日本で一番出会えるアプリ│Pairs(ペアーズ)の特徴・評判・口コミを徹底解説!

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@deai_no_guidebk)です。

今回は、ペアーズを使って、10人以上と会って、彼女も作ったことのある編集長が、

・Pairsの良いところ・気になるところ
・他の出会い手段との比較
・おすすめできる人・できない人

について書きたいと思います。

Pairs(ペアーズ)とは?

Pairs(ペアーズ)は株式会社エウレカが運営するマッチングアプリです。
利用者数が1000万人を突破し、ペアーズを使って恋人ができた人数は延べ15万人以上と日本最大級を誇ります。

ペアーズの特徴

コミュニティや検索機能が豊富

お相手を探す方法は主に3つあります。

1つはプロフィール検索。

年齢・住んでいる場所・仕事・年収・身長といった基本的な情報に加え、飲酒の有無、喫煙の有無、結婚の意思(今は考えていない、1年以内に結婚したい)などの細かい情報まで設定して検索することができます。

この為、「年収は1000万円以上で、身長は180以上で…」なんて。普段は中々出会うことができないような人でも、簡単に見つけることができます。

実際年収1000万円以上で検索すると、数百人~数千人くらいはヒットします。笑

2つめはコミュニティ機能です。

ペアーズにはコミュニティというものがあって、その数は100,000を超えます。

コミュニティーには大きく趣味系のコミュニティと自分の性格や価値観をアピールできるコミュニティがあります。

趣味系のコミュニティとしては「野球好き」「ドラマ好き」といった幅広なコミュニティから「ベイスターズ好き」「ドラマ少年Aにハマっている」といった比較的ニッチなコミュニティまであります。

自分をアピールするコミュニティとしては、「お互いの時間を大事にしたい」「穏やかな人が好き」「ぽっちゃりが好き」などがあります。

3つめは本日のピックアップと言って、ランダムに相手が毎日10人ほど表示されます。

ぶっちゃけ3つめは相性度とかではなく、本当にランダムで表示されるので、あまり個人的には使わず、プロフィール検索とコミュニティ機能はめっちゃ使いこなしました。

僕は、アプリ始めるにあたって

絶対条件として、
・お酒が飲める
・身長が160以上
・首都圏住み
・まともに働いている(年収でいうと300万以上)

任意条件(あったらいいな条件)として、
・野球好き(さらに言えばベイスターズファン)
・犬好き

と考えて、相手を探したのですが、まぁ検索してみたら数百人以上もヒットしました。

合コンとかだと絶対条件に合致する女子とかなり苦労するのに…

アプリの凄さを実感しました。

登録者数が日本最大級

Pairsで今まで恋人ができた人数はのべ15万人以上に登ります。

毎日新規登録者数が5000人とのこと。

もうよくわからないくらい多すぎですよね。

1回の街コンで会える異性が20人だとすると、なんと1日当たり街コン125回分の人と出会えるのです!!!(やっぱりよくわからない…)

マッチングアプリは登録者数が多いことが一番のメリットともいえるので、ペアーズのかなりの強みですね。

本当に会える?

まずは男性ですが、ほぼ確実に会えます。

街コンや婚活パーティーだと後日デ―トになかなか繋がらない場合も多いですよね。

しかし、マッチングアプリだと簡単に会えすぎて正直びびりました。

マッチする人数が大体100人くらい、

そっからメッセージやりとりしたのが30人くらい

実際会ったのが8人という感じです。

簡単に会うことが決まりすぎて、2ヶ月間ほぼ毎週デートしてました。笑

僕はめんどくさがりで、途中でメッセージをやりとりをやめてしまった人も多く居たので、マメな人だったらもっと会えると思います。

ちなみに僕はイケメンではありません。最近はサッカー日本代表の吉田麻耶やしずるのどっちかに似てると言われました。笑

あとプロフィール写真のセンスが無さすぎると友人から太鼓判を押されます…笑

こんな僕でも会えるのは、登録者数がかなり多いことや、複数人と会ってみる人が多いので、それなりに会うチャンスが高いからだと感じています。

女性については、ペア―ズで実際に会った女性に聞きました。

登録すれば山のようにいいねが来るので、正直ハ―レム状態だそう。

自分から探さなくても、いいねをもらった人の中から気になった人と会ってみる感じで使っている人も結構いました。

ぶっちゃけ8人とデートしようとしたら、街コンにしろ、婚活パーティーにしろ数十回は行かなきゃいけないので、それだけで5万とか10万とか掛かっちゃいます。

なのに、月3000円(女性は無料)で、こんなに出会えるのだからコスパは最強だと感じました。

実際会った人

実際に会った人は以下のような感じです。

・カジュアル系銀行員さん

同じ年&共通の知り合いがいることが発覚し、会うことに。

何回か飲みに行ったり、ディズニランドデートや野球観戦に行きました。

結局付き合わなかったのですが、友達として今もたまに連絡を取ったりしています。

・小柄な可愛い系OLさん

野球に興味があるということで、いきなり野球デートに行きました。

横浜の美味しい飲み屋も紹介してもらい、お話しも盛り上がりました。

・サバサバ系幼稚園の先生

住みが近い&スノボ好きなど趣味が合いそうであうことに。

2回くらい飲みに行きました。

・ベイスターズファンの看護師さん

同じベイスターズファンということで会うことに。一度飲みに行った後告白され、お付き合いをしました。

Pairsで出会った人の印象は、皆さん結婚や恋愛に前向きで真面目な人が多く、真剣に相手を探している人にはとてもお勧めできるなと思いました。

変な人はいない?

変な人はぶっちゃけいないことはないです。笑

僕の女友達で、メッセージしていたら「早く会っていちゃいちゃしたいなぁ」と急に言われて即ブロックしたというひとがいます。

まぁリアルの世界でも、変な人、残念な人は居るので、そこはしょうがないと割り切った方が良いでしょう、

ちなみに僕が会った中に、「うわこの人やばい…」という人は居ませんでした。(もちろんタイプじゃないなという人はいましたが…)

基本的に

・プロフィールがあまりにも薄い人
・メッセージのやりとりでスムーズなコミュニケーションができない人

は(どんなに可愛くても)避けるようにしていたので、変な人に引っかからなかったのかなと思います。

もし変な人に当たってしまったら、即ブロックしましょう。

また、「メッセージは普通だったけど、いざ会ってみたら変な人だった場合どうするの?」

と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

まぁズバリ言うとしょうがないです。笑

リアルな出会い(例えば合コン)でも変な人には一定確率で会うわけで…

初対面の際は、人目がある居酒屋とかで会うようにすれば大丈夫だと思います。

友達にばれない?

facebookの友達は表示されないようになっているので、友達にバレたり、マッチングすることはありません。

ただ、友達の友達は出てくることはあります。

僕は一度、前の会社の同期(直接喋ったことはない)とマッチングしました。笑

まぁでもアプリを使うのは全然普通になってきているので、そこまで気にしなくていいのではないかなと思います。

リアルな出会いでも知り合いに会う確率はあるわけで。

婚活に向いている?

ペアーズは婚活にも向いています。

プロフィールに結婚に対する意思という項目があり、どのくらいで結婚したいのかということが分かります。

なので、結婚を見据えたお付き合いをしたいという方は、結婚に対する意思がある相手だけを絞って相手を探すことができますよ。

「結婚を今すぐ、遅くとも1年以内には」と考えている人は、結婚に対する意思が「いい人がいればしたい」としている人は避けた方がいいかも知れません。

なぜなら「結婚したくないわけじゃないけど、今は具体的に願望はないな―」レベルの人が多いため、ミスマッチが起こりえます。

仮に良い人がいた場合、その前に結婚の具体的な意思を伝えるようにしましょう。

また、自分のプロフィールに

・結婚出来る相手を求めてペアーズをやっている旨
・どんな夫婦になりたいと考えているか

を明記することでミスマッチは多りにくくなると思いますよ。

婚活ならペアーズエンゲージがおすすめ

2019年ペアーズが婚活向けのサービス「ペアーズエンゲージ(Pairsエンゲージ)」をリリースしました。

どういうサービスかというと、結婚コンシェルジュが選んだお相手候補が毎日1人紹介され、マッチングした場合、実際に直接会ってお話しするというシステムです。

婚活目的のユーザーしかいないため、より真剣度が高い婚活におすすめ。

ペアーズよりは高いですが、料金も月1万円程度と、通常の結婚相談所などに比べたら、圧倒的に安いので、是非気になる方はチェックしてみてください。

勧誘の人っている?

街コンとかだとちょくちょく勧誘の人って居たりするんですよね。。

ちなみに僕、社会人1,2年目の頃、めっちゃマルチに勧誘されました。笑

お陰でマルチセンサーがビンビンに立っています。笑

そんな僕の感想としては、ペアーズでマルチやビジネスの勧誘っぽい人は居なそうだなーというのが印象です。

街コンが友人・恋人を探す場という位置づけなのに対し、ペアーズは真剣に恋人を探す場というイメージが付いているので勧誘の人もあんまし居ないのだと思います。

実際飲み友を気軽に探す系のアプリ(JOIN USとか)だと勧誘系の人も居たりするので。

ちなみに絶対に避けたい場合は「勧誘はごめんなさい」とプロフィールに書くといいですよ。

使う上で気を付けるポイント

遊び人が一定数いる

女子の友達に聞いたところ、会った当日にお持ち帰りされそうになったという人もいました。

ぶっちゃけ男性的に、そういう遊び目的で使っている人も周りにいます。

頑張ってナンパするよりも、簡単に会えますし、値段も高くないですからね。

ただまぁリアルでも遊び人に遭遇してしまうことはありますよね。

凄くポジティブに捉えると遊び人って面白い人が多いと思います。

なので場は楽しみつつ、拒否するところは拒否することで対応しましょう。笑

写真詐欺に注意

これは写真を取るのがうまい女子にありがちですが、会ってみると写真から想像していた人と全く同じ人が来るということはありませんでした。笑

写真だけ見ていると、自分の理想像を勝手に作り上げてしまうからです。

僕は欅坂が好きで、よくブログを見るのですが、ブログで見て、その後テレビで見ると、想像と違っていたということが多々あります。

ただし、想像と違っても、さすがにないわー詐欺じゃん!という人は、1人ですね。笑

スレンダーなお姉さんかと思ったら、ぽっちゃりさんが来て、えーーーーってなりました。

まぁなので、そんな詐欺レベルの人はそうそう居ないですが、Snowとか加工アプリの写真しかない人は警戒した方が良いでしょう。

タイプの人とマッチングするポイント

タイプの人とマッチングするにはポイントがあります。

例えば、プロフィールの写真や自己紹介分の内容によって格段にマッチング率が変わります。

仕事、趣味などの基本情報は埋めることは必須ですが、

それに加えて婚活目的ならば、

・結婚できる相手を探している
・どんな関係を築きたいか

などの情報を書くと、実際会って見たときのミスマッチを防ぐことができます。

ペア―ズが運営している恋愛メディアに、マッチング率をあげるためのポイントが書いてあるので、読んでみるといいと思いますよ!

https://www.pairs.lv/category/pairs_manual/

おすすめな人

出会いがない人

会社やリアルで出会いがない人におすすめできます。

正直最初使ったときは、「こんなに簡単に出会えるアプリがあったのか…」とビビりました。

ただやりすぎると、モテてている錯覚に陥り、天狗になるので注意を。

コスパ良く婚活したい人

プロフィールで結婚に対する意思を確認できるため、婚活目的で使用することができます。

婚活パーティーや結婚相談所と比べると圧倒的に費用はかからないですよ。

合コンやナンパが苦手な人

合コンやナンパが苦手という人には最高の手段です。(僕)笑

デ―トするまでにリアルで戦う必要がないのですから。

向かない人

30代後半以上で婚活中の人市場は、結婚相談所や婚活パーティーがメインとなりそう。

メッセージのやりとりが面倒な人

マッチアプリでは相手と会う約束を取り付けるまで、メッセージを途切れさせないようにすることが重要。

5日も1週間も返していなかったら、音信不通になります。

メッセージするのが、どうにも苦手という人には向かないでしょう。

そのような人は、街コンや婚活パーティーをおすすめします。

【2020年】おすすめの街コン運営会社を100回以上行った僕が紹介。

2018年6月10日

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判

出会いのGuidebook独自調査の口コミ・評判はこちら!

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判

2019年9月15日

Pairs(ペアーズ)の感想記事

実際に編集長りゅうが彼女を作った体験談です!

ペアーズ(Pairs)体験談│デビュー戦で有村架純似看護師と付き合った話

2019年3月25日

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ペアーズは

・恋活、婚活両方向いている
・コミュニティ、検索機能が充実していて、タイプの人に出会える高い確率で出会える

まずは、無料登録して覗いてみてください!!