【一生結婚できない人】結婚相談所に入ったのに1件も申し込まず退会

ほそゆう

こんにちは。結婚相談所中の人×現役コンサル社員のほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回は、「結婚相談所に入会したのに、一件もお見合いせずに退会をした人」のお話しをしたいと思います。

これは、数年前の話になりますが、アラフォーぐらいの女性の方で、「やっぱり結婚を考えたいので、結婚相談所に入会して活動してみようと思います」と言っておられました。

そして、実際に入会して活動を始めたのですが、相談所から紹介しても、一向にレスポンスがなく、30名のお申し込みの枠に対して、申し込みが1件もありませんでした

こちらから、「何か困ってますか?」「悩みがあったら、まずは相談しながら始めていきましょう」と言ったのですが、結局その後も2、3週間返信がありませんでした。

最終的には、1ヶ月ぐらい経った時に連絡をいただきまして、「もう心が折れてしまったので、活動を辞めたいと思います」ということでした。
その時は、3ヶ月プランをご利用いただいていたので、「あと2ヶ月は、料金は掛かりませんし、続けてみたらどうですか?」とお話ししました。
女性に「申し込み枠もありますし、駄目元で気になる人に申し込んでみたらどうですか?」と、進めてみましたが「やっぱり私には無理です。男性のプロフィールを見て心が折れました。今すぐ辞めて結婚は諦めます」と言って、結局相談所を辞めてしまった方がいらっしゃいました。

今のは、極端な例ですが、皆さんの中にも

  • どうしても申し込む勇気が出ない
  • お断りされるのが怖い
  • あまりにもお見合いが成立しない

など、悩みがあると思います。

そして、自分の自尊心が下がってしまい、メンタルがやられてしまう方も多いかと思います。

では、どうやってこの悩みを克服していけば、よいのでしょうか?
「やっぱりメンタルが強くないといけないのでしょうか…」と、言われる方がいますが、それは違うと思っています。

結論から言うと、自分をコントロールして、勇気を出して行動することが大切になります

このようにお話しをすると、「勇気を持てないから困っているのです」という意見もあります。

しかし、勇気の持ち方にもコツがあります

誰でもプロセスを踏めば、勇気を持つことができますし、一歩を踏み出すことが可能です。
そして、勇気を持つには、客観的に自分を把握することが大切なのです。
これが意外と難しく、出来ない人が多いのです。

今回は、この女性のエピソードをもとに、なぜ1ヶ月という期間で、1人も申し込まずに辞めてしまったのか、ヒアリングした内容をもとに、お申し込みが怖いと思う時は、どういう心理状態に陥っているのかお伝えしたいと思います。

そして、勇気が出ない時や何か躊躇している時には、今回お話しする女性の例に、自分が当てはまっていないかチェックして下さい。自分が当てはまるなと思った場合には、冷静に考えてから一歩を踏み出すと、必ず行動できると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

ほそゆうのプロフィール
  • 月9800円!会員数7.5万人✖️オンライン無制限サポート。結婚相談所「ウェルスマ代表カウンセラー
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • 【登録者1200人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営
目次

女性のエピソードとメンタル

まずこのアラフォー女性がどのようなメンタル状態だったのか、1ヶ月後辞める時にヒアリングした内容を共有したいと思います。

男性側からの申込みに心の中では…

まず、男性の方から申し込んでくる人はいたそうです。
ただ、あまりタイプではない方や、またちょっと年上の方だったり、自分の希望ではない男性が多かったということでした。

そういう男性のプロフィールを見ると、まず腹立たしさを感じていたそうです
「何でこんな男性が自分に申し込んでくるのか」「自分はこういう男性は希望していないのに」と、腹立たしく思っていたのです。

これは、腹立たしさの裏側には、自分に対する自信の無さもありつつ、本音を言うと、こういう男性から申し込まれるほど、自分の価値は落ちぶれていないと思いたいのです
そういう男性と自分が釣り合うレベルだと、自分自身が受け入れられない心理が働くから、怒りが湧いてくるのです。

お申し込みをしたい男性には申し込めず…

もう1つは、自分からお見合いをお申込みをしたい男性がいたのかという点です。

実際検索してみたら、「この人、素敵だな」と思う男性がいました。
でも、相手の希望条件のところには、「思いやりがある人、話し合いができる人」と、書いてあったのです。
けれども、「彼が言う思いやりが自分にあるかわからないので、なかなか申し込めないのです」と言っていました。

そして、自分が求めていた申し込みしたい男性は、ハイスペックな男性になってしまいます。
大手の会社の社員さんや弁護士さん、お医者さんの方などで、職業的にもかなりハイスペックな人が多く、「こんな自分が申し込んでいいのか…、自分に釣り合うのかわからず申し込めない」とおっしゃっていました。

でも、ここでふと感じたのですが、その方は条件として

  • 爽やかさがある
  • 身長は170センチ以上
  • アラフォーの同世代ぐらいの方
  • 年収が700万~800万円の方

と、挙げていたのです。

でも、この条件に当てはまる男性の方は、大手の社員さんや弁護士さんなどで、この女性が言うハイスペックなお仕事の方がだいたい当てはまります

自分が申し込みたい条件の男性はいるのですが、そもそもその人達と自分が釣り合うわけがないと考えているので、一生申し込むことが出来ない状態に陥っていたのです。

問題が解決できない状態

上記のエピソードを他の例で言えば、男性なら六本木や西麻布にいるようなすごく美人の方と付き合えたらいいなと、多くの方が思います。

実際にそのような美人と食事する機会がたまたまできた場合には、尻すぼみしたり、自分なんか釣り合わないのではないかと、不安な感情を抱くと思います。

感情が邪魔をして行動出来ない

自分とは釣り合わないような相手と、実際にお会いする時には、誰でも緊張しますし、引け目を感じたりします。
そのような感情を抱くこと自体は、理解できます。

しかし、結婚したいのであれば、「自分が求める条件の人がいる」「でも、その人達は自分とは釣り合わない」と、相反する考え方になってしまっている状態に、自分が冷静に理解することが必要なのです。

これは、今話しを聞いているだけだと、「そんなの当たり前のことでしょう?」「普通に考えればわかるんじゃない?」と思うかもしれませんが、婚活をやって、最初に身動きが取れない人は、大抵このような感じで自分の頭の中がぐちゃぐちゃになってしまい、行動に移せない場合が多いのです。

自分のことになると、行動できない

例えば今回のエピソードの場合、自分に出来る選択肢は2つしかないですよね。

1つは、自分の希望条件を下げることです。
一緒にいると自分が素でいられる、落ち着くような相手を探すための希望条件にすることです。

もう1つは、自分とは釣り合わないような高嶺の花と思う相手であっても、頑張って頑張ってお申し込みを続けることです。

ほそゆう

これは、実はどちらでも良いと思います。自分が納得して行動できれば、どちらにしても問題はありませんよね。

年齢を重ねるほど難しい

こんなふうに人から聞くと、客観的に「それは確かにこうするしかないな」とわかるのですが、やっぱり自分のことになるとなかなかわからないのです。どうしても、悩んでばかりで行動に移せない時が、誰にでもあると思います。

特に悩み癖がある人は、悩んでばかりして行動に移せないことが、年齢を重ねる毎にエスカレートします

20代では、ある程度フットワークが軽かった人でも、色々な経験をして、40歳や50歳になった頃には、「いや、でもこれはこういう問題があるな」「こうなってしまったらどうしよう」と色々なリスクが浮かんで、なかなか行動に移せなくなるのは、やむを得ないことでもあるのです。

まず一歩を踏み出すために

では、どうすればいいかというと、悩んでいるだけで何も出来ていないことを理解した上で、どのように自分は行動するのか考えるしかないのです。

このような話をすると、私がコンサルファームで働いていることもあって、「ほそゆうさんだからできるんですよ!」と論理的に考える方や、「私には出来ないです!」という方がいらっしゃいますが、実はメチャクチャ簡単なことなのです。

自分を把握する

ほそゆう

実は、私も会社にいた時には、悩み癖があり、その時に上司からこんなことを言われました。

仕事では、結構悩んでも悩んでも、何をどうすればうまくいくのかわからず、気づいたら同じ資料を半日ぐらい書いていたことがあったりしました。

その時、上司に言われたのが、「自分のことを頭がいいなどど過信しないこと
また、ちょっと言い方はよくありませんが、「お前は自分が馬鹿なんだと自覚した方がいい」と言われました。

人間はごく一部すごく頭がいい人がいます。
しかし、その一部の人以外は、問題解決する力、いわゆる自頭力というのは、ほぼほぼ一緒なのです。

ですから、悩みも頭の中だけで考えて、結論がすぐ出して行動できる人は、本当にごく一部しかいないのです。

頭の中の悩みを全て書き出す

では、普通の人達がどうしなければいけないかというと、頭の中を全部吐き出してみることしかないのです

具体的には、悩みを全て紙に書き出してみてください
これだけでも、自分が何に悩んでるのかわかります。

そして先程お伝えしたような、自分が申し込みたい人はいるのですが、その条件の人は高嶺の花と思って申し込めないという矛盾した状況であることもわかってきます。

自分の悶々とした想いを、文面や言語にできると、頭の中はスッキリして、「解決する為にはこうするしかないか」と、前向きに次にすべき行動が考えられるようになります

今、「自分が悩んでいるな」「行動出来ていないな」という今の状況の悩みを書き出してみてください。
そして、どうすれば解決するのか書き出し、自分はこうしてみようと決めれば、頭の中がシンプルに、そしてクリアになって、一歩を踏み出すことができます。

まとめ

今、現在悩んでいて行動出来ていない方は、今回の記事を参考してください。

正解は人それぞれかもしれませんが、自分が納得できる答えが見つけるための手助けになれればと思います。

また、婚活の場合は、1人では難しく、またすぐ悩みのループに入ってしまう方は、ぜひ婚活カウンセラーさんなどに軌道修正の相談をして、客観的で冷静な意見をもらいましょう。
あなたが婚活をする上で、婚活カウンセラーさんのサポートをつけて、相談しながら進めていけば、とてもうまくいくと思います。

私も、LINEでサポートを随時やっていますので、興味がある方は、ぜひLINEの無料相談から話しかけてくださいね。

PR: 月9,800円!登録会員数&成婚数No.1の結婚相談所「ウェルスマ」

会員72,293人(2020/9現在)
地域全国(オンライン対応)
料金9,800円/月〜
サポート専任カウンセラーによる回数無制限LINE/Zoomサポート
申込人数最大30名/月

ウェルスマはコンサルファーム出身者が従来の結婚相談所運営を徹底的に見直し、月9,800円とリーズナブルな価格ながら、理想のパートナーと出会うための充実の環境・サポートを実現させました。オンラインで自宅から婚活できます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚者数の実績を誇ります。

またオンライン(LINE/Zoom)で専任カウンセラーに無制限に相談可能なので、個人の状況に応じて婚活を進めていくことができます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚率の実績を誇ります。

ほそゆう

私が代表カウンセラーを務めています。他には無い密なサポートが特徴です。まずはお気軽にご相談ください!

\【限定10名】入会金半額+月9,800円で始められる!【4/14まで】

よかったらシェアしてね!

【10/31まで】入会金+成婚料無料。必要なのは月9,800円のみ!

\1年以内の結婚を目指すなら。結婚相談所「ウェルスマ」/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

▶︎結婚相談所中の人×現役コンサル社員
▷結婚相談所「ウェルスマ」運営
▶︎25万人以上閲覧「出会いのGuidebook」編集長
▷Youtubeちゃんねるは「ほそゆう」で検索

目次
閉じる