バチェラーデートにサクラはいる?→徹底した審査あり

20代女子

マッチングサービスってサクラがいないか不安。
バチェラーデートはどうなんだろう?

ほそゆう

こんにちは。婚活サービスソムリエのほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

バチェラーデートは、2018年にリリースされたばかりの完全審査制マッチングサービスです。

比較的新しいサービスにも関わらず、「出会う人がイケメンばかり!」「会員のスペックが高い!」と口コミが多く寄せられています。

TBS「マツコの知らない世界」などメディア紹介実績も多数あるので、気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回はマッチングサービス「バチェラーデート」について、サクラはいないのかという観点でお話しします。

この記事でわかる事

  • バチェラーデートにはサクラがいるのか
  • バチェラーデートではどのような会員に出会えるか
ほそゆうのプロフィール
  • 婚活サービス選びのプロ。婚活サービスを体験&取材。2020年末で、合計101社(街コン13社、婚活パーティー16社、マッチングアプリ36社、結婚相談所28社、出会い居酒屋8社)
  • 結婚相談所「ウェルスマ」運営
  • 東京在住のアラサーコンサル男子
目次

サクラの目的とは?

サクラとは運営側に雇われ、会員を装ってアプリを利用している人を指します。

サクラの目的は、

  • 会員数を多く見せること
  • 有料オプション加入や更なる課金を促すこと

出会いを得ることが目的ではないので、結果的に途中でやりとりが途絶えてしまうのが特徴です。

ほそゆう

真剣に出会いを探しているのに相手がサクラだった場合、時間もお金も無駄にした気持ちになってしまいますよね。

バチェラーデートでサクラ被害にあう確率は?

マッチングサービスを利用する場合、サクラの存在が気になる人も多いでしょう。

結論から言うと、バチェラーデートにはサクラはいません

サクラがいない理由

・二段階の完全審査制
・デート後の評価システムで不審な人物は排除される
・オプションがない
・メッセージ交換による課金がない

バチェラーデートは二段階審査を通過しなければ利用できない完全審査制のマッチングサービスです。

入会時と初デート後の審査を徹底しています。

デート後には双方を評価するシステムがあるので、不審な人物は即利用停止となります。

運営側の話しによると、体目的の人がいたことをデート相手がフィードバックをして退会処置を取った過去があるそうです。

サクラの目的である課金を促すという点でも、バチェラーデートにはオプションやメッセージ交換による課金がないので雇うメリットがありません

このようにサクラがいないだけでなく、体目的などの不審な人物は除外される仕組みになっています。

ほそゆう

バチェラーデートで出会う相手は、全員純粋に出会いを求めている会員なので安心して利用できますね。

バチェラーデートではどのような会員に出会える?

バチェラーデートはハイスペック男女限定のマッチングサービスです。

外見・内面ともに魅力的な、選び抜かれた人のみが利用できます。

男性会員は年収1,000万円以上が6割強を占めており、イケメンのハイスペックな人に出会えます

女性会員は20代が7割強を占めており、若くて容姿端麗な人に出会えます

厳しい審査基準があるので、毎回出会う会員は魅力的な人ばかり!

サクラがいないうえにハイスペックな会員と出会える、魅力的なサービスだということがわかりますね!

デートの回数を重ねるごとに魅力的だと感じた異性の特徴をA.Iが学習し、マッチング相手が理想としている異性に近づいていくことがバチェラーデートの強みです。

公式ユーザーインタビューより「A.I自動マッチング」に関する口コミ

・初めは興味本意だったけど今はデート後、お相手への評価を記入するのにはまってます(笑)  
お相手の何が良くて希望と何が違ったかを送ると、だんだん自分の会いたかった感じの人に近づいて行くんですよ! 
これがA.I.なんだなって思いました。

・A.I.と聞いてなんか面白そう!と思って始めました。
他のアプリでは、もうどの人を選んでいいのか分からず婚活迷子だったので、一度A.I.に委ねてみようと(笑)
実際デートに行って感想をA.I.に入力すると、次のデートではより希望に近い人がくるんですよね。
次世代感すごいです!

引用元:https://www.bachelorapp.net/fem

理想の相手と出会えると評判のバチェラーデート、是非試してみてくださいね!

ほそゆう

バチェラーデートで最高級のデートを、素敵な相手と過ごしてみてはいかがでしょうか。

\デートが1回無料で体験できる!/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる