マリッシュのメッセージにおけるコツとは? 出会いにつながる方法を解説します!

真剣味のある婚活ができることで人気を集めている「マリッシュ」。

多くの男女が、結婚相手を求めて、マリッシュに登録しています。

しかし登録していれば勝手に出会いがやってくる、というものでもありません。

自分なりに工夫することが求められます。

中でも「メッセージでどのようなことを伝えていくか」は、たいへん重要です。

本記事では、マリッシュにおけるメッセージのコツや注意点などを解説します。

ぜひ、メッセージを送る際の参考にしてください。

目次

マリッシュにおけるメッセージのコツ

まずはマリッシュにおけるメッセージのコツを紹介します。

「誠実さ」や「堅実さ」をアピールしよう

マリッシュのメッセージでは、「誠実さ」や「堅実さ」をアピールすることが大切です。

マリッシュは、冒頭でも述べたとおり、真剣味のある婚活アプリです。

相手も「結婚することを前提とした、真剣な出会い」を求めています。

したがって、結婚相手として選ぶにふさわしい資質がある、ということを伝えるのがよいです。

「かっこいい」「イケてる」いうような要素は、優先度が低いです。

それよりは、「誠実さ」や「堅実さ」をアピールしましょう。

具体的には「浮気をしなさそう」、「家族を大切にしてくれそう」というような部分が「誠実さ」。

「経済的に余力がある」「浪費をしない」というところが「堅実さ」、と言えるでしょう。

もちろん一例であり、上記ですべてではありません。

自分なりの「誠実さ」や「堅実さ」を見つけて、アピールしましょう。

共通点を見出そう

メッセージでは、当然ながら仲良くなることが重要です。

仲良くなるためには、「共通点」を見つけることがポイントになります。

なぜなら、人は「同じような人」に対して、親近感や愛着を覚えるからです。

趣味でも好きな食べ物でも、なんでもいいので共通点を見つけましょう。

そして共通点が見つかったら、共感できるように話題を広げていきましょう。

しだいに相手も、親近感や愛着を覚えてくれるはずです。

同時にあなた自身も、相手へ親近感や愛着を覚えるでしょう。

マリッシュにおけるメッセージでの注意点とは?

マリッシュにおけるメッセージについては、注意点もあります。

下記のような状態にならないよう、意識しておきましょう。

関係性の進展を焦らない

やりがちなのが、すぐに「LINE交換」や「デート」を打診するということ。

関係性が出来上がっていないと、LINE交換には応じてもらえません。

LINE交換を焦ると、「ヤリモク男だな」と思われて、やりとりが途絶えてしまう可能性もあります。

もちろんデートの打診も、きちんとした関係性なしには、ほとんど通りません。

いきなりLINE交換やデートを打診しないようにしましょう。

まずは関係性を作りあげることが先決です。

とはいえ、いつまでたってもアクションを起こさないのもよくありません。

のんびりしていると、ライバルに横取りされています。

早すぎず遅すぎず、適切なペースで関係性を進めていきましょう。

相手に媚びてはいけない

女性経験がとぼしい男性にありがちなミスです。

相手に媚びてはいけません。

媚びた姿勢を取ると、ありていに言えば「価値の低い男だ」と思われてしまいます。

たとえば「やたらと褒める」「謙虚になりすぎる」ということが、「媚びる」という部分に該当します。

もちろん褒めるのも謙虚になるのも、悪いことではありません。

相手の価値を認めようとせず、高慢な姿勢ではいけないというのは言うまでもないでしょう。

しかし女性経験がとぼしく、自信がない男性は、必要以上に媚びた姿勢へと流れがちです。

女性に媚びず、堂々とした姿勢でメッセージに対応しましょう。

「自分は結構イケてる」くらいの気持ちを持っているぐらいがちょうどいいです。

出会いにつなげやすくするコツとは?

マリッシュでメッセージをしている女性と出会うためには、下記のコツをおさえておきましょう。

きちんと段階を踏む

実際の出会いへつなげるには、きちんと段階を踏んでいくことが重要です。

メッセージ⇒LINE交換⇒やりとり⇒デート、というように、順序よく関係を作りましょう。

さきほども軽く触れましたが、関係性がきちんとできていない状態でデートに誘うのはNG。

高い確率で断られてしまいます。

最悪の場合、返信が返ってこなくなることも。

関係性を確かめつつ、きちんと段階を踏みましょう。

LINE通話でデートを打診する

デートに誘うのであれば、LINE通話もおすすめです。

LINEの文面だと、やや不自然なタイミングでデートを打診してしまうことが多いです。

しかしLINE通話ならば、会話の流れから自然にデートを打診できます。

たとえば、「お互いお酒が好きだ」というところで盛り上がったとしましょう。

だとすれば、「じゃあ今度お酒を飲みに行こうよ」、と自然にデートの誘いを切り出せます。

LINEの文面ではなく、LINE通話でデートを打診しましょう。

まとめ

マリッシュは、「婚活」にコミットしたマッチングアプリです。

利用している人も、かなり強い結婚願望を持っています。

したがって、結婚願望に応えられるようなメッセージを送るのが大切です。

また、関係性を着実に進展させていくという意識も必要。

焦りは禁物です。

相手のニーズに応えつつ、慎重な姿勢で関係性を構築していきましょう。

この記事を書いた人

目次
閉じる