年収1000万男性と結婚する方法【選ばれる女性はこんな人だ】

ほそゆう

こんにちは。婚活サポーターのほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

「年収1000万円男性と結婚したい」そう考える女性の方も多いと思います。
しかし年収1000万円男性と出会い、お付き合いするのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、年収1000万円以上の割合は、日本人の5%程度とかなり低くなります。

  • 年収1000万円男性に出会う機会がない
  • 年収1000万円男性を希望しながらも、なかなかマッチングしない
  • ハイスペ向けアプリを使ってみたけど、結婚を意識した出会いに恵まれない

というお悩みの方もいらっしゃると思います。

私自身、婚活メディアや結婚相談所を運営しながら、コンサルティングファームで働いていますので、年収1000万円を超える大学の友人や会社の同僚が、パートナーとして選ぶ相手を見てきました。

年収1000万円男性が選ぶ女性になるには、確実に共通点があります

そこで今回は

  • 年収1,000万円男性の職業
  • 年収1,000万円男性のタイプ
  • 年収1,000万円男性が選ぶ女性の特徴
  • 年収1,000万円男性と出会う方法

を具体的にお話していきたいと思います。

また、年収1000万円男性に選ばれる女性のポイントもお教えしたいと思います。

ほそゆうのプロフィール
  • 男性心理を元にアラサー女性の婚活を100人以上サポート
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」、結婚コミット型結婚相談所「ウェルスマ+」運営
  • 経歴:東北大→NTTデータ→コンサル社員&婚活サービス企業経営
目次

年収1,000万円男性の職業

ほそゆう

まず、年収1,000万円男性の職業には、どのような職業があるか話します。

お医者さん

お医者さんは勤務医でも平均年収1200万ぐらいと言われています。
そして、早い人では20代後半から、年収1000万円を超えてくる人もいます。

ただ、非常に激務な方が多いので、ある程度仕事人間でも構わないという人には、オススメできるお相手です。

弁護士さん

弁護士さんは、お医者さんほどではないですが、平均年収が1000万を超えています。
年収1000万円を超えるのは、平均年収でみると30代後半ぐらいからです。

弁護士さんも多忙で、プレッシャーのかかる仕事ですので、その部分を理解できる人であれば、オススメできるお相手です。

商社マン

商社でも専門商社や総合商社であったり、大手の商社なのか中小なのかで変わってきますが、大手の商社であれば、30歳頃から年収1000万円を超えてきます。

商社マンの特徴は、海外転勤がある人が多いので、一緒についていける人であれば向いているお相手です。

IT企業

IT企業と一言で言っても、色々な職種や会社があります。
大手IT企業であれば、40歳を超えたあたりから、年収1000万円を超える人が出てきます。
また優秀なエンジニア、最近ではAI系のエンジニアなど専門的なスキルを持つ人は、30代から年収1000万円を超えてくる人もいます。ただ、数としてはそこまで多くありません。

私自身もエンジニアやっていた経験がありますが、専門性が上がるほど、かなりロジカルで理系タイプの人間になりますので、そのような方がタイプという人に向いているお相手です。

コンサル

新卒で入った人であれば20代後半や30歳ぐらいから、年収1000万円を超えてきます。

私もコンサルティングファームで働いていますが、一般的なイメージとしてコンサルは、ロジカルモンスターでハードワークと言われがちですが、ここ5年から10年ぐらいでかなり業界っていうのが変わってきています。
いい意味で、色々な人が入れる業界になったので、むしろコミュニケーションスキルが高い人が多くなっていると感じます。
また、深夜までバリバリ働くもほとんどなくなりました。

大手企業

大手企業であれば、40代や50歳ぐらいから、年収1000万円を超えてくる企業が多いです。

ですから、結婚する時点では1000万に届いていないかもしれませんが、将来的に年収1000万円稼げる人が多くいます。

また、日本ほ全体的に実力主義に移行しているとはいえ、まだ大手企業は比較的安泰です。安定して充実の福利厚生の恩恵を受けながら、暮らしたいという人にはオススメです。

自営業

自分でビジネスをやっている方は、ある程度成功していると年収1000万円稼ぐ方も結構多くいます。

収入が不安定で、いざという時の保障がないのがデメリットとなりますが、一緒に仕事を支えていきたい方には、オススメできる職業の方です。

年収1000万円の職業といっても色々な職業があって、もちろん男性のタイプもかなり違いますので、どのような男性を狙うかによって、戦略も変わってきます

年収1,000万円男性のタイプ

ほそゆう

私の経験から、年収1000万円男性を大きく分けると、3つのパターンに分かれると考えています。

エリート学歴タイプ

いわゆる中高はコツコツと勉強し、それなりの進学校に通い、MARCHレベルの大学またはそれ以上の大学を出て、大企業やベンチャー企業に就職している男性です。
このタイプの男性は、自分と生活や話のレベルが合い、しっかり働いている女性を希望する方が多いです。

専門職タイプ

医者や弁護士などが専門職タイプです。このタイプは、家系も医療関係や士業関係の方が多いです。
特にお医者さんは、お相手も自分と同様に医療系のバックグラウンドであるなど、医療関係を希望する方が多いです。

成り上がりタイプ

決して学歴は高くないけれども、高卒や専門卒でビジネスを起こして成功したタイプです。
このタイプは、いわゆるルックスのいい美人さんを選ぶ傾向にあります。

人数が多いのは、やはりエリート学歴タイプです。
このタイプの男性は、自立している女性を希望しますから、年収1000万円男性と自立している女性は、相性が良いとことになります。

年収1,000万円男性が選ぶ女性の特徴

ほそゆう

年収1000万円の男性が選ぶ女性の特徴について、5つお話します。

見た目が洗練されている

これは、必ずしも見た目のレベルが高い美人というわけではなく、見た目のおしゃれにもしっかり気を遣い、綺麗にされている女性です。

学歴や育ちが似ている

先程、お話ししたエリート学歴タイプは、特にこのタイプにはまりやすいです。

自分と同様な環境で育った女性、具体的には中高進学校であったり、中高一貫校の女子校を卒業して大学まで出ている、そして、親もまずまずの一流企業に勤めており、サラリーマンとして活躍している家庭で育った人です。

やはり育ちや学歴などが似ていると、話のレベルはもちろん、生活レベルなども同様な方なので、将来結婚しても一緒に生活しやすいと考える男性が多いです

自立した仕事に就いている

具体的には、男性と同様に大手企業で営業や総合職で働いているなど、ベンチャー企業で活躍している女性を希望します。

話や生活レベルなども同様な考え方を持っている、そしていざという時に稼げる力を持っています。ですから、子供を育てていく中で、お金が足りなくなった時など、一緒に働き家庭を支えらえる女性を希望する男性が多いです

逆に派遣や事務職で働いている女性は、どちらかというと、結婚したら専業主婦になることを考えている方も多いので、一緒に家庭を支えてほしいという男性側からは、あまり人気がないのが正直なところです。

ハードワークを理解してくれる

お医者さんや弁護士さんなど、かなりハードな職業の男性に言えることですが、生活をしていく上で仕事が占める時間がある程度大きく、休日に急な仕事で一緒に出掛けられなくなったなど、仕事の状況をしっかりと理解してくれる人を希望します

逆に仕事の状況を理解してもらえない女性は、あまり人気がありません。

家柄が良い

特にお医者さんなどは、両親も医療系で家柄の良い女性を選びます。
医療の大変さや後継者の問題であったり、他にもお医者さんと看護師さんであれば一緒に働いていけるなどの観点から、同様な家柄を希望される人もいます。

年収1,000万円男性と出会う方法

ほそゆう

最後に、年収1000万円男性と出会う方法についてお話します。
男性にどういうアプローチをすべきか、どのような婚活をするべきかお話しします。

アプローチのコツ

まずアプローチのコツですが、4つあります。

自分から積極的にアプローチする

年収1000万円越えの男性は、もちろん婚活では非常に人気が高いです。

多くの女性は、自分からアプローチするのは気が引ける、男性側からアプローチをしてもらいたいと考えているので、ハイスペック男子であっても、女性からアプローチを積極的にすることは ほとんどありません。

ですから、女性側から積極的に計画を立ててくれたり、自分から会話や質問をするなど、男性側もありがたいですし、助かると思います

共通の趣味を見つける

ハイスペック男性は、多くの方がアクティビティな趣味、例えばジムや登山、野球観戦などの趣味や、株や東証など金融的な趣味をお持ちの方も多いです。

対して、多くの女性は趣味が大方偏っていて、
「家でNetflixで動画を観る」「ヨガに通う」この2種類がかなり多いです。

このような趣味は、男性には差別化されておらず、興味がない方が多いです。

ですから、男性目線で共通点となる趣味がないのか自分を見つめ直してみるのもオススメです。

外面や内面を磨く

年収1000万円男性が選ぶ女性は、基本的に自分もしっかり仕事をしていて、精神的にも自立し、育ちも良い女性が人気が高いです。

実際に会話すると、その人の生活レベルや考え方は伝わりますので、現時点で自分のバックグラウンドがそうでないのであれば、いくら取り繕ったとしても見抜かれてしまいます。

外面や内面を磨くために、自分の人生で何かを頑張ってみることから始めるのが、本質的な解決になります

自分磨きは、決して辛いだけではなく、楽しさも多くあると思うので、ぜひ楽しみながらやってみてもらえればと思います。

男性の対象年齢を上げる

例えば、30代前半で年収1000万円の男性というとかなり幅が狭くなります。
そして、そのような男性とマッチングするのは、20代半ばの女性、しかも見た目や内面もかなりレベルが高い女性です。

ですから、本当に年収1000万円を譲れないのであれば、対象年齢を40代まで上げてみるなど、調整をするのが現実的な選択肢となります

年収1000万円男性と出会う婚活ツール

最後に年収1000万円男性と出会う婚活ツールを2つお伝えします。

ハイスペ向けマッチングアプリ

オススメのアプリは、「バチェラーデート」「東カレデート」「Dine」です。この3つのアプリは、私の知人で年収1000万円超えの大企業で働いている方も、多くが使ってるアプリです。

ただ、この3つのアプリは、婚活に特化しているわけではないので、ある程度長期戦になる可能性が高いです。

結婚相談所

結婚相談所にもよりますが、年収1000万円以上の方も在籍されています。

例えば、私が運営する「ウェルスマ+」も加盟する日本結婚相談所連盟では、約3000名以上の年収1000万円プレーヤーがいらっしゃいます。

マッチングアプリに比べると人数が少ないと感じる方も多いですが、結婚相談所に加盟してる会員は、ほぼ全員がアクティブな婚活をしているので、アプローチできる人は多くいます

ほそゆう

ぜひ、1つ1つ自分のできることから実践して、素敵な方と出会っていただきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

出会いのGuidebookが運営する結婚相談所「ウェルスマ」

【限定】入会金20,000円OFF+交際できなければ活動費全額返金!!

\アラサー女性限定の結婚コミットサービス/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

・出会いの場を100社以上取材、体験
・婚活男女120人以上の婚活相談経験
・アラサー女性結婚コミットサービス「ウェルスマ+」を運営
・Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」運営
・Twitterフォロワー400人

目次
閉じる