モテようと聞き上手を目指すと9割の人がハマる罠

ほそゆう

こんにちは。婚活サポーターのほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

「婚活でモテるためには、聞き上手になりなさい」
このように言われてきたり、本で読んだことがある方も多いと思います。

  • 自分の話はあまりせずに、相手の話にフォーカスを当てて、質問することを意識しよう
  • 自分の話は2割ぐらいで、相手の方に8割ぐらい話をさせよう
  • 相手の話には、とにかく大きなリアクションをとることを心がけよう

など聴き上手になるためのテクニックを聞いたことがある方も多いと思います。

ただ残念ながら、これらの聞き上手になるテクニックの使い方を多くの人が間違えています。
使い方を間違えると、モテるどころか相手に何も印象を残せない、さらには不快にさせてしまうことも起こりえます。

実際、聞き上手のテクニックを表面的にかいつまんで実践している人は、一般的にはモテないです。

僕自身も、実は聞き上手に憧れて、色々とテクニックを実践している時期がありました。
しかし、残念ながら聞き上手のテクニックを真似したところで、相手に好かれることはありませんでした。
むしろ何を考えているのかわからないと、言われたことさえあります。

そこで、今回は「モテようと聞き上手を目指すと9割の人がハマる罠」ということでお話をしていきます。

ほそゆうのプロフィール
  • 業界随一!オンラインなのに手厚いサポート結婚相談所「ウェルスマ」運営
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→コンサル社員&婚活サービス企業経営
  • 詳しいプロフィールはこちら
目次

聞き上手になるための3つのポイント

聞き上手になるために、よく言われる3つのポイントは、多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。

ポイント:自分の話は2割ぐらい、相手に8割ぐらい話をさせよう

簡単に言うと

  • 自分の話をするのではなく、基本的に相手の話を引き出すことに注力して会話を続けよう
  • 人間は誰しもが、自分のことを話したいという欲求を持っており、他人には興味がないのだから、相手に話をしてもらい、楽しくなってもらおう

上記の理由から、「自分の話が2割、相手の話が8割」ということがよく言われます。

ポイント:とにかく相手に質問をしまくろう

例えば質問をする時には

  • 5W1Hいつどこで何が誰をなぜどうやってという軸で質問していきましょう
  • 質問をすることで相手の話を深掘りして、相手の本音を引き出しましょう

などと言われます。

ポイント:とにかく肯定しよう

相手が話してくれた時は

  • 大きなリアクションをとって笑顔で反応する
  • 「確かにそうですよね」「わかります」「なるほど」など肯定のリアクションを取る

などのテクニックです。

聞き上手を目指す人がハマる罠

では、3つのテクニックは、聞き上手になるためのコツとしてよく言われますが、表面的に真似をしてしまうと、相手に好印象を与えるどころか悪印象さえ与えてしまいます。

注意・自分の話は2割ぐらい、相手に8割ぐらい話をさせよう

聞き上手を目指す多くの人が、自分が話をするのが下手だから、聞き上手を目指したい人が多いです
そういう人が、さらに相手の話を聞こうとすると、自分の話の割合がほぼなくなってしまいます

すると、相手からしたら、「この人は本音がよくわからないし、何を考えているかもわからない。質問はよくしてくれるけど、深く繋がれる感じがしないな」と判断されてしまいます。

「私はこう思う」「実は私の場合は」何かその気持ちが揺さぶられたことを言葉に出そうとした時に「いや相手の話を聞かなければいけないんだ」と、それを話すのを思いとどまってしまいます。

それを繰り返すと、結局自分の気持ちが動いた時、言葉にできないことになりますので、相手からすると「喜怒哀楽が一切感じられず、この人は何を考えているのか分からない」思われてしまいます

また自分も感情を出さずに会話をすると、全然気持ちが乗ってこないので、つまらなく感じます。それが相手にも伝染し、相手もつまらないと感じるのです。

ほそゆう

「悪い人ではないけれども、次にまた会いたいかと言われるとそうでもないなぁ…」と思われてしまいます。

注意・とにかく相手に質問をしまくろう

インタビュアーの方などは、例えば先ほどの5W1Hに基づいて、話を掘っていった後にその人の思いや本音を引き出す技術に長けているので、気持ちよく話してもらうことができます。

ただ慣れていない人がいきなりやると、ほとんどの場合が尋問のようになってしまいます

例えば野球好きという人に対して、

「野球っていつ観戦に行くんですか?」
「好きは球団はありますか?」
「どこに観戦に行くんですか?」
「横浜に観戦に行かれるんですね?」

と、5W1Hを頭の中で意識しすぎて、面接で行うような質問になってしまうパターンが多いです。

【大好評!】婚活で失敗したくない人必見

現役結婚相談所の婚活カウンセラーほそゆうが教える「失敗しない婚活始め方講座」を期間限定で無料で配信中!

婚活のどう進めるか迷っている、婚活がうまくいっていないという方は必見です。

ほそゆう

おかげさまで「婚活のやり方をどうしていけばいいかスッキリした」などのご意見をいただいております!

注意・とにかく肯定しよう

あまりにも相手の話を肯定する癖をつけてしまうと、相手からは胡散臭く見えてしまいます

「この人は、自分の話を聞いてとりあえず肯定はするけど、あまり何も考えてないんだな。興味を持っていないんだなあ…」と受け取ってしまわれることがあります。

例えば、デートやお見合いで

相手:「僕は将来的に転職して、もっと年収をあげたいんですよね」
あなた:「転職するのもいいですよね」

相手:「休日はビールを飲みながら、野球を観戦するのが好きなんだよね」
あなた:「いいですね。ビールを飲みながら、野球を観るのも楽しそうですね」

のように上辺だけで共感する癖をつけてしまうと、このように思考停止の状態に陥ってしまいます。

上辺だけでの会話は、相手も見抜きますし、ロボットと会話しているような気分にしかなりません

ほそゆう

聞き上手になるためのテクニックを表面的に真似してしまうと、相手の印象に残らない上に、逆効果をもたらすことがあります。

婚活の会話で意識すべきポイント

「では、聞き上手は目指すべきじゃないの?」と思われるかもしれませんが、聞き上手はしっかり身に付けると、ビジネスでもプライベートでも、最大の武器にもなりますし、私自身も身に付けたいなと思っている武器ではあります。

ただし、婚活でうまくいくという観点で考えた場合、カウンセラーのようなプロの聞き上手になるのではなく、むしろ自分の気持ちや考えていることを分かりやすく素直に話せる人の方が心が通じ合えるので、将来のパートナーとしては、選ばれやすいと思います。

さらに女性の場合は、婚活男性からするとどちらかというと、最初から積極的に自己開示をしてくれないので、それを引き出すのに苦労している男性が多いです。

そのため、自分の気持ちや好きなことなど、自らしっかりと話せる能力っていうのを身につけた方が男性からも喜ばれるのです。

聞き上手になるより、自分の自己開示をうまくできるようになることが大切なのです。

繰り返しになりますが、婚活の会話で意識すべき3つのポイントを話します。

自分の話を積極的にして、相手に興味を持ってもらう

多くの人が、インタビュアーのように考えていることやアピールポイントを自然と引き出してくれる質問力を持っているわけではありません。

これは面接でもそうですが、人事の面接官の人が必ず自分の強みを引き出してくれるような質問してくるとは限りません。

そのため、大切なのは自分のアピールポイントや自分の気持ちをさりげなく話すとテクニックになります。

いきなり自分の話をするのは、気が引けるという人もいるかもしれません。
そのような場合は、相手に質問してそのレスポンスの中で自分の話を含めてみるのがお勧めです。

例えば

相手:「野球が好きなんですよね」
あなた:「そうなんですか。野球場でお酒飲みながら、観るのって楽しそうですね。私も色々な観光地に行って、ご当地のお酒とか飲むの好きなんですよ」

という感じで自己開示すると

相手:「そうなんですね!僕も好きです」

などと、話が広がったり共感できたりするポイントが増えます。

質問力を磨くよりも、生活アンテナを張って引き出しを増やす

質問力をインタビュアー並みに磨くのは、かなり難易度が高いです。

それよりも、話の種を増やすことを意識した方が、難易度も低いですし話も広がります

日頃から、色々なものにアンテナを張っている人や行動能力のある人、例えば頻繁に旅行へ行ったり、毎週欠かさず観ている好きなテレビ番組があったりなど、色々と新しいことを体験している人は、ワクワクしている状態が、相手にも伝わりやすくなりますし、話の引き出しも増えます

何も旅行など大それたものでなくてもいいのです。
例えば、家の近所をお散歩してみたり、少し運動してみるなど、それだけでも話題は増えていきます。

すると、相手と共通の話題も増えますし、自分のワクワクしてる気持ちが相手にも伝わって、楽しい会話ができるようになります。

肯定する時は、具体的に自分の言葉で語る

相手の話に対して肯定する時は、具体的にどこに興味を持ったのか自分の言葉で語ることが大切です。

先程の野球の例で行くと

相手:「野球が好きなんですよね」
あなた:「そうなんですか。野球って楽しそうですね。」

だけではなく

あなた:「なんか野球場で大勢の人が盛り上がっていると、ワクワクしますよね。私もライブやフェスが大好きなんですよ!」

など、具体的に相手の話に共感できるポイントを話すと、より信憑性が増しますし、この人は心から本音で話してくれているなというのが伝わるようになります

ほそゆう

ぜひこの3つのポイントを意識して、婚活では会話をしてみてください。

PR: 業界随一!オンラインなのに手厚いサポート結婚相談所「ウェルスマ」

会員72,293人(2020/9現在)
地域全国(オンライン対応)
料金9,800円/月〜 
サポート専任カウンセラーによる回数無制限LINE/Zoomサポート
紹介人数月5人紹介+自分で検索最大200名/月

ウェルスマは活動者の負担を減らすため、AIとカウンセラーの知見に基づくお相手紹介、お見合い時の日程調整までサポート。

会員様、紹介される相手に申し込むかどうかを決めるだけ。

またオンライン(LINE/Zoom)で専任カウンセラーに無制限に相談可能。

現役コンサル社員でもあるほそゆうが、忙しい会社員でも挫折せず、活動できるサポート体制を考え抜きました。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚率の実績を誇ります。

\「デアガイを見た!」で入会金半額キャンペーン実施中/

よかったらシェアしてね!

出会いのGuidebookが運営する結婚相談所「ウェルスマ」

【限定】入会金20,000円OFF+交際できなければ活動費全額返金!!

\アラサー女性限定の結婚コミットサービス/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

・出会いの場を100社以上取材、体験
・婚活男女120人以上の婚活相談経験
・アラサー女性結婚コミットサービス「ウェルスマ+」を運営
・Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」運営
・Twitterフォロワー400人

目次
閉じる