Dine(ダイン)は高い?Dineで費用を安く抑える方法

こんにちは。出会いのプロフェッショナルりゅう(@deai_no_guidebk)です。

最近マッチングアプリdine(ダイン)を使って週1ペースでデートしています

メッセージ不要でお店の予約までしてくれるので、ずぼらな僕にはめっちゃありがたいサービスです。

しかし、1つだけ気になることが。

それが、予約できるお店の値段がそこそこ高いこと。

安くても1人当たり5000円程度、奢ったら10000円くらいになります。

「デートなんだからケチケチせずに払えよ」という声が聞こえてきそうですが、

正直、僕はケチなので嫌です。

真面目に言うと、狙ってる子なら高いお店でもいいですが、ネット経由で初めて会う人と高いお店でデートするのは、ハズレの可能性もあるわけで、費用対効果としてどうなのかと思ってしまうわけです。

そして必ずしもお店の値段と女の子の満足度は相関しないということが、Dineを使う女子へのインタビューで明らかになりました。

前置きが長くなりました。

今回は僕みたいな、少しでも費用を安く抑えたいという堅実な男子のために、Dine(ダイン)で女性の満足度を落とさず、お店の費用を安く抑える方法をご紹介したいと思います。

Dine(ダイン)で女性の満足度を落とさずお店の費用を安く抑える4つの方法

マッチングしてからお店を変える

マッチング後のお店予約時にお店を変える方法。これありなんです。

いいねを送るときって、お店を詳しく見ないで、さっさっとスワイプしていく人が大半だと思います。

そして、いざマッチングしてお店を確認すると¥¥¥以上の高いお店だったということもあるはず。

そんな時はお店予約時にリーズナブルなお店に変えて、相手に予約提案しちゃいましょう。

僕自身、マッチングしたお店から変えて、予約提案して、NGを食らったことは1度もありません。

実際に会った女性に聞くと、高いお店を選択している人でも、「高いお店が良いからではなくて、なんとなく美味しそうだったから選んでるだけ」という意見が多かったです。

仮に返信が返っってこない場合、飯目的の確率が高いので、事前にメシモクを防げるというメリットもあります。

自分でお店を予約する

これもよく使う手ですが、自分でお店を予約するのもあり。

多少面倒ではありますが、リーズナブルな飲み屋を事前にストックしておけば、コストは抑えられます。

日程確定後、「予約のシステムよくわからないので、とりあえずお店さがしときますね」とか「日程も近いのでお店僕が探しときますね」という感じで言えば、大体OKしてもらえます。

ただし中には、初対面に変なところに連れていかれるのは怖いからお店はDine(ダイン)を介して予約したいという人もいるかもしれませんので、相手が渋った場合は、Dine(ダイン)で予約しましょう。

¥¥フラグだけでなく、食べログのメニューも確認する

Dine(ダイン)ではそれぞれのお店に、金額の目安(¥フラグ)がついています。

ただこのフラグはあくまでも目安なので、お酒を飲むのか、ランチなのかなどの要素によって結構値段が変わってきます。

例えば「bills 銀座店」は¥¥ですが、ディナーで行くとカクテルが一杯1500円、パスタが2500円とかするので、普通に1人7000円とか行きます。

かの有名なリコッタチーズパンケーキも1800円です。笑

対して、「串焼き もんじろう(恵比寿)」は同じ\\ですが、ドリンク600円程度、串焼きも250円とかなので、結構飲み食いしても4000円くらいで収まります。

なので金額の目安(¥¥フラグ)だけでなく、食べログのメニューを見て、どれくらいの値段になりそうか確認するようにしましょう。

ランチにする

ランチだと高級店でも1人2000~3000円には収まるので、奢ったとしても6000円以内にはおさまります。

カフェならおごりで3000円以内に収めることも可能でしょう。

初回デートはランチで費用を抑え、気に入った人が居たらディナーに誘うという戦略が賢いといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Dine(ダイン)でお店を安く抑える方法は、

・マッチングしてからお店を変える
・自分でお店を予約する
・¥¥フラグだけでなく、食べログのメニューも確認する
・ランチにする

今回ご紹介した方法も活用しつつ、Dine(ダイン)を楽しみましょう!

出会いのGuidebookユーザー限定!1週間有料会員を無料で体験!

なんと今ならアプリをインストール後以下の招待コードを入力すれば、1週間Dineの有料会員(Gold会員)を無料で体験できます!是非チェックしてみてください。

招待コード:jpu35a2B