男性が結婚を意識する8つのきっかけ

ほそゆう

こんにちは。婚活サポーターのほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回は、「男性が結婚を意識するきっかけ」について、お話し致します。

  • 「彼氏とそろそろ結婚を考えたい。でも、なかなか結婚の話にならない」
  • 「長年付き合ったけど、彼に結婚願望がなくて別れてしまった」
  • 「相談所であった相手に、土壇場で婚約破棄された」

このように、男性との結婚願望のギャップで悩む方は、現実に多いです。

男性目線でお伝えすると、残念ながら長年付き合っていたとしても、結婚できるかどうかは別の問題なのです。
付き合った彼と結婚できるかどうかは、付き合った期間の長さではなく、男性が結婚を意識するきっかけを正しく理解しているかどうかなのです。

きっかけを理解していないと、むやみに自分の願望を押し付けて、お別れになってしまうこともあります。

実際、彼女から結婚を迫られすぎて、嫌気がさしてお別れしたという男性も多いです。
結婚相談所で、1年以内で結婚したいと考えていた彼と、親への挨拶もしたにもかかわらず、土壇場で婚約を解消されたというケースもあります。

つまり、男性が結婚を意識するきっかけを正しく理解することが、彼と結婚するために最大のポイントとなります

この記事を読んで、男性が結婚を意識するきっかけを理解し、彼と結婚ができるようにアプローチして下さい。

ほそゆうのプロフィール
  • 男性心理を元にアラサー女性の婚活を100人以上サポート
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」、結婚コミット型結婚相談所「ウェルスマ+」運営
  • 経歴:東北大→NTTデータ→コンサル社員&婚活サービス企業経営
目次

弱みを見せられる女性

男性は、「この女性になら弱みを見せられる」「全てを受け入れてもらえる」と、感じる女性と結婚したいと思います。

男性は、同性同士の友人に弱みや悩みについて、女性ほどオープンに話しません。
他人に相談しようというより、自分自身で何とか解決しようと試みます。

特に女性とのお付き合いでは、さらに自分を強く見せたいと思うので、弱みや悩みを隠しがちです。
恋愛であれば、そのような関係でも問題ありません。

ただ、将来を共に過ごす相手には、自分の弱みをさらけ出せる、悩みを受け入れてもらえる、そんな女性と一緒にいたいと感じます

  • 「一緒にいて安心感が感じられる」
  • 「これからの人生を支え合っていけそうだな」

と感じた時に、結婚を意識します。

普段は男性に引っ張ってもらうのでも良いですが、いざ彼が苦しんでいる時や悩んでいる時は、それを察して気遣いをすることが大切です。

男性は女性以上に、自分から弱みや悩みを打ち明けるのが苦手です。

無理に聞き出そうとするのは、お節介と感じることもありますが、タイミングを見て彼に声をかけてあげるのが非常に大切です。

ほそゆう

悩みを言わなかったとしても、男性に配慮する姿勢は、非常に嬉しいと感じているはずです。

本音で話し合える女性

具体的に言うと、何か問題が起こった時に、建設的な話ができる女性です。

男性は感情的になって、冷静に話し合いができない状況を大変嫌います

恋愛であれば、情熱的にケンカをし仲直りして愛を深めるという、毎日感情が波のように揺れ動くカップルでも良いですが、結婚生活でそのようなことが続くと非常に疲れます。

意見がぶつかった時は、建設的に話し合える関係性が良いのです。

ケンカをしている瞬間は、感情的になってしまうかもしれませんが、最終的に冷静になって話し合える女性だと、これから一緒に良い家庭を築いていけそうだなと感じます。

価値観を尊重してくれる女性

価値観を尊重してくれる女性と、男性は結婚をしたいと感じます。

特に、男性は20代から30代前半では、仕事に挑戦したい時期です。

1社目で落ち着いて仕事ができるようになると、次のステップとして、転職して新しい会社で挑戦したいと考える人も多いです。
新しいステップに挑戦すれば、仕事に割く時間も増えますし、精神的にも新しい仕事で一杯一杯になることも出てくるでしょう。

そんな時に彼のキャリアを尊重して、「やりたいように挑戦すればいいよ」と応援してくれる女性であれば、これからも一緒に人生が歩めるなと感じます。

逆に「転職なんてリスキーなことをしないで、今の会社で働けばいいじゃない」と彼の挑戦を否定したり、常日頃から束縛してしまう女性だと、「結婚したら、自分のチャレンジをする心の余裕や時間がなくなってしまう」と感じて、結婚はしたくないと思います。

例えば、プロ野球選手の妻のように、栄養士の資格を取って徹底的にサポートするなど、彼のチャレンジを献身的にサポートする必要はありません。

大切なのは

  • 彼のチャレンジを否定しないこと
  • 彼を応援すること

「仕事よりも私との将来を考えて欲しい」その気持ちもわかります。
でも、彼がキャリアで挑戦したい気持ちは、諦めさせることはできません。

否定すればするほど、彼は挑戦したくなるし、あなたと一緒になりたくないと決断するでしょう。

今の時代は、前向きに転職したり、キャリアアップしようとしている人で、職を失うような失敗をする人はほとんどいませんし、むしろ、キャリアの向上意識は、収入面でもプラスになる可能性が高いです。

子供を儲けたのであれば、そのような父親は子供から見ても尊敬でき、良い模範となるはずです。
それにあなた自身も、彼の前向きな姿に惹かれているところも、あるのではないでしょうか。

転職=安定を捨てるという時代ではなくなっています

「子供をすぐに儲けたいし、彼が仕事に打ち込んでしまうと、時間がとられないか不安」
このような不安ある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これは必ず話し合いで解決できる問題です。
仕事に対して前向きなあれであれば、子育ての不安についても、相談すれば協力的に考えてくれるでしょう。

彼のチャレンジと結婚は、必ず両立できます

ほそゆう

彼のチャレンジや個人的な目標を応援して、あなた自身も結婚して幸せに暮らすことを、目指すのが良いでしょう。

精神的に自立している女性

男性は、精神的に自立している女性と、長期的な関係を築きたいと感じます。

これは先程の「建設的な話し合いができる」「お互いの価値観を認められる」といった人間の器の広さにもつながります。

精神的に自立していると、家庭を一緒に築いていく中で、

  • 自分がトラブルで働けなくなった時に、奥さんが働いて一緒に収入面を支えていくこともできる
  • 子育てに関しても、母親としてしっかり子供を育てることができる

など、イメージができるようになります。

お付き合いをするだけならば、可愛いルックスで愛嬌があるだけで良いかもしれません。
しかし、長期的な関係を築く上で、精神的な自立はとても大切なポイントになってきます。

では「精神的な自立をしている女性」は、どういう女性かというと、親に依存せず1人で歩いて行ける人です。

具体的には

  • 1人暮らしをしている
  • 責任のあるポジションで仕事をしている

特に1人暮らしなのか又は実家暮らしなのかというのは、かなり精神的な自立に関連があります。

詳しくは「〇〇女性は結婚できません」という動画で解説しているのでチェックしてください。

周りの結婚

女性と同じように、周りの知人や友人、同僚が結婚をし始めると、結婚を意識するようになります。

もちろん、今まで話してきた「弱みをさらけ出せる」「建設的な話し合いができる」「お互いの価値観を認められる」などの要素が大前提とはなりますが、周囲が結婚ブームの時はより結婚を意識します

平均的には20代中盤とか30代前 で 結婚する男性が多いとは言われますがコミュニティによってかなり差があります。

例えば私の大学の友人や新卒で入社した大手企業の同期は、結婚するタイミングが比較的早く25歳で1つ目の波が来て29歳で2つ目の波が来ました。
30代となると多くの人が結婚をしています。

一方で、中高時代の男子校の友人は、9割方が20代で結婚しませんでした。

結婚している人が多いグループと、結婚している人が少ないグループは、明確に分かれます。
やはり周りが結婚し始めると、自分も結婚を考え始めるという裏付けでもあります。

男性と女性で結婚を意識するきっかけが違うのが、女性は友人や知人の盛大な結婚式やみんなからお祝いされている姿を見て、「ああ結婚したいな~」と思います。

男性の場合は、友人や知人が奥さんといる時の安心したような表情や、いつもとはちょっと違う顔を見て、家庭を持つのは良いことなのかなと思い始めます。

ほそゆう

もし、彼の周りで結婚というイベントがたくさん起こっている時期であれば、彼も結婚について考えている可能性が高く、良いきっかけになるかもしれません。

女性らしさに惹かれる

結婚は、恋愛とは違うとは言っても、やはり女性らしさは大切です。

どうしても彼と長く付き合えば付き合うほど、素を出す時間も長くなると思います。
ジャージでゴロゴロして寝癖も直さず眼鏡を掛け、ポテトチップスを食べながらゲームをしている姿も悪くはありませんが、そればかりでは彼はあなたに女性らしさを感じなくなります。

男性は、可愛い人や美人などルックスが良い人が、好きなのは言うまでもありません

結婚したら、デートも行けなくなるわけですし、1人の女性を選ぶことになります。

将来一生を共にするパートナーは、女性らしい方が嬉しいです。

とは言うものの、ずっと一緒に居るのに、毎日キレイにしたら、疲れる気持ちも大変わかります。

毎日、家でも女性らしく取り繕うのでなく、時々一緒にご飯に行ったり、飲みに行ったり、お出掛けする際は、いつもよりオシャレをして、恋人らしいイベントや時間を作ることが大切です。

子供が欲しいと感じた時

男性が結婚を考える大きなきっかけとして、子供が欲しいことです。

女性は子供が欲しいのであれば、なるべく20代のうちに結婚したほうが良いと言われます。
男性は女性ほど年齢を気にしないと言われていますが、やはり子供が欲しい場合は、30代前半ぐらいまでには、結婚したいと考えている人が多いです。

同世代カップルの女性が一番悩むのは、20代中盤で結婚したいけれども、男性はもう少し後でいいと考えるギャップです。

男性は、20代中盤では「もっと自由に遊びたい」「友達とも遊びたい」など、考える人も多いでしょう。

そんな時は最初に話したように価値観や建設的に話し合えるといった安定した関係を築けていると、仮に彼がまだ遊びたいと思っていたとしても、やはり周りの女性とあなたは違うなと感じるので、逃したくない、結婚したいと考えるきっかけになります。

彼女から結婚したいと言われた時

男性はいつかは必ず結婚したいと考えている人が多いです。

しかし、「2年後以内に絶対結婚したい」「30歳になるまでには絶対結婚したい」と考えている人は、女性ほど多くはないです。
これは、結婚相談所の会員が女性より男性のほうが少ないということにも裏づけられます。

ただ、あなたからすると、彼が結婚したいタイミングをいつまでも悠長に待てるわけもなく、焦る気持ちも大変わかります。

その場合、彼が結婚を考えるタイミングとして、あなた自身が結婚への思いを話すことが必要です。

ただ、大前提として今まで話した価値観や建設的な話し合いをできる要素が揃っていないと、彼自身が結婚を決断するまでには至りません。

まとめ:男性が結婚を意識するきっかけ

恋人を超える将来のパートナーとして支え合っていけると感じた時に、男性はこの人を逃したくないと思います。

そのためには、彼と支え合い、とことん話し合える関係を築きましょう

PR: アラサー女性限定サポート充実の「ウェルスマ+」

会員62,570人(2020/4現在)
地域全国(オンライン対応)
料金入会金30,000円/月あたり9,800円〜 
サポート専任カウンセラーによるLINE/Zoomサポート
紹介人数自分で検索50人以上

ウェルスマはアラサー女性限定の婚活サポートサービス。

本サイト「出会いのGuidebook」の編集長でもあるほそゆうが運営しています。

100人以上の婚活をサポートしてきた専任のカウンセラーがつくので「婚活をどう進めていいか分からない」「男性とどのように関係を深めていけばいいか」など婚活中の疑問・お悩みをいつでもLINEで相談することが可能です。

日本最大級の日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており6万人以上の会員がいます。

また理想の相手と結婚することにこだわっており、相談所以外のマッチングアプリなどの活動でのアドバイスや、あなた自身が理想の相手と結婚するためのカウンセリングなどのサービスがあります。

\入会金30,000円OFFキャンペーン実施中/

よかったらシェアしてね!

出会いのGuidebookが運営する結婚相談所「ウェルスマ」

【限定】入会金20,000円OFF+交際できなければ活動費全額返金!!

\アラサー女性限定の結婚コミットサービス/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

・出会いの場を100社以上取材、体験
・婚活男女120人以上の婚活相談経験
・アラサー女性結婚コミットサービス「ウェルスマ+」を運営
・Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」運営
・Twitterフォロワー400人

目次
閉じる