水族館街コンってどうなの…?体験談をもとに、メリデメを解説!

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuibebook編集長のりゅうです。
今回は水族館街コンに参加した方に感想を書いてもらいました!

この記事を書いた人
  • 関西在住のアラサー男子
  • 街コンに30回以上通う
  • 趣味は野球観戦、アニメ鑑賞、バンド

「水族館街コンって何・・・? 行って大丈夫なの・・・?」

というふうに考えて、参加を躊躇する人も多いでしょう。

確かに街コンの形態としては、かなり風変わりです。

普通の感覚であれば、参加を躊躇するでしょう。

本記事では、実際に水族館街コンに参加した筆者が、その体験談と感想をレポートします。

あわせて、水族館街コンのメリット・デメリットについても紹介しておきます。

また、水族館街コンに行く際のアドバイスも、ワンポイントで紹介しているので参考にしてください。

目次

水族館街コンの体験談と感想

まずは実際に水族館街コンへ行った体験談と感想を述べます。

イベントの概要

  • 場所:京都府立水族館
  • 人数:男性6人・女性6人

男性のタイプはさまざまでした。

カジュアルな服装をしている人、ジャケットでややかっちりしている人など、見た目もさまざま。

ただ、お世辞にも格好いいと言える人はいませんでした。

女性はいたってノーマルなファッション。

カジュアルなスカートを履いている人がほとんどでした。

派手、あるいは個性的な格好をしている人はいませんでした。

イベント本番にやったこと

まず集合して、互いに自己紹介。

  • 名前(仮名OK)
  • 年齢
  • 職業
  • 趣味

について紹介しました。

今考えると職業を公開しなければいけないのはちょっと厄介ではないかと思います。

その後、男女3:3ずつのグループに分かれて、水族館を散策します。

会場である京都水族館は、かなり充実した施設です。

したがって、男女ともに鑑賞を楽しむことができました。

一緒にペンギンへエサをあげるなど、カップルのような体験もできました。

その後、男女3:3のグループを新しいものに組み直し、散策。

ただこのあたりから「水族館」というものに慣れてしまい、あまり会話は弾みませんでした。

中にはもはやただ単に、生き物の写真を撮っているだけの人も出てきました。

その後の流れ

水族館を散策したあと、男女を入れ替えつつ、各10分程度フリートークします。

本来的な出会いの場としては、このフリートークであると感じました。

LINEの交換もここでおこないます。

無事、全員とLINE交換ができました。

水族館街コンのメリットはなに?

上述の体験談を通して感じた、水族館街コンのメリットについて解説します。

純粋に楽しい

まず、水族館に行くということ自体が楽しかったです。

普段、あまり行かない人にとっては、かなり楽しめるでしょう。

なおかつ、異性とともに鑑賞・散策できるというのは、かなり特別感があります。

出会い以前に、そもそもレジャーと成立しています。

親しい仲のように関われる

水族館のコンテンツをきっかけとして、異性と親しい仲であるかのように関われます。

上述の「ペンギンのエサやり」などはその典型ですね。

その他、比較的大きい種類の魚(サメなど)が出てくると、一緒に騒げます。

水族館街コンのデメリットとは?

一方で「出会いの場所」としては致命的なデメリットもあります。

会話が弾まないことも多い

とはいえ、会話が弾まないということは起こりえます。

水族館における、あまり派手さのないエリアでは、会話は静まりがちです。

「オオサンショウオ」が出てきたところで「珍しいんだ、へぇー」で終わってしまいました。

全体的に場所が暗いから、うまく会話できないと感じる人もいますね。

水族館のコンテンツが充実していないと、全く楽しくないです。

後半は疲れるし、慣れる

今回の場合、1グループ1時間というタイムスケジュールで動いていました。

1グループ目は、水族館自体が興味深く、疲労もないので楽しめます。

ただ、2グループ目、つまり後半になると、1グループ目ではしゃいだツケが回ってきます。

疲れて、ただ歩くだけ、ということになりがちです。

水族館にも慣れてしまい、ちょっとした魚が出てきたくらいではリアクションも取れなくなります。

となると、男女間で共通の話題が損なわれるので、より面白みもなくなっていきます。

水族館街コンにおける、ワンポイントアドバイス

出会いにがっつくというより、「異性と水族館を楽しむ」という気軽な気持ちで参加しましょう。

もし出会いを求めるのであれば、フリートークの時間がほぼ唯一のチャンス。

ここでLINEを聞き出しておかないと、出会いのチャンスはまず作れません。

まとめ

  • 参加者の服装やキャラクターはいたって普通
  • 水族館自体を楽しめ、異性と親密な仲であるかのような体験ができる
  • 出会いのチャンスは「フリートーク」を活かそう

楽しいことは楽しいですが、あくまでも、水族館を楽しむついでに、出会いのチャンスがある、くらいのイベントです。

本気で出会いを求めるなら、スタンダードな街コンのほうが向いています。

反面、レジャーを求めるなら、水族館街コンは非常におすすめできます。

りゅうのアイコン画像りゅう

水族館街コンや趣味コンを探すには、日本最大級の街コン情報サイト「街コンジャパン」がおすすめです!

この記事を書いた人

目次
閉じる