社会人の恋人探しにおすすめの出会いの場を会社員の僕が解説します。

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅうです。

「恋人が欲しいけど社会人になってから出会いの機会が無さ過ぎる。恋人の探し方がわからない」

このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

社会人になると、学生自体のような、日常を過ごす中で出会いのきっかけが激減しますよね。

僕自身、会社員として多忙な日々を送っており、当初出会いのきっかけがほとんどなかった時期がありました。

しかし、出会いのGuidebookの編集長として数々の出会いの場を取材する中で、多忙な社会人におすすめの恋人探しの場所がわかるようになり、今では定期的な出会いのきっかけを持つことができています。

この記事を読めば、すぐに恋人探しの一歩を踏み出せるはずです!

恋人探しに最適な出会いの場を選ぼう

出会いの目的としては、

①恋活(恋人を作りたい)
②婚活(結婚相手を探したい)
③遊び相手を探したい

の3つが考えられます。

③についてはとにかく異性と遊びたいという方ですね。

これについては、出会いのあるバーや横丁など色んな遊びスポットに行ってみると楽しめると思います。

詳しくは別の記事で解説します。(作成中)

そして①と②の違いについて、様々な線引きがありますが、出会いのGuidebookでは以下のように定義します。

①恋活=まずは恋人が欲しい。結婚については特に考えていない、または2~3年後くらいでいいかなと思っている
②婚活=1年以内、またはすぐにでも結婚したい

恋活と婚活では最適な出会いの場が違ってくるため、自分がどちらの目的か明確にするようにしてください。

そして、この記事では、①恋活向けの恋人探しの場所について解説してきます。

婚活目的の方は別途おすすめの場所を纏めているので参考にしてください。

マッチングアプリ?婚活パーティー?結婚相談所?結婚にコミットする婚活手段の選び方

それではここから恋人探しにおすすめの出会いの場とともに、向いている人・向いていない人も解説していきますので、自分に合いそうな手段を探してみてください!!

恋人探しにおすすめ出会いの場①:街コン

街コンを知らない人向けに簡単に説明するなら、合コンの大きいバージョンのようなパーティーです。

一度で数十人~数百人と会うことができ、値段は合コン1回分程度なので、合コンよりもコスパが良い出会いの場です。

街コンにもよりますが、平均10人程度とお話でき、連絡先も交換することができます。

街コンが向いている人

①まずは会ってみたい派の人

好きなタイプはフィーリングが合う人。

まずは色んな人と会って話してみないとわからないという人には、一度に大勢と会える街コンは向いているでしょう。

②事前のやり取りが面倒な人

マッチングアプリは会うまでにある程度メッセージをやり取りする必要があります。

あまりマメでない人は、メッセージのやり取りがめんどくさくなって、どんどん連絡が途絶えてしまい、結局全然会えずじまいだったということも良く聞きます。

街コンはパーティーに申し込んで行けばいいだけなので、そんなめんどくさがりの人も気軽に参加することができます。

街コンが向いていない人

①集団でのトークが苦手な人

街コンは20分の合コンが複数回繰り返されるようなものなので、短時間で相手の印象に残る必要があります。

そのため、人見知りだったり、集団でのトークが苦手な人には少し不利です。

もし苦手だけど行きたいという人は、緊張のほぐれる仲の良い友達と一緒に行くことをおすすめします。

実はりゅうも極度の人見知りで、集団のトークが苦手なのですが、無駄に頑張って行き続けた結果、緊張しながらもスイッチを入れると喋るようになりました。

恋人探しにおすすめ出会いの場②:マッチングアプリ

マッチングアプリは簡単に言うと、数万人の登録者の中から好みの人にアプローチして、メッセージを交換し、デートすることができます。

登録者数が多いため、自分のタイプの人に出会える確率が高い、最強の手段です。

僕自身、以前ペアーズを使用した時に、ベイスターズファン×身長160センチ以上の、リアルではほぼ出会えないドタイプの人に出会い、付き合うことができました。笑

また、月額数千円から使えるため、コスパもかなりいいと言えます。

マッチングアプリはスマホさえあればいつでもどこでもできるので、空いた時間で恋人探しをしたいという人におすすめです。

マッチングアプリが向いている人

①忙しい人

平日は仕事が終わるのが遅い、休日もなんやかんや予定が入っているという多忙な方でも、マッチングアプリであれば数十分の移動時間で充分恋人探しが可能です。

②1対1でじっくり話したい人

マッチングアプリから会うとなった場合は、基本1対1。

なので、集団でワイワイするのが苦手、しっぽりとお話ししたいという人におすすめです。

②恋人に求める条件が高い人

柔らかい表現をしましたが、理想が高い人です。笑

合コンや街コンだと中々タイプの人に出会えないという人はマッチングアプリを使って見ると良いかもしれません。

また僕みたいな、横浜ベイスターズファンと付き合いたい!などの妄想を抱いている人にもおすすめです。

③街コンなどがなかなか開催されていない地域の人

地方に行けば行くほど、街コンの開催頻度は減ります。

マッチングアプリは全国の人が登録しているので、会員数が多いアプリを使用すれば、地方でも活用することができます。

マッチングアプリが向いていない人

①メッセージのやり取りが続かない人

マッチングアプリでは出会うまでに、メッセージを続ける必要があります。

また大抵の人が、複数人同時並行でメッセージを交換しているため、自分から質問したりしないと会話が途切れてしまうということが多々あります。

なので、メッセージが苦手、めんどくさいという人はあまり出会いに繋がらないでしょう。

※追記:最近ではメッセージ交換ほぼ無し、日程と場所(お店)を選ぶだけでマッチングできるアプリが登場しています。

メッセージがめんどくさいという人はこちらのアプリもチェックしてみてください。

婚活パーティーは恋人探しには不向き

婚活パーティーは1年以内の結婚を見据えた人が集まっています。

僕の感覚値では女性に限って言うと、1年以内を希望している人がほとんどです。

なので、結婚を考えていない人はもちろん、「まぁいつかはしたいけど具体的には考えてないな」という人にもあまりおすすめできません。

仮にいい人に出会えても、結婚を真剣に考えている人は、何度か会って結婚の意志が無いと分かれば、縁を切ってきますので。。

バーやサークルは出会いがある可能性があるけど、確率は低い

良く、出会いが無いならバーに行ったり、サークルに参加してみては?という話を耳にしたことがある方は多いと思います。

バーやサークルは新しい人との出会いが確かに増えますが、既婚者が居たり、恋人的な出会いを求めていない人も多々いるので、効率はよくないでしょう。

さぁそれでは実際に街コン・マッチングアプリの2つの手段について選び方などを解説していきたいと思います。

まとめ

それではこの記事のまとめです。

・恋人探しに向いているのは街コン/マッチングアプリ
・まずは色んな人と会いたい人は街コン向き
・多忙な人はマッチングアプリ向き
・婚活パーティーは1年以内に結婚したい人向きなので、直近の結婚を考えていない人には向かない

恋人探しの第一歩として、街コンかマッチングアプリの気になった方、自分に会っているなと思った方からまずは初めて見てはいかがでしょうか。

街コン・マッチングアプリについてあまりよくわからないという方も多いと思いますが、そちらについては以下記事を読んでみてください!!

【必見】元街コン運営団体代表が失敗しない街コンの選び方を解説

2018年6月9日

マッチングアプリの選び方

2019年8月11日