「いきなりデート」の審査期間と審査に通過するためのコツ

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@ryu_deai)です。

  • 「いきなりデート」の審査が通らない
  • どのような審査基準になっているかわからない

入会すれば即デートできる強力なマッチングアプリですが、審査でつまずいていては意味がありません。

しかし審査をクリアする方法はありますし、審査基準もある程度判明しています。

本記事では、いきなりデートの審査を通過した筆者が、審査基準や審査の通し方について、詳しく解説します。

この記事を読めば、いきなりデートの審査にまつわる問題は解決されるはずです。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

いきなりデートの審査基準

まず、いきなりデートの審査基準は、おおむね以下のとおりです。

いきなりデートの審査基準
  • 年齢:23歳~45歳
  • 上位私学、および国立大卒
  • Facebookの友達が15名以上いる
  • 現在独身、交際者がいない
  • 社員数100人以上の企業に勤めているか、公務員か士業者である

以上の条件を満たしていれば、たいていは審査に受かるはずです。

ただし、上記すべてを満たしていないからといって、かならず通らないというわけではありません。

学歴について

学歴については、やや審査基準が流動的です。

一応、上位私学(早慶上智、MARCH、関関同立)がひとつの目安にはなっています。

一方で、決して上位とは呼べない大学(日東駒専以下)の卒業者で、審査を通過した人も大勢います。

下記はリアルタイムで報告されている、アプリ内での審査通過者の通知です。

(引用:https://ikinaridate.com/)

というように、いわゆるFランと呼ばれるような大学でも通過するようです。

地域による審査の違い

いきなりデートは、登録する地域を以下から選択することになります。

いきなりデートの登録地域
  • 東京
  • 大阪
  • 札幌
  • 名古屋
  • 福岡
  • 京都
  • 神戸
  • 仙台

そして地域によって、審査の厳しさが多少違うようです。

東京、大阪などの主要都市は、やや審査が厳しいということが報告されています。

一方で神戸、仙台などはやや審査が緩いようです。

神戸、仙台あたりの登録者を確保するため、あえて緩く審査している可能性があります。

だとすると、審査が緩いうちに登録したほうがよいでしょう。

逆に東京、大阪あたりは、登録者がじゅうぶんに存在するので、厳しく審査しても問題ないのかもしれません。

可能であれば、東京と大阪以外で登録するとよいでしょう。

顔審査はある?

いきなりデートでは、顔審査を実施しています。

審査申請の画面で、顔写真を提出することが求められます。

ただし「容姿が優れているか否か」を審査しているとは限りません。

単純に「顔がはっきりと視認できるか」を審査している可能性があります。

ちなみに、いきなりデートの顔審査は、何度でもトライすることが可能です。

もし審査に落ちたなら、別の写真を提出してみましょう。

筆者も、2回ほど顔写真が原因で不合格になっています。

しかし、別の写真を提出したら、審査に合格できました。

審査中は何かできる?

審査中の段階で、プロフィールや興味関心ごとを入力することが可能です。

また、招待コードを持っているなら、それも入力できます。

ちなみに招待コードとは、既存会員から送られる特別なコードです。

初回のマッチングにおける費用が無料となります。

招待コードは、審査中の段階でしか入力できません。

忘れずに入力しておきましょう。

僕の招待コードは「40hc8」です。
どなたでも招待コードの入力で、デート1回無料になります!

審査の時間は?

いきなりデート運営としては、24時間以内に審査結果を提示するようにしています。

ただし3,4時間程度で審査が終了することもよくあります。

筆者の場合も、およそ4時間程度で審査が終了していました。

審査が通らない時の対策は?

審査が通らない場合、現実的に取れる対策は顔写真を変えて提出することのみです。

学歴や勤務先を変えることは、あまり現実的ではないでしょう。

したがって、顔写真を変えて提出するというのが、現実的な選択肢になるわけです。

とにかく合格するまで、違う顔写真の提出を繰り返します。

上述のとおり、「容姿が優れているか否か」を判断しているわけではない可能性があります。

単純に「顔がはっきり見えているか?」という点だけを見ているのかもしれません。

違う顔写真を提出すれば、審査に通る可能性は出てきます。

いくら顔写真を提出し直しても、審査に落ちることもあります。

だとすると、学歴や勤め先が問題になっているかもしれません。

正直、学歴については、ほとんど変えようがないでしょう。

ただし勤め先が変わることは考えられます。

勤め先が変わったのなら、審査に受かる可能性はあります。

機会があれば、再度審査を受けるとよいでしょう。

まとめ

  • いきなりデートの審査基準は設けられているものの、必ずしもそれが全てではない
  • 登録する地域によっては、審査が緩くなっている
  • 顔審査はあるが、「容姿が優れているか否か」を判断しているとは限らない
  • 単に「顔がはっきりと視認できるか」を判断している可能性がある
  • 審査は24時間以内には終了する
  • 審査が通らないときは、顔写真を別のものに変えるのが、現実的な対策

いきなりデートの審査自体は、何度でも受けることができます。

諦めずに審査を受け続けましょう。

僕の招待コードは「40hc8」です。
どなたでも招待コードの入力で、デート1回無料になります!

月5000円から婚活できるオンライン結婚相談所が誕生!!

2019年7月にリリースされたのが、マッチングアプリのペアーズが展開する結婚コンシェルジュアプリ「Pairsエンゲージ」

このアプリは、

・1年以内の結婚意思がある会員しかいない
・毎日1人お相手候補を紹介してくれる
・コンシェルジュに婚活について質問ができる

といった、結婚相談所並みのサポートがありながら、月額9,800円で利用できるという画期的なサービスです。

マッチングアプリで大きな利益を得ているペアーズだからこそできる価格とサービスなのです。

是非真剣に婚活をしたい方はご覧になってみてください。

6月限定で「入会費無料+プラン料金半額(50%OFF)キャンペーン」を実施中とのことです!
プラン料金半額キャンペーンは初なので、入会するなら今がおすすめです!

りゅうのアイコン画像りゅう

2〜3年以内の結婚を見据えたお相手を見つけたいのであれば、リーズナブルに真剣婚活ができる「婚活特化向け」のマッチングアプリもおすすめです。

この記事を書いた人

目次
閉じる