【結婚できない男性】男性の4人に1人が未婚である理由→専門家「コミュ力低下」

ほそゆう

こんにちは。結婚相談所中の人×現役コンサル社員のほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回はこちらの記事、
『男性の4人に1人が未婚、専門家「経済力、コミュ力低下」「コロナで結婚に踏み切れず」』
このテーマについてお話ししていきたいと思います。

2020年の生涯未婚率は、男性は約4人に1人、25%が未婚で生涯を終える

という割合が出ています。

その理由として、専門家は「経済力、コミュニケーション力低下」や、「コロナの影響で結婚へ踏み切れない」という要素があるとお話ししています。

経済力の低下という意味では、「収入が不安定で子どもをしっかりと育てていく自信がない」「自分のことでお金がカツカツなのに、家族を養うお金はない」などの理由から、仕方が無く結婚を見送る方もいらっしゃいます。

そして、今回の記事で扱うもう一つのポイントが、「コミュニケーション能力の低下」についてです。

婚活でも、やはりコミュニケーション能力がネックで、お見合いから交際になかなか進まめず、お断りされてしまう率が高いのです。

これは、もちろん男性女性に限らず、「コミュニケーション能力に少々問題があるかな?」という方がいらっしゃいます。

  • なぜ相手に配慮のないことを言うのだろうか?
  • 相手の顔色を見ずに、自分の話したいことだけ喋りまくる
  • 自分からは何も発せず、ずーっと受け身で待っている

本来、コミュニケーションは双方向でやり取りするものですが、どうしても一方的なコミュニケーションになりがちの方がいるのです。

その人自身も、自分は多分コミュニケーション能力が欠けているなと自覚している場合も多いのですが、どこを直したらいいのか、自分ではわからない人も多いのではないかと思います。

決して、「コミュニケーション能力が高い=話がうまい」ということではないのです。

今回は

  • コミュニケーション能力が低い人の特徴
  • コミュニケーション能力がある人とない人の違い

この2つのポイントでお話ししていきたいと思います。

ほそゆうのプロフィール
  • 月9800円!会員数7.5万人✖️オンライン無制限サポート。結婚相談所「ウェルスマ代表カウンセラー
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • 【登録者1200人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営
目次

コミュニケーション能力が低い人の特徴

最初に、コミュニケーション能力が低い人の特徴を、2つお話し致します。

受け身の姿勢で待っている人

この特徴は、女性に結構多く見られます。

具体的に言うと、

  • 自分からは質問をあまりしない
  • 自分から相手に興味を持とうとはしない
  • 相手に楽しませてもらおうなど、相手からの働きかけを待ってしまう

という特徴があります。

残念ながら、テレビでお笑いを見ている場合のように、向こう側が一方的に楽しませてくれるという環境は、普通のコミュニケーションではありません。

双方向が会話を盛り上げよう、双方向が積極的に働きかけようとしない限り、なかなか盛り上がらないのです。

思考停止に慣れてしまうのは危険

このように受け身のコミュニケーションになってしまう理由として、常に情報を浴びているからなのです

例えば、SNSやYoutube、最近ではTikTokのショート動画などでは、短時間で楽しめます。
自分は、ボケーっとベッドで寝転がりながら見ているだけで、面白くて笑わせてくれる動画が沢山あります。

正直そういうのを浴びすぎて、昨日何を見たのか覚えてない、極端に言うなら1時間前に何を見たのかすら覚えてない場合も多いと思います。

最近では、Netflixなどで映画やドラマなども、簡単にたくさん見られるようになったので、1日に何時間も何時間も見続けていると、思考停止して情報を浴びることに慣れてしまうのです。

考える癖がなくなると、自分から頭を働かせてまで、相手に興味を持とうとする思考がなくなってしまいます。
気になる人には、自然と興味が湧くものだと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
思考停止している癖がついていると、いくら相手が自分のタイプで素敵だなと思っても、なかなか自分から相手に働きかけて、質問する姿勢にならないのです

ほそゆう

婚活では、自分からは何もお相手に質問しなかったのにも関わらず「話しがそこまで盛り上がった感じはしませんでしたね」と言う方がいらっしゃいます。

自分の結婚相手なのに、判断基準がわからない

自分から積極的に会話をする様子が見られないと、結婚する気がないようにこちらからは見えます。しかし、本人は結婚したいと言い、今すぐでも早く決めたいと言うです。

シンプルに考えると、普通は結婚したいと思うのであれば、相手に求めるものは、明確になるはずです。
そして、相手についてもっと色々と知りたいのが、自然な流れなのかもしれません。

しかし、情報を浴びる癖や受け身の姿勢でいる癖が付いていると、自分はただ座っているだけでも、相手の方から結婚したいと思うようなプレゼンテーションをしてくれたり、面白い話しをして魅力的な人間だとアピールしてくれると、脳が勝手に思ってしまっているのです。

だから、何人とお会いしても、「なんとなくいい人だった」「なんとなく盛り上がった」
その辺の軸でしか人を判断することができないので、結婚に向けた話が進みません

さらに、お相手からすると、「この人は自分に興味がないのだろう」と思われてしまうので、向こうからお断りされるケースも多いのです。

この傾向は、情報を浴び続けた人も多いですし、また親が何でもしてくれた人、自分が座っているだけで色々と世話に焼いたり、溺愛して何でも与えてくれた場合にも見受けられます

仕事でも、基本的に振られたタスクをこなしていくようなお仕事をされている場合には、自分からアクティブに相手を知るために、話しを聞く癖がついてない人も多いなと感じます。

一方的な情報発信をする人

もう一点、コミュニケーション能力が低いと感じる人の特徴として、一方的な情報発信をする人です。

これは、今お話しした受け身の人とは対照的なのですが、とにかくベラベラベラベラ延々と喋るタイプの人です。
もちろん、自己開示をすることは婚活では大切ですが、ただ相手がどういうリアクションをしているのか、相手が何かしゃべりたがっていないのか、きちんと相手を見て自分の話しをする必要があるのです。

相手の反応は気にしない

これもSNSで、自分のつぶやきたいことだけつぶやける環境が、影響しているのかなと考えます
SNSでつぶやく時に、「あの人はどう思うかな」「この人はどう思うかな」と一つ一つ考えて発信してする方は少ないでしょう。

SNSを本音の吐き出し場所として使っている人も多いと思います。
つまり、相手の反応を見ないで自分の言いたいことを言うことに慣れてしまっているのです。

相手を前にしても一方的に話す

このように一方的な発信をしてしまう方は、実際に相手を目の前にした時に、どういう話をしたらいいのか、どういう温度感で話をすればいいのか掴めないことがあります。

基本的に、相手は毎回違うわけですから、自分が話す内容も相手によって違うべきですし、相手の反応などを見て変えるべきだと思います。

でも、実際お見合いすると、特に相手があまりしゃべらない人の場合では、何を話したらいいかわからいことも相まって、とにかく自分の話を一方的にするのです。

また、一方的な情報発信に慣れてしまうと、相手から反論や否定されたりすることに、慣れていません。

つまり、自分の都合のいい発信や自分の都合のいい話だけすることに慣れてしまい、双方向のコミュニケーションは面倒に感じてしまうのです

ほそゆう

残念ながら、極端な受け身や相手を顧みない情報発信をしてしまう人は、コミュニケーション能力が低い人と言えるでしょう。

コミュニケーション能力がある人とない人の違い

では、コミュニケーション能力がある人がどういう人なのでしょうか?

相手と具体的な会話が出来る

ひと言で説明するのであれば、「相手のことを知ろう」「相手のことに興味がある人」ということになります。

婚活において、別に上手に話しが出来る必要はないのですし、トークの特別なテクニックや技術を磨く必要はないと思います。

相手に興味を持つことが出来れば、自然と色々な質問が出てくるのです
そして、心からの純粋な興味だと、会話をする姿勢にも表れ、形式的な会話ではなくて、具体的に興味を持って会話をすることが出来るのです。

ほそゆう

でも、いきなり相手に興味を持とうとしてもなかなか持てず。表面的な会話になってしまうことも、良く理解出来ます。

まずは、自分のことを知る

では、どうしたら相手に興味が持てるのかというと、結局人間は一番興味があるのは自分なのです

まずは自分がどういう人と結婚したいか考え、結婚するに辺りどういうことを相手に確認しておきたいのか、どういうところが気になるのか、前もって考えておき、質問することです。

自分の結婚を考えていく上で

  • 自分はパートナーと長い時間一緒にいたいのか
  • ある程度自立して仕事も続けていく生活をしたいのか

など、自分にはどちらが向いているのか判断出来ない時には、相手の方の意見や考え方も聞いてみたいと思うはずです。
すると、自然と質問がどんどんと出てくるようになります。

だからこそ、まず相手に興味を持つことも大切ですが、その前段階として自分が結婚について真剣に考え、結婚相手を選ぶ際にどういう軸で判断するのか色々と考えておくことが、相手への質問や興味につながっていくのです

コミュニケーション能力は、いきなりアップすることはありません。
やはり場数を踏んだり、色々な方とコミュニケーションをとる中で、日々反省し少しづつ改善することで、どんどんと上昇していくものです。

まとめ

コミュニケーション能力というのは、婚活以外にももちろん仕事でもそうですし、友人や家族、今後の生活で関わる人と関係を築いていくという上でも、とても大切になってきます。

婚活だけにとらわれず、長期的に考えて、徐々に徐々にコミュニケーション能力を磨いていくことを意識してみてもらえれば良いのかなと思います。

PR: 月9,800円!登録会員数&成婚数No.1の結婚相談所「ウェルスマ」

会員72,293人(2020/9現在)
地域全国(オンライン対応)
料金9,800円/月〜
サポート専任カウンセラーによる回数無制限LINE/Zoomサポート
申込人数最大30名/月

ウェルスマはコンサルファーム出身者が従来の結婚相談所運営を徹底的に見直し、月9,800円とリーズナブルな価格ながら、理想のパートナーと出会うための充実の環境・サポートを実現させました。オンラインで自宅から婚活できます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚者数の実績を誇ります。

またオンライン(LINE/Zoom)で専任カウンセラーに無制限に相談可能なので、個人の状況に応じて婚活を進めていくことができます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚率の実績を誇ります。

ほそゆう

私が代表カウンセラーを務めています。他には無い密なサポートが特徴です。まずはお気軽にご相談ください!

\【限定10名】入会金半額+月9,800円で始められる!【4/14まで】

よかったらシェアしてね!

【10/31まで】入会金+成婚料無料。必要なのは月9,800円のみ!

\1年以内の結婚を目指すなら。結婚相談所「ウェルスマ」/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

▶︎結婚相談所中の人×現役コンサル社員
▷結婚相談所「ウェルスマ」運営
▶︎25万人以上閲覧「出会いのGuidebook」編集長
▷Youtubeちゃんねるは「ほそゆう」で検索

目次
閉じる