結局婚活を楽しんだ人が理想の相手と結婚できる

はじめまして。

ほそゆうともうします。

婚活メディアを立ち上げて4年、これまで100社以上の婚活サービスを取材し、婚活をしている方にも100人以上会って取材を重ねてきました。

今は結婚相談所の運営もしています。

婚活中の皆さんの話を聞いているいつも受ける印象がありました。

「婚活が辛そう」

TwitterやSNSでも婚活はハードだといったツイートを頻繁にみますし、「婚活は辛いものだから頑張らなきゃ・・・」と日々頑張っている方も多いと思います。

頑張ることは素晴らしいことだけど、残念ながら結果が出ない人も多い。

実際僕自身も婚活はハードだから、根気よく続けようなんてお恥ずかしながら発信していました。

そこで僕はふと思いました。

どうせ婚活するなら楽しいものにできないか。

婚活って1人では感じることができない幸せを手に入れるために、本来ワクワクしながらできるはずなのに。

そこで考えました。婚活を辛くさせている原因は何か。

・高望みするな。自分の価値をわきまえて理想の条件を下げなさい
・アラサー以上は求められていない。身の程を知って婚活しなさい
・いい人なんだから、好きになれないとかわがまま言うな

こんな事を言われて楽しく活動できるわけがありません。

理想の未来を手に入れるためのワクワクするはずの活動が、いつからか「お前は妥協して相手を選ばないと結婚できないぞ」と言われる始末。

確かに婚活ではお客様気分で相手を選ぶような態度ではうまくいきません。相手も人間ですから。

でも自分の理想の未来を堂々と掲げて、そのような家庭を築けるパートナーを探すのは、素晴らしいことじゃないでしょうか。

・自分の理想を堂々と宣言する
・本当に好きになれる人を探す
・そのために頑張る

こんな前向きな婚活があってもいいのではないのか。

結局いくら自分を論理的に説得して、妥協した婚活をしようとしても、心がついていきません。

こんまりさんの「ときめく片付け術」で多くの人が片付けをしようと行動できたのは、片付けをすることで心のときめきを感じられたから。

「片付けてない人はだらしがない」「片付けは人としてすべき」と片付けの必要性をいくら論理的に説いたとしても、「それは分かっているけど、めんどくさいんだよねー」で実際に取り組む人はほとんどいないですよね。

同様に「あなたの価値はこのくらいだから、10歳上じゃないと無理」「結婚は恋愛と違うんだから好きじゃなくてもいい人ならいいじゃない」って論理的に言われても、心が動かない限り、納得はできないんです。

「でもそんなんじゃ結婚できないのでは?だから苦労しているんだよ」

そのようなご指摘もごもっともです。

あなたの理想の条件を満たすパートナーとすんなり出会えて、すぐに結婚なんて、順調には進みません。

人対人のことですから。

でも実際理想も妥協せず、好きなパートナーと結婚している人がいます。

なぜ好きなパートナーを見つけられたのか。

「ルックスがいいから?」

「相手に妥協したから?」

どちらもNoです。

理想のパートナーと結婚する人は自分と向き合い、本当に求めていることに気がついた人です。

自分と向き合えるようになると、より幸せに生きれる上、理想のパートナーも見つけられます。

目次

理想を下げるのが無意味なわけ

「理想を下げて妥協しろ」
「婚活で恋愛を求めるな」

このように言われたことがある方も多いのではないでしょうか。

残念ながら好きでもない人を、いい人だからといって好きになろうとしても好きにはなれません。

なんとなく違和感は感じるけどいい人であることは間違いないし、付き合ってみようかな。

こうして付き合っても結婚はおろか、数ヶ月後に別れる運命が待っているでしょう。

(「お金があれば好きでなくても結婚できる!」という紀州のドンファン妻のような人もごく稀にいるかもですが、そんな人はある意味悩まず結婚できるでしょう)

人間は頭ではなく心で動きます。

いくら頭でお相手が条件を満たしているからといって、好きになれないものは慣れません。

正確にいうと理想の条件にはあてはまってはいないのです。

年収、身長などの目に見えるスペック面の条件にはあてはまっているかも知れませんが、自分でも気がつきにくい価値観や考え方といった内面の条件に当てはまっていないのです。

実はこの内面の条件が理想の相手を見つけるためのキーとなるのですが、言語化しずらく気づくのが難しいものでもあります。

この内面の条件を洗い出しかたはアクションワークで説明します。

婚活でも恋愛していい

「いつまでも恋愛を求めてると結婚できないよ」

婚活カウンセラーの方や周りの友人にこう言われた方も多いのではないでしょうか。

結論「恋愛しちゃってください」。

この人好きだなー。もっと一緒にいたいなー。居心地いいなー。

そんな感覚を持てる相手を見つけてください。

繰り返しになりますが、好きでもない相手と結婚することは無理です。

もし頑張って結婚しようとしたとしても、最後の最後に限界がきて、お別れをすることになります。

万が一そのまま結婚までいったとしても・・・

違和感を抱えたまま結婚生活を送りたいでしょうか。

ただ1つ恋愛するにあたっての注意点があります。

白馬に乗った王子様を追い求めるのは辞めましょう。

あなたのために尽くしてくれて、いつもエスコートしてくれて、キュンとするようなセリフを投げかけてくれる。

そんな男性には現実にはいません。

いたとしてもそのような男性は女性を落とすことを生きがいとする、結婚相手からは程遠い相手です。

恋愛にはドーパミン的恋愛オキシトシン的恋愛があります。

ドーパミンとは、興奮状態になった時に出る、快楽物質のようなものです。

「第一志望の会社に合格する」「他人から賞賛される」時などに出ます。

恋愛では、好きな人と会ってキュンキュンしている状態の時に出ます。

好きすぎてたまらない、会いたくて会いたくて震える、そんな情熱的な感情です。

ただしドーパミン的恋愛は長続きしません。

慣れてしまうと、前ほどの好きを感じなくなってしまいます。

一方オキシトシンは、安心した時に出る心地よさのことで、「幸せホルモン」と呼ばれます。

動物と触れ合っているときに感じる安心感や、家族といる時の居心地の良さがまさにオキシトシンです。

恋愛では「この人と一緒にいると落ち着く」「居心地がいい」といった感覚です。

オキシトシンは長期に渡って続きます。

婚活で求めるべきは、もうどちらかわかりますよね。

パートナーとして一緒に家庭を築きあげていくのに必要なのは、オキシトシン的恋愛です。

婚活では「オキシトシン的恋愛」を目指しましょう。

ちなみに1回のデートでは緊張していてドーパミン優位な状態になるので、あまり相手の深い部分がわからないと思います。

なので2,3回デートを重ねてみて、この人と一緒にいると心が繋がれるかを確かめあっていくことがおすすめです。

理想の相手と結婚するためにはまず自分を好きになろう

理想の相手と結婚するために一番大切なのは、外見を磨くことでも、男性について勉強することでもなく、自分を好きになることです。

自分が嫌いな人は本当に好きな人とお付き合いすることは残念ながらできません。

お買い物に行って店員さんに

「この商品はあまりいい商品ではないんですけど買ってくれませんか」

と言われたらあなたはその商品を買いますか。

「良くない商品なのに買うわけないじゃん」

となりますよね。

自分が嫌いな人は、相手に対して同じことをしているのです。

「自分に自信なんて持てないよ」

そう思うのもとても理解できます。

でも仮に自信を持てた人生を想像してみてください。

どんなに生きやすいかと思いませんか?

自己肯定感をあげるためには、何か特別なことをしなければならないと思われるかも知れません。

でも自己肯定感と仕事や学業などでの実績は全く関係ありません。

自分を認めたあげられるかどうか。

実は私自身、中学生頃から自己肯定感の低さに悩まされました。

・自分の意見を言って会話の空気を壊してしまったらどうしよう

・こんな好きな人に振られたらどうしよう

しかも不思議なことに現実になるんですよね。笑

一言でいうと生きていてしんどい。

そして自己肯定感を低い自分を責め続けた結果、高校3年の時に「社会不安障害」になってしまいました。

何か実績を残せば自己肯定感を高められると思い、大学卒業後はとにかく仕事で結果を残すことに打ち込みました。

結果、自分が目指していた仕事での結果は残せたものの、やはり自己肯定感の低さはあまり変わりませんでした。

結局何か目標を達成したとしても、周りと比べてしまい、まだまだだと感じてしまうんですよね。

そして人と比べている限り永遠に続きます。

そんな時、自己啓発本を読んでいて「自己肯定感は自分で自分にかける言葉で決まる」ということを知りました。

試しに1分間この記事を読むのをやめて、そっと目を閉じ、何もしないでいてください。

いかがでしょうか。

何か考えずにはいられなくなったのではないでしょうか。

これこそが、自分が自分に常にかけている「内なる声」です。

人間は自分自身に常に声をかけています。

他人に何か言われることよりもはるかに多い。

この「内なる声」で自分を責めている人というのは、自己肯定感が低くなるのです。

「自分はモテないから素敵な彼とは釣り合わない」

「高望みをしようとしている自分はなんておこがましい奴なんだ」

こんな声を常にかけていると自己肯定感は落ちていく一方です。

で自分を批判する「内なる声」を止めること。

そしてポジティブな声がけをすることが自己肯定感を高めることにつながります。

さてここまでのお話をおさらいすると、

・理想の相手と結婚するために一番大切なのは自分を好きになること
・理想の相手に出会うためには自分と向き合い真の理想条件に気がつくこと

というお話をしてきました。

ここからは実践編です。

・自分を好きになるための「内なる声」改善ワーク
・真の理想の条件の見つけ方

についてお話をしていきます。

結構ボリュームがあったと思うので、一息コーヒーでも飲んで頭をリフレッシュして、読み進めてくださいね。

自分を好きになるための「内なる声」改善ワーク

さてリフレッシュできましたでしょうか。

ここからはまず自分を好きになるための「内なる声」改善ワークを始めます。

「内なる声」とは自分が自分に対して、無意識のうちに投げかけている声のこと。

自分を批判する「内なる声」に気がつき、ポジティブな声がけに変えていきます。

①「内なる声」に気がつく方法

「無意識に自分に投げかけている声に気がつくのは難しそう」

と思われるかも知れませんが、ポイントをお話していくので安心してください。

内なる声を聞く方法は2つです。

・リラックスした姿勢で座り、そっと目を閉じて、内なる声に耳を傾ける
・ネガティブな感情を感じたら、自分の内なる声を耳を傾ける

特に2番目の方法は病んだり、落ち込んだりするのを防げるのでとてもおすすめです。

病んだり、落ち込んだりする時って、誰かに何かを直接言われたというより、何かの出来事がきっかけで内なる声で自分を批判していることが原因の場合が多いんですよね。

お見合いで気になる人がいたけど断られてしまった。

そんな時「自分が可愛くないから」「デート中緊張してうまく話せなかったからだ」とか、色々自分を批判してしまって落ち込んでしまうんです。

もしかしたら、たまたまお相手が仕事が忙しくて、婚活を辞めただけかも知れないですよね。

私も過去の恋愛で好きな人ができた時、どうしても不安になることがありました。

当時の彼女はこちらから告白してお付き合いをし、もう1年ほども付き合っていたのに、嫌われないか常に不安だったのです。

当時はその不安に苛まれ、彼女に嫌われないようにしようとしすぎた結果、一緒にいても気を遣われていてシンドイと振られてしました。

今となって振り返ると不安を感じた時、「コミュ力もないし、男らしくもない自分はそのうち振られる」と自分で自分を批判していたことに気がつきました。

内なる声に気がついたときは、携帯のメモなどその声をメモしましょう。

また、1日の終わりにその日感じたネガティブな気分を振り返り、その時どんな声を自分にかけていたかを振り返るのもおすすめです。

(他人からの批判でなく、自分で自分のことをこんな批判していたのかと驚くはずです。)

②ポジティブな声にかえる

批判の内なる声に気がついたら、次はそれをポジティブな声に変えていきましょう。

例えば先ほど、私が彼女と付き合ってた時に「男らしくもないし自分はそのうち振られる」という批判の声に気がついてからは

「確かに男らしい体育会系のタイプではないけど、物腰柔らかさがあるし、話をしていて安心感があると言ってもらえることが多い。タイプが違うだけ。」

と捉え方を変えました。

大原則として「ありのままの自分でいい」「生きているだけで素晴らしい」と考えるようにしましょう。

仕事をしている人であればしっかり仕事に行っているだけでも素晴らしい。

もし仕事をしていなかったとしても毎日生きているだけで素晴らしい。

そして何より将来のことを考え婚活をやろうとしているだけで素晴らしい。

「ありのままの自分でいいって言われても、なかなかそう思えないから苦労しているんだよ」

それもとてもわかります。

コツとしては、今のまま自分を批判し続けたらどうなるのかを考えてみましょう。

私の場合は

・他人と比べて、自分はダメだと批判する人生を続けるとずっと他人と競争し続ける人生になる。そんな人生送りたくないよな。死に際にきっと後悔する

・今はダメだから頑張るという思考は、たとえ目標を達成できても、また新たな目標ができて、結局今はダメと思ってしまう、だったら今の自分も誉めたあげよう

・最後は死ぬんだから、立派になっても意味がない。だったら楽しみながら生きよう

と考えてからは、「ありのままの自分」も認めてあげようと考えられるようになりました。

批判的な内なる声を自分にかけてしまう人は、自分に厳しい人です。

その厳しさのおかげで今まで素晴らしい人生を生きてくることができたということもあるでしょう。

でもずっと厳しい声だけをかけて頑張って、何かを手に入れたとしてどうなるか・・・。

間違いなく厳しい声をかけ続けるだけなんです。

そんな人生幸せでしょうか。

ポジティブだけではダメでネガティブもないと人は成長できないしと言われることもあります。

でもあなたは思いっきりポジティブに声がけしてOKです。

それくらいでも元々の日本人は多すぎるくらいのネガティブを持っているので、バランスが良くなるはずです。

最後に1つ。

自分を批判する声をやめようと思ってもなかなか難しいと感じることもあるでしょう。

その時、批判する声をかけてしまう自分を批判しないこと。

それも「ありのままの自分」認めてあげることに繋がりますよ。

ハッピーオーラな人にはハッピーな人が集まる

類は友を呼ぶというように、ハッピーな人はハッピーな人に惹きつけられます。

反対に暗くてネガティブなオーラをまとっている人には、やはりネガティブオーラをまとった人が集まります。

結婚したらどんな家庭を築きたいですか?

もちろんハッピーな家庭ですよね。

「内なる声」をポジティブに変えると自己肯定感が高まり、ハッピーなオーラが出るようになります。

すると婚活でも素敵な人が寄ってくるようになるんです。

少しスピリチュアルな感じがするかも知れませんが、引き寄せの法則などと言われたりもします。

でもこれって本当で、友人グループや夫婦を考えてみると、似ている人が集まっているなというのはわかりますよね。

男性がこの女性と結婚したい!と感じること

男性がこの女性と結婚したいとどこで感じると思いますか。

顔可愛い?スタイルがいい?愛嬌ある?

これは恋人にしたい要素ではありますが、結婚となると違います。

それは「心で繋がれること」です。

自分の全てをさらけ出すことができる。

自分の弱い部分、コンプレックスも引かずに受け入れてくれる。

こんな女性と一緒にいたいと感じます。

つまり心と心で繋がることが大切なのです。

そのために必要なのが、自己開示です。

あなた自身について、取り繕わず本音を語れることで、相手も本音をさらけ出してくれます。

「本音をいきなりさらけ出すのは恥ずかしい、嫌われないか不安」

こう感じている女性は非常に多いと感じます。

でも当たり障りのない会話だけで心で繋がることができるでしょうか。

「休日は何しているんですか?」「友達とお茶したりNetflixみたりです」「何みるんですか」「まぁ色々と・・・」

このような情報のやり取りだけの会話をしても、一向に仲は深まりません。

1回目のデートはもちろんこのような会話でもいいですが、2回目、3回目とより踏み込んだ会話をしていく必要があります。

かくいう私も自己開示がとても苦手で、今でも何でも誰にでも話せるようなタイプではありません。

自己開示をするのは「人と違うことへの勇気を持つ」ことです。

自己開示をして相手と深いレベルで会話できた時の気持ち良さは格別です。

それに自己肯定感をあげることで、「自分は自分でいいんだ」という感覚が身につくと、どんどん本音をさらけ出せるようになります。

感覚としては、親友と同じような感覚を持つといいです。

あなたは親友といる時、どんな会話をしますか。

婚活でお会いする相手には、嫌われるかもと思って何かを隠していないですか。

いくら取りつくろって、あなたのイメージする「モテる人間」を演じようと相手には見抜かれるし、それにあなたが考える「モテる女性」は相手にとって刺さらないかもしれません。

結局はモテる、モテないよりも心で繋がれるかが大切なんです。

「本音って何を話せばいいのかわからない」

このような気持ちもわかります。

以前、私もデートした女性に「ほそゆうさんって本当のとこ何考えてるかわからない」と言われたことがよくありました。

当時は自分でも何か隠しているつもりはなかったので、凄く戸惑いました。

しかし振り返ると「これを言ったら嫌われるんじゃないか」と常に考えて、「あっこれは言わないでおこう・・・」と無意識に本音を言うのをためらっていたのです。

でもなんかよくわからない人では、絶対に深い関係は築けないですよね。笑

話がそれました。

本題に戻ると「私ってこう言う人間なんだよね〜」と本音を話し始められる方はなかなかいないでしょう。

その時におすすめなのが「きっかけトーク」です。

「その会社に入ったきっかけは?」「その学校を選んだ理由は?」

このような転機には必ず人それぞれの理由があります。

そのため自然とその人の考え方や価値観といった話になりやすいのです。

例えば、

女性:なんで今の会社に転職したんですか?

男性:もっと楽しい仕事がしたいと思って

女性そうなんですね。前の会社はどんなとこがあまり楽しくなかったんですか?

男性:年功序列であまり仕事のレベルが変わらなくて。女性さんは仕事はどうですか?

女性:私も仕事はチームで協力しながら進めていきたいので、今のイベントの仕事は楽しいと感じてます。

この会話から

男性:どんどん難易度が高いことや新しいことに挑戦していきたい

女性:チームで協力しながらみんなで目標達成したい

と言う価値観を持っていることがわかりますよね。

もちろん婚活の1回目のお見合い、デートで本音をさらけ出すのは難しいでしょう。

だから2、3回目のデートはお酒でも飲みながらリラックスして話すのもオススメです。

真の理想の条件の気づきかた

あなたにとって理想の条件って何でしょうか?

身長170センチ以上、年収700万円以上、爽やかで明るい人で・・

ではその理想のタイプの人と会ったとき、「この人と結婚しよう!」と思えましたか?

必ずしもそうではないですよね。

本当に理想のタイプなのであれば、結婚しようと思えるはず。

でも実際は

「話してみるとなんか違った」

「いい人なんだけど、好きにはなれない」

そんな経験があるのではないでしょうか。

つまりあなたの真の理想の条件とは、身長でも年収でも、見た目でもなく、他にあるはずなのです。

繰り返しになりますが、直感で好きになれない人を好きになろうとしても、無理です。

だからいくらあなたが理想の条件を妥協しても好きな人には巡り会えないのです。

大切なのは理想の条件を妥協することではなく、真の理想の条件とは何かを理解することなんです。

では真の理想条件はどうしたら気づけるのか。

一つのヒントはあなたが仲良くなる人はどういう人が多いか。

そこにもヒントがあります。

例えば私の場合は、友達に「ある程度能天気な人。でもしっかり自分の人生に責任を持って前向きに生きている人」が多い。

恋人と友達は違うという意見もありますが、生涯のパートナーとなると親友に近いのです。

もう1つは多くの人に会うこと。

おしゃれして気合いを入れていざデートに行ったけど、残念ながら相性が合う人ではなかった。

そんな時は「私ってこのままいい人に会えるのかな…」かなり落ち込みますよね。

ぜひご縁がなかった人との機会も、真の理想条件を見つけるための機会と考えてみてはどうでしょうか。

「ご縁はなかったけどこの人のこういうところは良かったな!」「この人のこういうところはあまり好きではなかったな」と振り返ることで、あなたの真の条件が見えてきます。

この時注意すべきことが1つ。

好きではなかった点も素直に吐き出しましょう。

あなたはまじめで他人の悪口は言ってはいけないと考えているかもしれません。

でも自分の気持ちを押し殺していると、真の理想の条件は見えてきません。

それをお相手にぶつけるのはもちろんダメですが、自分1人で振り返るときは自分に素直でいいのです。

しんどくなっていい

「きになる人に振られてしまった」
「せっかくおしゃれしてワクワクしながら来たのに、会ったら最悪だった・・・」

婚活では避けて通れない道です。

だからしんどくなるのは当たり前だし、辛い時は思いっきり辛いなーといったほうがいい。

辛い気分の時は無理せず休めばいいし、婚活を忘れて映画を見たり、ドラマを見たりして現実逃避してもいい。

やってはいけないのは婚活がうまく行かないことを「内なる声」で批判すること。

「婚活がうまくいかないのは自分のせい」

自分を責めてしまうと内なる声は大きくなっていき「自分には価値がないんだ」と自分自身を否定することへとつながってきます。

「婚活は縁だし運だから、まぁしょうがない。今日は忘れて映画でも見よう」

これくらいでいいです。

振り返るのは気持ちが回復してからにしましょう。

あなたはそれなりに今まで楽しく生きてきたのだから、仮に婚活がうまくいかなくても楽しい人生を送れるはずです。

もしどうしても1人で抱えきれないというときはいつでも相談してくださいね。

婚活で一生続く幸せになる力が手に入る

いかがでしたでしょうか。

ここまで色々な話をしてきました。

婚活に向き合うことで、自己肯定感も高まり、様々な人と会うことで真の理想の相手も見つかる。

「私は別に意識高い系でもないし、早く結婚したいだけ!!」

でも自分の自己肯定感が低い状態で、好きでもない人となんとなく結婚したらどうなるか?

そのような結婚を選択した自分が好きになれず自分を責め続けることになります。

結婚がゴールではなくて、結婚して幸せになりたいですよね?

そうであれば、せっかくの婚活の機会、人生をより幸せにする機会にしませんか。

「楽しい婚活」で理想の相手と結婚する方法を週2~4発信中!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ少しでも今回のお話がお役に立てれば幸いです。

なお普段はyoutubeチャンネルにて「楽しい婚活」をテーマに理想の相手と結婚する方法を発信しています。

婚活がうまくいくことはもちろん、幸せな人生を送れるヒントもお伝えしています。

興味があればぜひチェックしてみてください。

\Youtubeチャンネルを見る/


よかったらシェアしてね!

出会いのGuidebookが運営する結婚相談所「ウェルスマ」

【限定】入会金20,000円OFF+交際できなければ活動費全額返金!!

\アラサー女性限定の結婚コミットサービス/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

・出会いの場を100社以上取材、体験
・婚活男女120人以上の婚活相談経験
・アラサー女性結婚コミットサービス「ウェルスマ+」を運営
・Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」運営
・Twitterフォロワー400人

目次
閉じる