1人参加限定パーティーの感想【参加を迷っている人必見】

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@ryu_deai)です。

最近よく、

「街コンに1人で行きたくて、1人参加限定パーティーなるものを見つけんだけどどうなの?」

1人参加限定パーティーの感想を知りたい!」

という声を耳にします。

そこで今回は、1人参加限定パーティーにも30回以上行ったことある編集長が、1人参加限定パーティーの感想をお伝えします。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

1人参加限定街コンとは?

1人参加限定の街コンとは、一人での参加に限定されたパーティーです。

ほとんどの街コンが「1人参加歓迎」とは書いていますが、実際のところ、友人と複数人で参加している人が多かったりします。

しかし、1人参加限定の街コンは、本当にお一人様しかいないので、アウェーになることなく楽しめます。

1人参加限定街コンの種類

1人参加限定の街コンは主に飲食しながらお喋りする、いわゆる飲み会型のパーティーが多いです。

さらに大きく分けると、20人程度の小規模の着席型でスタッフの指示に従って移動する街コンと、50~100人の中規模立食型で場所指定とフリータイムが半々の街コンがあります。

どちらにせよ、最初は基本的にスタッフが席に案内してくれるので、自分から初対面の人に話しかけるのが苦手な人でも安心して参加することができます。

1人参加限定街コンの流れ

1人参加限定の街コンの大きな流れについて説明します。

ちなみに今回は、30~100人規模の1人参加限定街コンをほぼ毎日開催している、ルーターズの1人参加限定パーティーの感想を例に解説します。

他のパーティーも大きな流れはほとんど同じと考えて頂いて問題ないです。

★タイムライン(キャプチャ取得済み)

受付

まずは受付を済ませます。

運転免許証などの身分証が必要となるので、忘れないようにしましょう。

受付が終わるとドリンクを選び、スタッフの方が席に案内してくれます。

だいたい1テーブル4人〜6人が平均です。

イベントスタート

時間になるとスタッフの人からパーティーの流れの説明があり、乾杯を行います。

そこから大体20~30分間はグループ毎に自由にトークを楽しみます。

大抵はテーブルにいる誰か1人くらいが話を振ってくれるので、受け身でも全然いけると思います。

必ずといって良いほど自己紹介タイムがあるので、軽く考えていった方が良いでしょう。

緊張感の中、無理にウケを取ろうとすると大スベりするので、無難でOKです。

だいたい皆、名前、年齢、住み、仕事、趣味あたりを言ってますね。

連絡先交換

20~30分立つとスタッフの方から、連絡先交換を促す案内があります。

連絡先交換の案内があったら、男性から流れで「LINEでも交換しましょう」と声をかけましょう。

女性は基本的に受け身でOKです。

拒否られることはほぼないと思うので、安心してください。

シャッフルタイム

連絡先交換が終わると次は席替えです。

席替えはスタッフの人が席を指定するパターンと、自由に動くパターンがあります。

基本的に最初のテーブルで一緒になった同性と行動を共にするパターンが多いです。

つまりパーティー中、同性は基本的に固定になりますので、最初さえ慣れてしまえば、あとは結構楽に行けますね。

だいたい3~4回のシャッフルタイムがあります。

ちなみに、恵比寿のキャンキャンパーティーなんかは、1組10分くらいで10回転以上する場合もあります。

1組と長く喋るのか、より多くの人と喋るのかはどちらも一長一短ありますが、

いずれにせよ、8人以上の人とは会話するので、誰が誰だかわからなくならないようにLINEのメッセージなどを工夫しましょう。

(覚えておくための方法は後ほど詳しく説明します!)

1人参加限定街コンに参加してのメリット

まったく浮かない

何と言っても全員が1人参加のため、浮くことがありません。

最初こそ緊張しますが、みんな緊張しますし、仲良くなりたいと思っているので、積極的に打ち解けようとしてくれます。

始まってしまえば、楽しいときっと思えると思います。

恋愛に対する真剣度が高い

複数人での参加だと「友達とノリで来てみた」「付き添いできた」という、恋愛にそこまで前向きでない人もいたりします。

しかし1人で街コンに参加している人は真剣に恋人を探している人ばかりです。

そのため、後日デートやお付き合いに繋がりやすいのです。

同性とも仲良くなれる

1人参加限定の街コンでは、同性とペア、または3人以上のグループを組まされます。

そのため、同性同士も仲良くなることができます。

りゅうのアイコン画像りゅう

実際出会いを求めている同性同士で仲良くなることは多く、僕自身も街コンで繋がった人と他の街コンへ行ったり、合コンへ行ったりもよくしています。

1人参加限定街コンのデメリット

最初は少し緊張する

1人参加限定街コンの緊張のピークは街コン会場に行くまでです。

初めて参加する場合は、駅から街コン会場までの道が一番緊張のピークとなるでしょう。

でも一度お店に入って、誰かと話してしまえば、大抵緊張は和らいできます。

1人参加限定街コンに参加する際のポイント【実体験】

1人参加限定街コンに参加する際のポイントを2つかお話しします。

相手に覚えてもらう工夫をする

街コンの流れでも少しお話ししましたが、最低10人程度は話すことになりますので、LINEを交換したものの「この人誰だっけ問題」が発生します。

まず自分が話した人を覚えるために有効なのは、

  • LINEのトップ画を自分の写真にする
  • 話した内容を交換後すぐに送る
  • 位置を送る

ことです。

LINEのトップ画像を自分の写真にすることで相手に誰だかわかってもらうことができます。

しかしそれだけだと、自分が覚えれない問題が発生します。

まずその相手と話したことを送ると、お互いに覚えることができます。

また、交換後にすぐメッセージを送ることで、後で見返した時、送信時間から「あの時話した人だ」と特定しやすくなります。

さらに、「2番目のグループで斜め前にいた〇〇です」などと位置でメッセージを送るのも覚えてもらいやすくなります。

りゅうのアイコン画像りゅう

せっかく参加したのに誰が誰だかわからなくなってはもったいないので、特に気になった人には覚えてもらえるよう工夫しましょう。

自分に合った年代のパーティーを選ぶ

1人で街コンに参加したいと考えている方は、真剣に恋人や結婚を考えられる人が欲しい人がほとんどだと思います。

そのためには、自分の恋愛対象の年齢の人がいる街コンを選ぶようにしましょう。

具体的には、

20代前半と出会いたいのであれば、20代限定、平成生まれ限定などのパーティーがおすすめです。

アラサー限定や30代が含まれているパーティーは20代後半〜30代前半が多いと感じます。

1人参加限定街コンのみんなの口コミ・評判

1人参加限定街コンに参加した皆さんの感想もチェックしておきましょう。

1人参加限定街コンは真剣度が高いので、その後に繋がる可能性が高いです。

ちなみキャンキャンは僕も恵比寿と銀座の街コンに参加したことがありますが、どちらも参加者のレベルが高いと感じました。

土地柄ですかね。

友達と行くと狙う人が被ったりすることが多々あります。

特に男性は基本的に見た目で入る場合が多いので、被りがちですね。笑

おすすめの1人参加限定パーティー

1人参加限定パーティーでおすすめなのは、以下3つです。

  • 街コンジャパン
  • ルーターズ
  • キャンキャンパーティー

特に街コンジャパンは東京、大阪、名古屋などの都市圏はもちろん、全国で1人参加限定の街コンを開催しています。

この3つは実際に僕も行きましたが、男女比のコントロールもしっかりしていて、いい出会いに繋がることが多いなと感じています。

りゅうのアイコン画像りゅう

1人参加限定の街コンを検索するなら日本最大級の街コンポータル「街コンジャパン」がおすすめです!
※下記リンクは1人参加歓迎のパーティーなので、1人参加限定を選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人

目次
閉じる