マッチングアプリでの活動がうまくいかない…原因と対策について解説

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@ryu_deai)です。

筆者も最初は、うまくいかないことばかりでした。

「もうマッチングアプリ辞めようかな」と思ったことさえあります。

しかし原因を理解し、対策すれば、ある程度解決することは可能です。

実際に筆者は、そのようなトライ&エラーを繰り返し、成果を残せるようになりました。

本記事ではマッチングアプリでうまくいかない原因と、対策について、詳しく解説します。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

マッチングアプリでうまくいかない原因とは?

まずはマッチングアプリでうまくいかない原因について、解説していきます。

原因としてはさまざまなものがありますが、ここでは特に頻出するものをピックアップします。

プロフィールに問題がある

まず考えられるのが、プロフィールに問題がある、ということ。

なぜならプロフィールの仕上がりが悪いことは、マッチング率に大きな影響を与えるからです。

筆者もマッチングアプリを始めたころは、プロフィールが不出来であり、「うまくいかない」と感じていました。

たとえばメインに設定している写真の出来が悪いと、なかなかマッチングには至りません。

また、自己紹介文がいい加減だと、異性ユーザーから興味を持ってもらい辛いです。

というようにプロフィールに問題があると、マッチングアプリを使っていても、なかなかうまくはいきません。

メッセージのやり方がよくない

次に挙げられるのが、メッセージのやり方がよくないというものです。

メッセージの内容がよくないと、女性ユーザーから興味を引き出せません。

つまり「うまくいかない」という状態になってしまうわけですね。

筆者もメッセージのやり方を理解していないころは、成果らしい成果が全くあがりませんでした。

たとえば、

  • 最初のメッセージで、悪印象を与えるような文章を送ってしまう
  • 自己アピールばかりをしてしまう
  • LINE交換を打診するタイミングが悪い

というようなことですね。

しかしメッセージについては、ある程度「慣れ」が必要なもの。

回数を重ねていけば、勝手にある程度は改善されていくでしょう。

マッチングアプリが自分に合っていない

そもそもマッチングアプリ自体が、自分に合っていないというケースもあります。

なぜなら確実に、マッチングアプリと自分との相性というもが存在しているからです。

マッチングアプリにはそれぞれ特性があり、合わないときはとことん合いません。

たとえば婚活目当ての人が多いマッチングアプリで、ライトな付き合いを求めてもうまくはいかないでしょう。

また異性ユーザー年齢層が自分の希望とズレているため、うまくいかないと感じるということも。

使っているマッチングアプリと自分との相性が悪ければ、なかなか成果は出てこないでしょう。

マッチングアプリでうまくいかないときの対策法

では原因に対して、どのような対策を取るべきか、詳しく解説します。

プロフィールを変える

まず上述したように、プロフィールや自己紹介文がいい加減だと、マッチングアプリではうまくいきません。

したがって、これらを改善するというのが、たいへん重要になってきます。

たとえばプロフィール写真を、以下のようなものに変えるだけでも、劇的な効果が得られます。

  • 自撮りではない
  • 過度な加工を入れていない
  • 笑顔
  • 逆光になっていない

また、サブ写真に、全身像の写真を挿入しておくのもよいでしょう。

その場合は、万人受けするようなファッションにしておきましょう。

いわゆる「キレカジ」などがおすすめです。

プロフィールも、「必死感」や「がっついている感」が出ないような文面に変えましょう。

また、自信なさげなフレーズを使っているなら、変更しておくべきです。

というようにプロフィールを改善すれば、うまくいかないという問題はある程度解消されるはずです。

違うマッチングアプリを使う

違うマッチングアプリを使うというのも、よい方法です。

なぜなら人それぞれ、向いているマッチングアプリは違うからです。

たとえば「ライトな恋愛を楽しみたくて、Omiai(オミアイ)に登録している」としましょう。

だとすると、おそらくうまくいかないはずです。

Omiai(オミアイ)は婚活向けの側面が強いので、異性ユーザーとの間で価値観の軋轢が生まれます。

逆に結婚したいのにwith(ウィズ)を使っている、というのも、少々見当はずれです。

なぜならwith(ウィズ)は、ライトな恋愛を求めているユーザーが多いから。

というように目的によって、向いているマッチングアプリは違います。

今一度自分の目的を見つめ直し、違うマッチングアプリへの移行について考えてみましょう。

りゅうのアイコン画像りゅう

僕が使って良かったおすすめのマッチングアプリは以下にまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

街コンや相席屋を使う

どうしてもマッチングアプリでうまくいかないなら、街コンや相席屋などを使う方法もあります。

マッチングアプリでは輝けないが、面と向かってのコミュニケーションでなら力を発揮できる、というケースはいくらでもあります。

特に街コンは参加ハードルも低いです。

相手も真剣度が高いので、マッチングアプリよりうまくいく可能性はじゅうぶんあります。

マッチングアプリにこだわりすぎず、街コンや相席屋の利用も考えてみましょう。

まとめ

  • マッチングアプリでうまくいかないときは、プロフィールを見直してみる
  • 違うマッチングアプリを使うのも有効
  • 街コンや相席屋へシフトするのも悪くない

まずやるべきことは、プロフィールの見直しですね。

これさえできていれば、それなりに改善は見込めます。

とはいえ、マッチングアプリは、人によって向き不向きがあります。

相性の問題で結果が出ない、ということは、決して珍しくありません。

あまりひとつのマッチングアプリにこだわりすぎないようにしましょう。

りゅうのアイコン画像りゅう

僕が使って良かったおすすめのマッチングアプリは以下にまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

この記事を書いた人

目次
閉じる