カップリングしなくても後日デートできる│婚活パーティーでは連絡先交換を活用しよう

こんにちは。りゅうです。

皆さん、多くの婚活パーティーにはカップリングしなくても連絡先を交換できる手段があるのは知っていますか?

知っている人でもなかなか有効活用できていないな―と感じます。

連絡先交換を有効活用することで、出会える確率を何倍にもできるのです。

そこで今回は婚活パーティーでの連絡先交換についてお話ししたいと思います。

連絡先交換の方法

そもそも連絡先交換の方法がよく分からないという人もいると思いますので、まずは交換方法についてお話しします。

知っている人は読み飛ばしてください。

今回は僕がおすすめしているPARTY☆PARTYとシャンクレ―ルを例にとってお話しします。

PARTY☆PARTYは基本的にスマホやタブレットを使ってパーティーを進行します。

そして、タブレット上に連絡先を伝えるボタンがあり、それを押すだけで、気になる人にメールアドレスを送ることができます。

シャンクレ―ルは個室と大人数パーティーで方法が異なります。

個室の場合、卓上に紙の連絡先交換カ―ドがあり、連絡先を書いて渡せばオッケーです。

これあんまし説明が無いのと、カ―ド自体目立たないので、使うのを躊躇する人が多いと感じます。

大人数の場合、フリータイムに気になる人にメッセージカ―ド(最初に配られる紙に付いてます)を渡せば良いです。

なお、他の会社も似たようなシステムがあるところが多いです。

体験談:連絡先交換を利用して、1回のパーティーで複数人のデートができた

以前PARTY☆PARTYのパーティーに参加しました時です。

16対14の比較的大規模なパーティーでした。

その時は結構あたりで、気になる人が5人くらいいました。笑

カップリングは勿論1人としか出来ません。

そこで、連絡先を5人に送ったところ、カップリング人を含む、計4人と後日デートすることができました。

そのうちの1人は今でもたまに飲みに行くくらい仲が良いです。

連絡先交換確率をアップさせる方法

せっかく連絡先を渡しても連絡貰えなかったら意味がないですよね。

相手から連絡を貰える確率をアップするにはズバリ相手からも連絡先を貰うことです。

PARTY☆PARTYのように、相手に連絡先を伝えたのがその場でわからないパーティーの場合は、「連絡先送ったので、念のため、良かったら送ってもらえませんか?」と声をかけましょう。

そうすれば送ってくれる場合が多いです。

シャンクレ―ルの場合も同様で連絡先を相手からも貰うようにしましょう。

まとめ

・連絡先交換は使うことで後日デートの確率は倍増する
・連絡先は渡すだけでなく、貰うようにして確実に連絡を取れるようにしよう。

いかがでしたでしょうか。

カップリングしなかったから、相手は気になっていないわけではなく、1人しか選べないので、しょうがないのです。

後日デートからいいお付き合いに繋がることもあるので、是非連絡交換を活用してください。

 

追記:1年以内に結婚したいなら婚活パーティーは不向き

結局、本気でかつ短期で結婚したいなら婚活パーティーはあまりお勧めできないと最近感じます。

なぜなら、行く度に良い人が居るとは限らないですし、仮に良い人が居てもカップリングできるとは限りません。

実際そのような婚活パーティーに行き詰まり、精神的に落ち込んでしまう人の話も多く聞きます。

つまり婚活パーティーは何度も何度も通えるような心の余裕とお金が必要なのです。

裏事情を話すと、婚活パーティーは結婚相談所が婚活の入り口、いわば集客の一歩として開催している会社も少なくない、つまり言い方はよろしくないですが、最初から結婚相談所への入会の見込み客として考えているという面もあるのです。

もちろん結婚相談所も良いのですが、総額30万以上といった料金の高さだったり、入会や相談所に居かなければ行けないという手間が発生します。

そんな中、今年7月にリリースされたのが、マッチングアプリのペアーズが展開する結婚コンシェルジュアプリ「Pairsエンゲージ」

このアプリは、

・1年以内の結婚意思がある会員しかいない
・毎日1人お相手候補を紹介してくれる
・コンシェルジュに婚活について質問ができる

といった、結婚相談所並みのサポートがありながら、月額9,800円で利用できるという画期的なサービスです。

マッチングアプリで大きな利益を得ているペアーズだからこそできる価格とサービスなのです。

是非真剣に婚活をしたい方はご覧になってみてください。