男性が言わない実は結婚したくない理由【 結婚=義務だから!? 】

ほそゆう

こんにちは。結婚相談所中の人×現役コンサル社員のほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回は、「男性が言わない実は結婚したくない理由」というテーマでお話し致します。

未婚率がどんどん上昇しているという事実からも分かる通り、年々結婚しないという選択をする男性が増えてきています

これには、時代の背景も大きく関係しているのですが、もう一つのポイントとして、「女性と男性では結婚に求めるものが大きく違うから」ということがあります。

人生の選択肢が増えた今、論理的に結婚のメリット、デメリットを考えると、「あれ!実はデメリットやリスクが大きいんじゃないか?」と、男性は感じているのですね。

しかし、10年、20年前を振り返ってみると、男性も女性と同様の割合ぐらいで結婚していたのです。

女性がイメージするのは、結婚は幸せで楽しい、いわゆる人生の意義でもあるように感じる方が多いと思います。
にも関わらず、なぜ結婚しないという選択をする男性がいるのか、その辺りも不思議だなと思いますよね。

そこで今回は、「男性と女性の結婚に対する考え方のギャップ」そして、「なぜ男性は結婚しなくなってきているのか
時代の流れと共に見ていきたいと思います。

また、結婚しない男性が増えている状況で、男性をどうやって結婚まで導いていけばいいのか、女性側に向けたお話しも最後にしたいと思います。

ほそゆうのプロフィール
  • 月9800円!AI×専任カウンセラーが紹介する相手から選ぶだけ。結婚相談所「ウェルスマ」運営
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→コンサル社員&婚活サービス企業経営
  • 詳しいプロフィールはこちら
目次

結婚に対する男女の動機の違い

結婚相談所に来る男女の方から、「なぜ婚活をしたいと思ったのですか?」と聞くと、理由は結構、男性と女性で分かれてきます。

女性の方は先程申し上げた通り、パートナーと一緒に幸せな家庭を作っていくことが、人生で一番幸せになる方法と感じている方が多いようです。

一方、男性は、結婚して人生の幸せを手に入れたいというよりも、

  • なんとなく結婚しなければいけない年齢になってきたから
  • 世間では、結婚はするのが当然と思われているから

といった理由で、婚活を始める方も多いのです。

男性は結婚を義務と考える

男性は、結婚に対して義務感というのを感じている方が多いのです。

男性は正直な思いをしては、別に結婚しなくても、好きな女性と一緒にいれればいいと考えている方も多いです。
また、結婚する一つの動機としては、子供を授かりたいということがありますが、それ以外では、あまり明確なメリットを感じている人はいないなと思います

これは、就職するという感覚に少し近いのかなと思っています。

例えば、高校や大学を卒業して就職する時は、基本的に就職しないという選択肢を考えない人の方が多いと思います。
なんとなくみんなが就職するから自分も就職する、就職して働くのは当たり前だから就職する、という感じで会社を選んで働くと思います。

結婚も、30代、40代と、ある一定の年齢になったらするものだという考え方から、婚活を始める、結婚を意識するという男性が多いですね。

男性は結婚にメリットを見いだせない

この結婚しなければならない、といういわゆる就職のような感覚、義務感というものが、年々と減ってきています。

現在では、結婚しないという選択肢も当たり前のものとなってきました。

男性は冷静に「結婚するメリットは何だろう?」「デメリットは何だろう?」と、考え始めます。
すると、メリットより結婚に対するリスクやデメリットの大きさを感じてしまい、結婚に踏み切れないということが起こってしまうのです。

ほそゆう

女性からすると、男性が結婚に対して義務感を感じているのは、意外かもしれませんし、寂しい気もするかもしれませんね。

男性が結婚に踏み出せない理由:現実的な問題

男性が結婚に中々踏み出せない理由について、ここでは4つの観点でお話し致します。

お金

今は老後の問題などもあって、「2000万円の貯蓄を貯めなければいけない」と言われたりします

更に、子供を一人授かって大学を卒業させるためには、一人当たり2000万円以上のお金が必要と言われています

しかし、今時点で2000万円の貯金がある人は、かなり少ないのです。
仮に、これから2000万円貯めようと考えても難しいと、感じる人が多いのではないでしょうか。

しかも、結婚する場合、あまり収入や貯蓄が多くない女性と結婚するというパターンもありますよね。
すると女性と結婚することによって、今よりもっとお金が掛かりますし、更に子供を授かるとなると、莫大なお金が掛かります。

様々なことを考えると、これから仮に結婚して子供を授かって…、というプランは、今の収入ではちょっと難しいのではと、思ってしまうのです。

時間

会社の先輩や同期で結婚している人に「今日は突発で飲みに行きましょう」と誘った時に、

  • 今日は、早く帰らなきゃいけないんだよな
  • 奥さんの許可を取らないと飲みにいけないな
  • 今日は怒られそうだから、飲みに行けないんだ

など、結婚してない人からは、時間の制約がかなり厳しそうだなと、感じることも多くあります。

特に、小さな子供がいる父親というのは、土日も時間を拘束されて子供と遊んであげなくてはいけないし、奥さんが働いている場合などは、仕事が終わった後保育園に迎えに行くなど、分業もしなければなりません。

当然、趣味に充てる時間や一人の時間はほとんど無くなります。
「結婚によって、時間がこんなに無くなるのであれば、したくないな」と思ってしまうのです。

子供

子供が欲しいなと感じる人は多いと思います。

ただ自分が子供をしっかりと立派に育てられる自信があるか問われると、胸を張って私は絶対立派に育てる自信があると、答えられる人は少ないのではないでしょうか。

一人の人間を立派に育てる覚悟というのは、かなり大きなものになるため、中々自信が持てないと考えてしまいます。

住まい・暮らし

結婚したらマイホームを買ったり、買わないにしてもある一定の場所に長い間住んで、そこで生活していくというのが、多くのケースであります。

すると、例えば、「今住んでるところに飽きたから、他のところに引っ越そう」「他の仕事に転職したいから、引っ越して違う地域に住もう」など、そういうことはしづらくなります。

家族がいる分、家族の問題として決めなければいけなくなるからです。

家庭を持つという事が、自分のキャリアへの挑戦や、自由に生きたいと考える男性にとっては、少々ボトルネックとなるのです。

ほそゆう

男性は、結婚後の生活を具体的に考え、心配し過ぎてしまうのかもしれません。

男性が結婚に踏み出せない理由:論理的な問題

では、論理的に結婚のメリットとは何なのか問われると、正直子供を設けることができる、それぐらいしか思いつかない男性も多いのです。

もちろん、結婚することによって得られるものというのは、それだけではなく、たくさんあると思います。

ただ賢い人ほど、メリット、デメリットを定量的に比べて判断する癖があるので、結婚はデメリットしかないし、自分が本当に幸せな家庭を築けるのか、ハードルが高く中々決断できません。

結婚にいつ決めるもの?

就職でも何社か候補があると、どこに就職するのか決断するのは、めちゃめちゃ大変だったと思います。
会社で働いた経験がないのに、どの会社が正解かなんて分からないからです。

でも、就職の場合には期限があります
来年の4月からは、働かなければいけないという期限があるからこそ、「えいや」で決めることができたのです

結婚には、期限がありません。
そして、今のメリット、デメリットを考えれば考えるほど、「やはり今すぐ決断は出来ない」と、どんどんと先延ばしになってしまうパターンがあるのではないかなと思います。

本当に今の彼女でいいの?

今付き合っている人が、本当に結婚するのに最適な相手なのかというのは、正直分からない方もいらっしゃると思います。

「もう少し他の女性も見た方が良いのかな…」「今、付き合っている彼女では、結婚は決断できないな」と判断を先送りにしてしまうのです

その結果、長年付き合った彼女と結婚の話になって最終的にお別れしてしまいますが、しかし、そんな男性がその一週間後、二週間後に出会った新しい女性と、半年ぐらい付き合ってすぐ入籍した
こんなパターンの話を聞いたことある方も多いと思います。

長年付き合っていた彼女だからこそ、この人が最善なのか判断が出来なかったのですが、次の女性と付き合った時に、「やっぱり結婚ってちょっとした不安はあるけれども、決断しないと一生出来ないものかもしれないな」と、初めて気づいて結婚に踏み切れたというパターンもあるのです。

現在は人生の選択肢が多い

結婚している友人や先輩から、結婚っていいもんだぞという話を聞く機会はかなり少ないと思います

どちらかというと奥さんの愚痴や子育ての大変さなど、デメリットやネガティブな話を聞く機会が多いと思います。
ですから、そういう情報を元に結婚していない人が結婚するかどうかを判断しようとすると、どうしてもデメリットの方が大きく感じてしまうのです。

そして、以前は結婚に対する義務感もあったので、男性はある程度決断することができました
しかし、現在は結婚以外の人生の選択肢が増えたので、結婚に対する義務感が薄れているのです

基本的に人は現状を変えることを、面倒に感じてしまいます

今一人で生活している人は、今の生活、好きなだけゲームが出来るし、ラーメンなど好きなものを食べたり、結構今の自分の人生に満足している方も多いのではないでしょうか。

そして、寂しさというのもネットの普及などで、人と交流することが簡単になっているので、結婚していないから孤独を感じるということは無くなってきています。

今の現状に幸せを感じる人も多く、また、結婚に対して、デメリットばかり聞いていると「結婚しなくても別にいいや」となるのです。

男性は結婚を決断させる方法

では、男性はどうやったら結婚を決断するのか、というポイントを最後にお話し致します。

男性自身ももちろん、この人ともっと一緒にいたいな、お別れしたくないな、と感じる時も、たくさんあります。
でも、結婚を現実に突きつけられて、冷静に一人で考えてしまうと、どうしてもメリットよりデメリットの方が上回ってしまうのです。

男性は不安を直接言わない

男性は、

  • 結婚したら、自分の自由になるお金が全然無くなって、趣味に使える時間もお金も無くなるんじゃないか
  • 自分のキャリアプランでは、仕事も頑張りたいが、結婚して家族が出来たらキャリアや積極的な転職に反対されてしまうのではないか

など、一人で考えて不安になってしまいます

その不安を直接女性側にあまりぶつけることはなく、一人で考えて一人で判断する方が多いので、「結婚はデメリットが多いから止めておこう」と判断し、女性には「ごめん。結婚は出来ない」と、それだけを伝えるのです。

普段から結婚の不安を解消する

では、どうすればいいかというと、彼の結婚への懸念とか不安を、出来るだけ取り除いてあげることがすごく大切になってきます。

女性側からも男性が不安に思いそうなポイントを、前もって自分から解消してあげるよう心掛けて下さい。

  • お金の心配なら、大変な時は一緒に共働きも出来るよ
  • 結婚しても、仕事はもちろん頑張ってほしいし、転職も基本的に応援するよ
  • 色々と問題が出てきたら、しっかりと話し合おう
  • 頭ごなしに何でも反対しないよ

など、しっかりと伝えてあげることです。

そうすることで、男性は「自分の人生もしっかりと歩めるな」「この人となら仕事と家庭の両立ができるな」「そういう女性はこの人しかいないかもしれない」ということに気づいて、結婚を決断できるようになったりします。
ですから是非、不安を取り除いてあげることを意識してみてください。

よかったらシェアしてね!

【10/31まで】入会金+成婚料無料。必要なのは月9,800円のみ!

\1年以内の結婚を目指すなら。結婚相談所「ウェルスマ」/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

▶︎結婚相談所中の人×現役コンサル社員
▷結婚相談所「ウェルスマ」運営
▶︎25万人以上閲覧「出会いのGuidebook」編集長
▷Youtubeちゃんねるは「ほそゆう」で検索

目次
閉じる