恋活に疲れてしまった…。恋活に疲れてしまう理由と対処法を解説!

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@ryu_deai)です。

「恋活を続けていたけど、もう疲れた…。」

「一生懸命頑張っているけど、さすがにもう活動する気力がない…。」

最初はがんばって恋活をしていた人も時間が経つにつれて、精神的・肉体的疲労から恋活に疲れてしまう人が多くいます。

なぜ恋活は疲れてしまうのでしょうか。

そこで、今回は

・恋活に疲れてしまう理由

・恋活に疲れてしまった時の対処法

について解説していきます。

恋活疲れした時に参考にしてみてください。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

恋活に疲れてしまう理由

「理想の恋人をゲットするぞ!」

「恋活しないと恋人ができない…。絶対に恋人を作るんだ!」

ほとんどの人が決意をもって恋活に取り組んでいますが、時間が経つにつれて恋活疲れしてしまうのはなぜでしょうか。

ここでは恋活に疲れてしまう理由を解説していきます。

恋活に疲れてしまう理由が分かれば、対処法も思いつくはずです。

理由①:理想の相手と出会えない

恋活に疲れてしまう最大の理由は、理想の相手と出会えないことでしょう。

恋活を始めると、マッチングアプリや街コン、相席屋など出会いの場に参加することになると思いますが、すぐに理想の相手と出会えることはまれです。

何度も参加することで出会える確率が上がっていきますし、心境の変化によって理想の相手も変わることがあります。

諦めずにずっと続けていれば理想の相手には出会えるはずですが、恋活は終わりが見えない持久戦となることもあるので、その途中で恋活に疲れてしまう人が多くいます。

理由②:お金がかかる

恋活を始めると、参加費やデート代など多くのお金がかかることがあります。

男性はデート代を全額負担することも多く、月に何度かデートするだけで数万円以上の出費となります。

これだけお金をかけて恋活したとしても、必ずうまくいく保証はありません。

お金を使っただけで、何の成果も得られないこともあるでしょう。

成果が出ずに「無駄金を使ってしまった…。」という後悔をしてしまい、そのストレスから恋活疲れになってしまうことがあります。

理由③:緊張する

恋活では初対面の人と話す機会が多くなります。

初対面の人と緊張せずに話せる人はストレスに感じないかもしれません。

しかし、人見知りの人は恋活パーティーや街コンで非常に緊張してしまう子でしょう。

恋活では活動すればするほどこのような出会いの場に行かなければいけないので、緊張からくるストレスが重くのしかかってくるのです。

さらに緊張で失敗してしまった場合は、「また失敗してしまうかも…。」という不安も心の負担になります。

そのストレスが限界に達した時に恋活疲れを起こしてしまうのです。

理由④:恋人になってもらえない

理想の相手と出会えたとしても、相手にも好意を持たれないと恋活は終わりません。

せっかく理想の相手と出会ってデートにこぎつけたとしても、相手にその気がなければまた1からやり直し。

告白してフラれた後に相手が他の人と交際を始めたことを知ってしまうと、心に深い傷を負ってしまいます。

理想の相手に振り向えてもらえずに何度も傷つけられてしまうことで、「もう無理なのではないか…。」と疑心暗鬼になり、恋活に疲れてやめてしまいます。

恋活に疲れてしまった時の対処法

恋活は長期戦です。

すぐに結果が出るとは限りません。

そのため、疲れた時には正しい対処法を実践して、恋活を長く続けられるようにしましょう。

ここからは、恋活に疲れてしまった時の対処法をご紹介します。

方法①:恋活を休む

恋活に疲れたら、思い切って休んでしまいましょう。

疲れた状態で恋活をやっていてもうまくいきませんし、成果が出ないストレスからさらに疲れてしまうことになりかねません。

そのため、恋活のことは一旦忘れて、旅行や趣味などに時間を割くようにしましょう。

そうやって楽しむことで頭の中がリセットされ、またやる気を取り戻すことができます。

ただし、恋活を休む際には1か月など期間を決めて休んでください。

期限を決めないとずっと休んでしまい、恋活に戻れないことがあります。

方法②:肩の力を抜いてみる

恋活に疲れてしまうのは、「絶対に恋人を作るぞ!」と意気込んで肩の力が入っているからかもしれません。

恋活を必死に頑張ったとしても、すぐに理想の相手と出会えるのは限りません。

肩の力を入れ過ぎると、すぐに疲れてしまいます。

だから、恋活は肩の力を抜いて、「理想の相手に出会えるといいな」のように気楽な感じでやることをおすすめします。

肩の力を抜くとより自然体になり、自分にある魅力が相手に伝わりやすくなりますよ。

まとめ

・恋活が疲れてしまう理由は「理想の相手と出会えない」「お金がかかる」「緊張する」「恋人になってもらえない」の4つ。

・恋活に疲れてしまった時の対処法は「恋活を休む」「肩の力を抜いてみる」の2つ。

恋活に疲れてしまった時にはこの記事で紹介した対処法に取り組み、恋活疲れを乗り切りましょう!

また、恋活がうまくいかないときは、手段を変えることで一気にうまくいくこともあります。

ぜひ、いろんな手段を試してみてくださいね。

りゅうのアイコン画像りゅう

僕が実際に行ってよかったオススメの街コンは以下にまとめています!

コロナの影響で自宅に居ながら恋活・婚活できるマッチングアプリのユーザーが急増しているので、マッチングアプリも合わせて活用するのがおすすめです!

この記事を書いた人

目次
閉じる