お見合いで断られる男性の5つの特徴【婚活男性必見】

ほそゆう

こんにちは。結婚相談所中の人×現役コンサル社員のほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回は『女性がお見合いで男性をお断りするよくある理由』というテーマでお話し致します。

「お見合いで断られた理由が知りたい」と思う男性の方も多いと思います。

しかし、理由を聞いても、

  • フィーリングが合わなかった
  • 価値観が合わなかった

と、いったような曖昧な理由でお断りされてしまう場合が多いのではないでしょうか?

それは、相手をお断りすることを決めているのであれば、なるべく波風立たないような理由で、やんわりとお断りした方が、後々恨まれたりするなどの心配もなく、そのまま関係を終了できるので、曖昧なフワッとした理由でお断りする方が多いと思います。

でも、やっぱり断られた直接的な理由を知りたいと思っている方が多いのではないでしょうか?

そこで、今回はカウンセラーの立場で、実際に女性会員さんからお見合いでお断りする時の本音として聞くポイントを5つお話ししていきたいと思います

このポイントは、特に意識していただきたいのが、「自分は大丈夫だろう」「こんなのよく言われてるよね」と流さずに、本当に自分は当てはまっていないのか再確認するポイントとして読んでいただければと思います。

実際、ほとんどのお断わり理由が、今日ご紹介する5つに当てはまっていることが多いのです
しかし、本人はおそらく自分は大丈夫であると思っているのです。

ぜひ最後までお読みください。

記事の監修者;ほそゆうのプロフィール
  • 月9800円!会員数7.5万人✖️オンライン無制限サポート。結婚相談所「ウェルスマ代表カウンセラー
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • 【登録者1800人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営
目次

服装がカジュアルすぎ

まず1つ目が、「お見合いの時の服装がカジュアルすぎ」ということです。
この理由は、意外と多くの女性から伺います。

男性は、1回目のお見合いの服装は、特に相談所から何も言われない場合もあるので、いつもの普段着で行ってしまう方がいます。

しかし、基本的に1回目は、フォーマルな服装がスタンダードです。
簡単に言えば、スーツファッションが良いでしょう。

スーツ姿は男性を2割増に恰好よく見えると言われますが、まさにそうなのです
変にカジュアルファッションで、お見合いにはいかない方がいいです。

おそらくプロフィール写真は、多くの方がスーツ姿で撮っていると思います。
その写真でイメージをしてきた女性に対して、実際男性がカジュアルな服装だと、あまり魅力を感じず、幻滅されてしまいます。

常識がない人と思われてしまう

そもそも女性は、1回目のお見合いは基本的にスーツで男性は来るものだと思っている方が多いので、そのような場にカジュアルすぎる服装で現れてしまうと、「あれ、この人はTPOをわきまえられない人なのかな、常識がない人なのかな」と、思われてしまう可能性さえあります。

特に注意してほしいのが、オンラインのお見合いです

オンラインの場合、家から参加するという方が多いと思いますが、家でわざわざスーツに着替えるのも面倒に思い、Tシャツファッションなどカジュアルな服装で参加される方が見受けられます。

しかし、女性側からすると、1回目のお見合いはスーツで現れるものだと思っているので、たとえオンラインであっても、基本的にはスーツが好ましいです

ファッション次第で魅力は半減してしまう

男性の中には、「自分はみんなが着てるようなスーツではなくて、カジュアルなファッションで差別化したいんだ」と思われている方もいるかもしれません。

ファッションセンスに自信が無茶苦茶あるなら、それでもいいかもしれません。

ただ、基本的にはスーツからカジュアルにトーンダウンすると、よりプラスに見えるというよりも、少しだらしなく見えたり、魅力が半減して見えてしまうものです。

例えばTシャツやポロシャツ1枚にジーンズファッションは、映画に出てくるアーノルド・シュワルツェネッガーなどが着ていたら、メチャクチャ恰好よく見えるかもしれませんが、残念ながら体型も体格も全然違うので、基本的には同じ格好をしても、恰好いいなというよりも、だらしがないなと見えてしまう人の方が多いのです

ほそゆう

スーツであれば大きくファッションを外す心配はないですし、女性に好印象をもってもらう為にも、無難にスーツを着ていきましょう。

服がだらしない

これは、1つ目のカジュアル過ぎるというポイントにも繋がりますが、服装がだらしがないという理由でお断りしたいという意見も多く聞きます。
よく聞くのは、サイズ感とシワです。

サイズ感

まずサイズ感ですが、少し大きめのダボッとしているスーツを着ている方が意外と多いなと思います。

ダボッとしているスーツというのは、少しだらしなく見えてしまいますので、自分の体形に合ったスーツを着ることが大切です。

シワ

ワイシャツは、シワがあるとだらしなく見えてしまいます

行く前にアイロンをかけるのはもちろんのことですが、最近ではシワになりにくい素材の形状記憶のワイシャツは、アイロンをかけなくても結構ピシッと見えるので、婚活用に1枚用意しておくと良いでしょう。

お金を掛ける必要はない

何もお金をかけて洋服を買って下さいというのではなく、洋服はユニクロでも全然買えます

今発売されている感動パンツシリーズはジャケットとセットアップができますし、ワイシャツもユニクロで売っています。

最近ではワイシャツもダボッと着る人もいますが、自分の体型に合うスリムフィットなどもユニクロで発売されていますので、そういうものを選ぶようにしてください。

音を立てて食事をする

これは先日ツイッターでツイートした時に、かなり反響が大きくて自分でも驚きました。

  • 飲み物を音を立てて飲む
  • 食べ物をクチャクチャと食べる
  • 食べ物が入った状態で喋る

など、こういう基本的な指摘が意外と多いです。

お見合いでは特に厳しく見られている

おそらく、男性同士ではあまり気にしないと思います。
気にし始めたら確かに気になるのですが、男子同士で音を立てて飲んだり、クチャクチャ音を立てる人がいても、話しに夢中だったりするので、あまり気にならないことが日常的に多いと思います。

しかし、お見合いは静かなホテルのラウンジなどの場合が多く、かつ女性は男性よりもそういう細かいところまで気にする方が多くいます。

例えば、爪が切ってあるのか、肌がガサガサしてないか、ささくれができてないかなどという細かいところまで、目がいきますし、音を立てて食べるのは、なおさら気になってしまうのです。

ほそゆう

このポイントは、自分では大丈夫だなと思っていても、意外とやってしまいがちなので注意しましょう。

お見合いでは会話を最優先にする

お見合いは、食事を楽しむ場ではなく、お話しをする場です。
相手と仲良くなるために、お話しをすることが第一です。

ですから、コーヒーがとても熱そうで、なかなか飲めない時は焦って飲む必要はありません。
食べ物も喋りながら、パクパク食べる必要はありません。

お見合いは、会話第一で進めて下さい。
相手との話しに集中して、次の交際に繋げていくことにフォーカスしましょう。

自分語りが過ぎる

「お相手の男性が自分の話しをしてばかりで、女性側の話しを全然聞いてくれなかった」「質問もしてくれず、自分には興味がなさそうだった」など、この理由もかなりよく聞く理由の1つです。

女性の方は、結構プロフィールをしっかり読み込んで、質問も考えてと、忠実にしっかり準備している方も多いのですが、男性の中には、サーッとプロフィールを見て、あとはアドリブで話そうと考えて、お見合いに臨む人もいます

しかし、残念ながらそういう人に限って、会話があまり上手くいかない場合も多くあります

会社のプレゼンテーションであったら、全く準備しないで臨むことはないはずです。

お見合いも事前に準備してください。
何を話すのか、どういうことを質問するのか、考えていくようにするのが礼儀です。

また、男性は、自分のことをものすごく喋ってしまうパターンと、質問をせずにかなり受身になってしまうパターンと、この両極端の場合があります。

自分ばかり話してしまう

自分が話し過ぎてしまう人は、うすうす自分でもお喋りだなと気づいているはずです

自分でも気をつけなくてはと思っていても、やはり話し始めると止められず、相手に全然質問しないで、自分の話ばかりしてしまうので、後々反省している場合が多いのではないでしょうか?

喋りたいことはもちろん喋ってもいいと思いますが、1分ぐらい喋ったらお相手にボールを返す、自分から「あなたはどうですか?」と聞いてみるなど、バランスを取る方が良いでしょう

ほそゆう

周りからよく喋るねと言われるタイプの人は、自分の話しをかなり抑えめにする感覚で、ちょうどバランスが良くなると思います。

質問をせずに受身になってしまう

まずは、質問を10個ほどプロフィールを見て考えておくと、沈黙が恐れたりせずに、落ち着いて喋れるようになります

ただ質問をキッチリしながら進めると、逆にギクシャクした会話になったり、相手との温度感が合わなかったりするかもしれませんので、ケースバイケースで対応して下さい。

相手を流しすぎる

「お相手の反応が薄かったです」「終始真顔で私が話しても『そうですか』の一言で終わってしまい、質問も特にありませんでした」など、男性のリアクションがあまりなかったと言われる女性も多くいます。

私もそこまでリアクションを大きく取る方ではないですが、やはりリアクションは、あなたの話しをしっかり聞いてますよ、と表すためにも取るべきです

「ふーん、そうなんだ」だけではなく、せめて何か質問を返したり、できれば笑顔で相手の話しに興味を持って、深掘りしていく意識が大切なのです。
それがお相手への配慮ですし、会話が盛り上がるきっかけになるかもしれません。

会話は双方で盛り上げる

正直お相手の話題に興味がないこともあると思います。
でも、それはお相手も同じなのです

例えば、趣味の話しでは、ほとんどの場合、自分がめちゃくちゃその趣味について知りたいという事は少ないはずです。
「映画が趣味です」と言われて、「ああ、そうなんですか。映画なんですね。ふーん」と思っているのが、本音かもしれません。

しかし、そういう時も相手が好きなことをしっかりと深掘りして、興味を持って聞くことが配慮になります。

相手からも「この人は、私の話しもきちんと聞いてくれるし、いい人だな」と思われますし、この人の話しも聞いてあげようと相手も思ってくれるので、双方のコミュニケーションが生まれてくるのです。

リアクションが薄いと、相手の話題にあまり興味がないように思われます。
まずは、相槌を打ったり、リアクションを取るようにして、お相手との関係を良好にすることを大切にしてください。

まとめ

今回は『女性がお見合いで男性をお断りするよくある理由』というテーマでお話し致しました。

自分では大丈夫と思っていても、意外と女性は細かなところも気にしているのだなと、わかっていただけたでしょうか?

質問は前もって準備して、服装はビシッとスーツで、会話を楽しむことを最優先にすることを忘れないで下さいね。

お見合いの場をハッピーな空間にするために大切なことだと思い、リアクションを少し大きく、相手の話しを聞きながら、更に深掘りして質問してみることも実践してみてください。

PR: 月9,800円〜!IBJ AWARD受賞の結婚相談所「ウェルスマ」

会員72,293人(2020/9現在)
地域全国(オンライン対応)
料金9,800円/月〜
サポート専任カウンセラーによるLINE/Zoom相談
申込人数30・60・100名/月(プランによる)

ウェルスマはコンサルファーム出身者が従来の結婚相談所運営を徹底的に見直し、月9,800円とリーズナブルな価格ながら、理想のパートナーと出会うための充実の環境・サポートを実現させました。オンラインで自宅から婚活できます。

2022年上半期はIBJ AWARD*を受賞。

*IBJ AWARDは日本結婚相談所連盟に加盟する3,362社の中から特に顕著な実績を残した結婚相談所に贈られる賞です。2022年上期は446社 / 3362社 (上位14%)のみが受賞しました。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚者数の実績を誇ります。

またいつでもLINE/Zoomで専任カウンセラーに相談可能なので、個人の状況に応じて婚活を進めていくことができます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚率の実績を誇ります。

ほそゆう

私が代表カウンセラーを務めています。他には無い密なサポートが特徴です。まずはお気軽にご相談ください!

\【デアガイ限定】初月月会費無料キャンペーン中!*/

*入会フォームにてクーポンコード「deagaimuryou」と入力することが条件となります。

よかったらシェアしてね!

【10/31まで】入会金+成婚料無料。必要なのは月9,800円のみ!

\1年以内の結婚を目指すなら。結婚相談所「ウェルスマ」/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

▶︎結婚相談所中の人×現役コンサル社員
▷結婚相談所「ウェルスマ」運営
▶︎25万人以上閲覧「出会いのGuidebook」編集長
▷Youtubeちゃんねるは「ほそゆう」で検索

目次
閉じる