街コン攻略法│いい出会いをゲットするためのパーティー中の動き方

こんにちは。りゅうです。

街コンでいい出会いをゲットするコツってないの?

街コンに参加する皆さんなら、必ずそう思うはず。

そこで、街コンでいい出会いをゲットするためのポイントについて、お話ししたいと思います。

目次

計画的に動く

街コンでいい出会いをものにするために大事なポイント、それは「計画的に動く」ことです。

計画的に動かないと、(脅すわけではありませんが)

喋りたいひとと喋れなかった‥
何だか無駄な時間が多かった、ただ疲れた…

となってしまいます。

計画的に動くって具体的にどうすればいいの?

具体的にどう計画的に動けばよいのでしょうか。

話したい相手を最初に決めておく

多くの街コンには、フリータイムだったり、シャッフルタイムといった、自分で相手を選んで喋りにいく時間が設けられています。

気になる人に喋りかける絶好のチャンスですが、強者(肉食系男子)たちは話したい人がいないか常に観察し、次はどこに行くかを考えているので、始まりの合図とともに声をかけにいきます。

ナンパほどライバルのレベルは高くないですが、人気がある人はすぐ話し相手が決まってしまいます。

出遅れて取り残されてしまうと、なんとなく余っていた人としゃべって時間を潰すことになってしまい、勿体ないです。

中には、

・先を考えて行動するのが苦手…
・自分から話しかけるのが苦手…

という人もいると思います。

私もそうです。自分から行くと迷惑かなと思ってしまい、話しかけるのをためらい、結果的に残っている人と喋る、なんてことも正直あります。

しかし消化不良に終わった会は、後で必ず後悔します。

せっかくお金をかけて、いい出会いを探しにきているのです。

ですので、勇気を振り絞って話しかけましょう!

行動しない後悔しない後悔より、結果はどうであれ行動したほうが気持ちいいです!

また、裏の手ではありますが、緊張をほぐすために、お酒を積極的に飲むことはおすすめです笑(飲み過ぎは気をつけてください)

赤くなるから飲まないという人もいますが、赤くなることで引いたりする人は聞く限りいまっせんよ。

むしろ赤くなってしまったことは、会話のきっかけに使いやすいと思いますよ。

二次会を見据えて動く

気になる人とは二次会に行きたいですよね。

ズバリ二次会に行ける確率をあげるためには、「最後のターンで喋る」ことです。

最後に喋るメリットは、

・「終わるの早いですねー」と言う会話から自然に二次会に誘いやすい
・ライバルに取られるのを防げる

がありますし、

最初に喋るリスクである、

・緊張感から会話が弾まない
・二次会に行きたいが故に、ダラダラ会話を引き延ばしてしまい、結果尻すぼみになる

を回避することができます。

さらに、私の統計上ですが、

夜(20時終わり) > 夕方(18時終わり) >>>> 昼間(16時以前終わり)

と二次会に誘いやすいです。

昼間の参加者は夜に予定がある人が多く、夕方もまあまあ予定がある人がいて、夜だとほぼ予定がある人がいないからかなと推測しています。

本命にはパーティーの半ば以降でアプローチすべし

自由に話しかけて良いフリースタイルのパーティーの場合、

やる気みなぎり「あの本命の子にまずは行くぞ!」と考える方もいらっしゃると思います。

そのやる気は素晴らしいですが、それは間違いです。

なぜなら、最初はまだ相手が温まっていない可能性が高いから。

街コンになれていない人や人見知りの人の場合、相手の緊張がほぐれていない可能性が高いです。

また、会場にも緊張感が漂っており、相手の緊張が取れてきたくらいのところで、お相手替えとなる場合も大いにあります。

もちろん自分もまだ暖まっておらず、調子が出ないということもありえます。

なので、緊張感も溶けてきた中盤以降に話すのがおすすめです。

テレビ番組でも空気を暖めるために、収録前にスタジオの空気を盛り上げる前説芸人が必ずいます。

なので、本命の子のアイスブレークは他の人に任せちゃいましょう。笑

1番ベストはそのまま二次会に誘いやすい、かつ覚えてもらいやすいパーティーの最後ですが、

最後だと他の人にとられてしまうリスクもあるので、そこはバランスを見て話しかけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。話したい相手を決める、二次会を見据えることで計画的に動くことを意識してみてください。

きっと満足いく会になると思います。

ただし、これらの計画もいい街コンを選べての話です。

りゅうのアイコン画像りゅう

僕が実際に行ってよかったオススメの街コンは以下にまとめています!

コロナの影響で自宅に居ながら恋活・婚活できるマッチングアプリのユーザーが急増しているので、マッチングアプリも合わせて活用するのがおすすめです!

この記事を書いた人

目次
閉じる