いきなりデートの感想・評判・口コミ【高学歴男子が集まるハイステータス向けのアプリ】

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@ryu_deai)です。

今回は、マッチング後即デートができるハイスペック層向けデーティングアプリ「いきなりデート」について感想を書きます。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

いきなりデートとは?

いきなりデートとは、株式会社アイザックが運営しているデーティングアプリです。

マッチングした相手とのメッセージのやり取りなしで、お店の予約まですべて行ってくれるので、手間がかからずデートをすることができます。

累計会員数は5万人を突破し、月間デート数も3000人を超えるなど急激に会員数を伸ばしているアプリです。

いきなりデートの気になるポイント

女性もお金がかかる

他のマッチングアプリは女性無料が多いですが、いきなりデ―トは男性と同じ料金がかかります。(デート1回あたり約3,000円)

その分学歴がしっかりとした男性と会えるというのはメリットですね。

会うまで顔がわからない

いきなりデートはデートできる時間帯を先に指定して、運営がマッチング相手を選ぶ仕組みですが、

その際、見れるのは相手のプロフィール、スペックのみで、顔写真を見ることができません。

顔重視で会いたいという人には、気になるポイントになるでしょう。

お店が選べない

お店選びは完全に運営任せになります。

デート向けのお店からチョイスしてもらえますので、変なお店に当たることはありませんが、

お店にこだわりがある人は気になるかもしれません。

いきなりデートの特徴・メリット

ハイスペック男子が多い

いきなりデ―トの男性の入会審査基準はとても厳しいものとなっています。

以下をご覧ください。

  • 23〜45歳
  • MARCH(関関同立)及びそれに準ずる国公立大以上、有名大学院生
  • 上場企業or社員100名以上の会社員
    士業、公務員、国家公務員など
  • 社員数20名以上の経営者または役員
  • Facebookの友達数15名以上
  • 現在独身&彼女なし

同じくハイスペック向けのアプリである、東カレデートやDineも、職業や年収の審査基準はありますが、学歴も審査基準になっているアプリは珍しいですね。

そのため、参加者の学歴も慶應、早稲田、東大、京大と凄いことに…

マッチングした際も「東京大学 不動産 総合職 27歳」などと表示されます笑

学歴を重視する人にはもちろん、学歴はある程度ちゃんとしている人の担保にもなりますので、身元がわからない怪しい人と出会うのは怖いな…という人も安心して出会うことができます。

対して女性は、大学or短期大学卒業くらいなので、そこまで厳しい条件があるわけではありません。

お店選びが不要

基本的にデ―トまでのステップはデートしたい日時を指定して、いきなりデート側が選んでくれた候補相手からデートしたい相手を選ぶだけ。

マッチングしてからのメッセージのやりとり、お店の予約などは不要なのです。

会ったことない人とのお店選びって、どういう系が好きなのかとか色々考えながら選ばなきゃいけないので、難しいんですよね。

おしゃれなお店が好きそうに見えるのに、実は赤提灯系が好きだったりとか。

なので、お店を選んでもらえるのが非常に助かりますね。

ちなみにお店はデート向けのお店を特集しているEXURYが監修しているので、安心してお店選びも任せられます。

運営が最適な相手を選んでくれる

いきなりデ―トが特徴的なのはマッチング相手をアプリ側が選んでくれること。

・自分の好みがよく分からない
・自分で選ぶのがめんどくさい

という人にはおすすめできますね。

デ―トをしない限り料金が発生しない

いきなりデ―トはデ―ト1回あたり3,000円程度という料金設定なので、実際に会わない限り料金が発生しません。

なので料金を払って登録したけど全然会えない!!という心配がありません。

また万が一ドタキャンがあった場合、料金は取られませんので安心しましょう。

総括:しっかりした人と真剣に付き合いたい人におすすめ

学歴の審査があるアプリは珍しいので、学歴や職業がしっかりしている人とお付き合いしたいという人にはおすすめできます。

また、デートのアレンジは全てアプリ側で実施してくれるため、面倒くさがりの人や、忙しい人にもおすすめできます。

いずれにせよ、1回のデートから使える、かつデートするごとにお金を払うので、お金を払って出会えないということがないのが良いですね。

この記事を書いた人

目次
閉じる