婚活パーティーでモテるための会話術【カップリング率80%以上の僕が解説】

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@ryu_deai)です。

「婚活パーティーで何を話したらいいかわからない」

「どういう内容が女性に好感を持たれるの知りたい」

そのような方に婚活パーティーで女性にモテるためのトーク術をお話ししたいと思います。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

まずははっきり挨拶

婚活パーティーでは緊張してしまったり、周囲の目線が気になって、意識しないとボソボソと喋ってしまいがちです。

ボソボソ喋る人は自信がなく見えてしまいます。

まずは、会話の最初に「こんちにちは!○○です。」「はじめまして!3番の○○です!」と言ったように相手の目を見て、ハキハキと声掛けをしてみましょう。

最初のひと言でハキハキ喋るとその後の会話もハキハキと喋り続けられ、堂々と自信を持っている印象を与えることができます。

共通点となるを探して深く掘り下げる

会話のきっかけとなるネタはプロフィールシートを見て探していく方は多いと思います。

しかし、そこで陥りがちなのが相手も自分も興味がないような無駄な会話をしてしまうことです。

例えば、

お相手の名前が上茶谷さんだったとしましょう。

男性「名前なんて読むんですか?」

女性「かみじゃたにって読むんです。」

男性「へー珍しいですね。どこか地方の名前なんですか?

女性「そうなんですよ。○○地方の…」

男性「へーそうなんですね…」

珍しい名前の方は、毎回名前について突っ込まれている可能性が高いので、「また名前の話か」と思われてしまい、印象にも残ることもありません。

それに相手の名前が珍しいという会話で盛り上がるのって難しいと思います。

例のように「へーそうなんですね…」って感じで、会話を広げるのが難しくなるのが落ちです。

このようなときは、

「珍しい名前ですね。どこかの地方の…って毎回聞かれていると思うんで、この話は割愛しますね笑」

って軽く流しつつ、クスっとくるような返しをすると「この人は皆と違ったな」っと印象に残すことができます。

その他にも、相手の仕事、趣味、出身などを聞いてみたもののあまり知らないので会話が広げられない時ってあると思います。

そんな時に、話題も無いから、取りあえず「どんな仕事なんですかー」「埼玉のどの辺なんですかー」などテンプレートとも言える質問を繰り出し、「へーそうなんですね…」で終わってしまうパターンにハマる人は多いのです。

このような会話では、悪印象は与えないかも知れませんが、相手の印象に残りにくく、「この人誰だっけ…」と思われる可能性が大です。

そうではなく、仕事、趣味、出身などジャブを沢山打ち、「この話題は盛り上がれそう」という話題を見つけ、その話題を深堀りして話せばいいのです。

婚活パーティーで1人1人と喋れる時間はわずか数分です。

広く浅く喋るより、1つ盛り上がる話題を見つけて、その話題1本で喋る方が効果的なのです。

1つでも盛り上がり、相手に「あっという間だったなー。もう少し喋ってみたかったなー」と思わせたら、カップリングに大きく前進するのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・ハキハキと喋り、自信がある印象を持ってもらう

・共通点を深堀し、会話を盛り上げ、「もっと喋りたい!」と相手に感じてもらう。

この2点に気を付けて会話を展開してみてください。

りゅうのアイコン画像りゅう

僕がオススメの婚活パーティーはこちらです!

りゅうのアイコン画像りゅう

僕のオススメのパーティーは以下にまとめています!

補足:婚活パーティーで結果が出ないなら結婚相談所がおすすめ

婚活パーティーは行く度に良い人が居るとは限らないですし、仮に良い人が居てもカップリングできるとは限りません。

特にお互いの第一希望にならないと、後に繋がらないので、中々ハードな戦いでもあります。

実際そのような婚活パーティーに行き詰まり、精神的に落ち込んでしまう人も多くいます。

そのため何度か婚活パーティーに行っているけど、上手くいかないという人は結婚相談所もおすすめです。

特に最近登場したオンライン結婚相談所は月9,000円前後から利用できるので、婚活パーティー数回分の値段で、真剣な婚活ができるので、おすすめです。

是非真剣に婚活をしたい方はご覧になってみてください。

この記事を書いた人

目次
閉じる