結婚相談所は婚活版パーソナルジム。結婚にコミットしたい人におすすめ。

りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅう(@ryu_deai)です。

最近キスマイのCMで話題の「ゼクシィ縁結びエージェント」。

結婚相談所としては、ゼクシィ縁結びエージェント以外にも、楽天オーネットなどが有名です。

しかし、

「そもそも結婚相談所ってどんなサービスなの?」

って方も多いと思います。

僕自身も結婚相談所って、なんだがおばさんとかおじさんだらけそうだし、自分には縁のないものだろうなーと以前は考えていました。

しかし、最近、実際に結婚相談所を使っている同年代なんかも居たりして、色々話を聞くと

「そろそろマジで結婚したいんだけど、全然出来る気配がない」
「婚活パーティー、マッチングアプリ色々試したけど、恋人ができる気配がない。」

という人は検討する価値があるなと感じるようになりました。

そこで、今回は結婚相談所についてお話ししたいと思います。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

結婚相談所とは婚活版パーソナルジム

結婚相談所とは、登録している会員の中から、自分に合いそうな人をアドバイザーがマッチングしてくれるサービスです。

大抵の場合はアドバイザー(カウンセラー)がつき、自身の結婚に求める条件をヒアリングし、合致する相手を紹介してくれるだけでなく、相手へのアプローチ方法など婚活に関するアドバイスをしてくれます。

より分かりやすく説明するために結婚相談所の他に婚活の手段として主に挙げられるマッチングアプリ、婚活パーティーの違いを見てみます。

例えるなら結婚相談所は「パーソナルジム」とマッチングアプリ、婚活パーティーは「普通のジム」です。

パーソナルジムは個人個人の体質や目標などに応じたメニューを立ててくれて、トレーニングや食事のサポートをしてくれますよね。

対して、ジムはトレーニング器具は揃っていますが、自分に合ったトレーニング計画やトレーニングが行き詰った時のモチベーション維持などは自分で行う必要があります。

同じように結婚相談所は、個人個人の結婚に求める条件や結婚までの期間などに応じて結婚するまでのプランを立ててくれ、どうしたらうまく行くかという婚活中のアドバイスもしてくれます。

対して、婚活パーティー、マッチングアプリは、結婚候補の相手はいますが、自分で結婚に求める条件を考えて相手を見つる必要があり、また婚活がうまくいかない時のモチベーション維持も自分で行う必要があります。

結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所を婚活パーティー、マッチングアプリと比較した時のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

結婚までのプランを考えてくれる

漠然と結婚したいと考えて、だらだら婚活パーティーやらマッチアプリをやっていても中々結婚までの道が見えてこないと言う方は、具体的にいつまでに何をするのかを立てられていないということはないでしょうか。

これは仕事でも言えることですが、遅延が発生する場合、大抵の原因はいつまでに何をやるのかを決めていないことにあります。

期日を決めないと、上手く進んでいるのかどうかも検証することができず、計画の修正もできないからです。

婚活中のサポートをしてくれる

婚活が中々上手くいかないという時に、自分を客観的にみて課題を発見し、改善するのはかなり難しいと思います。

マラソンのキューちゃんの活躍は小出監督のサポートがあったからのように、客観的にアドバイスをくれるカウンセラーは非常に重要といえます。

自分に合った相手を探してくれる

自分の理想の結婚相手って具体的にどんな人?と聞かれて言語化できますでしょうか。

僕は未婚ですが、数百人の人と接してやっと自分の理想の相手と言うのをなんとなく言語化できるようになりました。

そんな何百人の人と会うのも正直現実的ではないと思う方(ほとんどだと思いますがw)は、プロに客観的に自分に合った相手を探してもらうのが一番です。

婚活目的の人しか居ない

結婚相談所はお金もそれなりにかかるので、結婚に対して真剣な人しかいません。

マッチングアプリや婚活パーティーで、良いなと思う人が居たけど、相手が結婚とかを全く考えていない人でがっかりしたという人もいらっしゃるでしょう。

もう遊びは良い、近々の結婚を見据えて活動したいんだという人は最短で結婚へのゴールを狙うことができます。

デメリット

値段が高い

デメリットで一番ネックなのが値段が高いこと。

安い結婚相談所でも10万円、高いと50万以上かかる場合もあります。

なぜ結婚相談所は高いのでしょうか。

その理由は2つ。

1つはパーソナルなサービスであるから。

パーソナルジム、オーダースーツなどのように、1人1人にカスタマイズするサービスはその分コストがかかりますよね。

そして2つめは、昔は結婚したければ結婚相談所しかなかったから。

今でこそマッチングアプリなどが発達していますが、昔は本気で結婚したかったら結婚相談所(と婚活パーティー)くらいしかありませんでした。

また、結婚しないのは変な人という価値観もあったので、結婚するためなら高いお金を払ってもいいという人が沢山いたのです。

そのような業界体質の中、若い企業であるリクルートの「ゼクシィ縁結びエージェント」、楽天の「楽天オーネット」などはかなり安い価格で提供されています。

おすすめの人

結婚にコミットしたい人

どっかで聞いたことある台詞だと思いますが、マジで結婚したいと考えている人。

結婚のプロが客観的に自分を分析して結婚に導いてくれます。

また、決して安くはないお金を払うことで自分の真剣度も高まるというメリットもあります。

マッチングアプリ、婚活パーティーで成果が出ない人

成果が出ない時の1番の打開策はアプローチを変えてみること。

もし、マッチングアプリや婚活パーティーに通っているけど、全然結婚に結び付かなそうと感じているのであれば、手段を変えてみては。

おすすめの結婚相談所は?

結婚相談所を選ぶ要素は

①会員数
②どんな人(年齢層)が居るか
③会費
④サポートのサービス

結婚相談所によって提供するサービス(④)の内容はそこまで変わりがありません。

そうなると、会員数(①)が多く、会員の年齢層(②)は若い人が多く、会費(③)もリーズナブルなエージェントがベスト。

この観点から考えると、「ゼクシィ縁結びエージェント」がおすすめです。

会費について、他のエージェントが結婚までに1年間活動したとすると20~50万円かかるのに対し、ゼクシィ縁結びエージェントは13万円程度から使えます。

特筆すべきなのは、結婚相談所は初期費用が10万円以上かかる所が多いのに対し、ゼクシィ縁結びエージェントは3万円。

万が一利用してみて合わなかったとしても、すぐに退会すればそこまでお金はかからないため、低リスクで利用することができるのです。

会員数は、27,700人と他のエージェントと比較しても劣りません。

そして会員の年齢層(②)として、ゼクシィは20~35歳の女性の割合が65%と半数以上。

さらに特筆すべきなのが、

2019年5月より20代中盤~30代前半に人気があるKis-My-Ft2がCMを行っているということから若い世代の認知度が高まり、若い世代の会員数が増えることが予想されます。

結婚相談所でもうまく行かない人

とまぁここまで結婚相談所のメリットやおすすめの人を述べて来たわけですが、もちろん向いてない人もいる訳です。

それは理想が高い人。

理想が高いとはどのレベルを言うかというと、

・100人規模の街コンにいっても狙いたい人が1人か2人
・50人以上デートしても付き合いたい人が居ない人

ぶっちゃけ…僕です。笑

こんな人は、幸せな結婚はなかなか難しいかもしれません…ね。笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・結婚にコミットしたい
・マッチングアプリ、婚活パーティーで成果が出ない

という人は検討してみる価値はありだと思います。

無料カウンセリングとやらを実施しているので、まずは話を聞いてみてもいいかもしれませんね。

ゼクシィ縁結びエージェント

月5000円から婚活できるオンライン結婚相談所が誕生!!

2019年7月にリリースされたのが、マッチングアプリのペアーズが展開する結婚コンシェルジュアプリ「Pairsエンゲージ」

このアプリは、

・1年以内の結婚意思がある会員しかいない
・毎日1人お相手候補を紹介してくれる
・コンシェルジュに婚活について質問ができる

といった、結婚相談所並みのサポートがありながら、月額9,800円で利用できるという画期的なサービスです。

マッチングアプリで大きな利益を得ているペアーズだからこそできる価格とサービスなのです。

是非真剣に婚活をしたい方はご覧になってみてください。

6月限定で「入会費無料+プラン料金半額(50%OFF)キャンペーン」を実施中とのことです!
プラン料金半額キャンペーンは初なので、入会するなら今がおすすめです!

りゅうのアイコン画像りゅう

2〜3年以内の結婚を見据えたお相手を見つけたいのであれば、リーズナブルに真剣婚活ができる「婚活特化向け」のマッチングアプリもおすすめです。

この記事を書いた人

目次
閉じる