完了し、かつ無料で取得してくれるということなので、より気軽に利用できそうです。

<男性側から場所や時間を指定できない>

安全面を考慮していることの裏返しです。

男性側は、女性側の指定した場所と時間に合わせなければいけません。

少し不便なところです。

<ファーストコンタクトの時間が短すぎる>

上述のとおり、ファーストコンタクトの時間は1時間程度。

限られた時間でセカンドコンタクトを取りたい、と思ってもらえるようにしなければいけません。

口下手な男性にとっては少し厳しいルールです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕自身利用してみて、ペアーズエンゲージはとても便利で婚活のハードルを下げてくれるサービスだなと感じました。

  • リーズナブルに婚活を始めたい
  • 最短ルートで結婚したい
  • 真剣&安全な環境で婚活したい
  • 忙しいけど、スキマ時間で婚活したい

という人には、非常におすすめだと感じました!

2/31まで入会金9,800円→0円になるキャンペーンを実施中です。