【婚活女性】年収1000万円でまともな男性はいないんですか?

ほそゆう

こんにちは。結婚相談所中の人×現役コンサル社員のほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回は、

『高年収、年収1000万以上の男性と結婚したいです。お見合いは成立するんですが、何だかがまともな人がいません。』

このテーマでお話し致します。

婚活中の女性から、よくこのようなお話しをお聞きします。

年収1,000万円以上のハイスぺ男子とお見合いをしました。
でも、全然私の話を聞いてくれませんでした。
相手が自分の話しをずっとしており、たまに質問を振ってくれたと思っても、それに答えたら「うんそうなんだ、それでさあ」という感じで、また自分の話が始まりました。
コミュニケーション能力が著しく低いんです。

また、このようなご意見をいただくことがあります。

  • こちらから気を使って質問していることに全然気づかずに、自分の喋りたい事にしか興味がない
  • なんだか見た目がぱっとしていなくて、もう少し身なりをしっかり整えてほしい

確かに、年収1,000万円というと、ハイスペックな人というイメージがありますので、
「ハイスペック=人間的にもしっかりしている人」というイメージを抱きやすくなります

ただ、そのような人の中にも、コミュニケーション能力が高くなかったり、洋服に無頓着だったり、どこかしら得意不得意というものがあります。

ですから、ある程度不満を感じる方がいるのは仕方がないですが、ハイスペックな男性とお見合いする毎に、このような意見を言ってくる女性がいます。

どのような女性に多いのかというと、自分はいわゆるごく普通のノンハイスペックな女性なのですが、結婚相手には年収1,000万以上の男性を何としてもゲットしたいと考えている方に多いなと思います。

誤解がないように言っておきますが、女性もしっかりと頑張っていて、ハイスペックな男性と結婚するために美を追求したり、実際に見た目も綺麗な方がたくさんいらっしゃいます。

美貌は写真からしっかり伝わりますし、婚活の対策も積極的にしていて、プロフィールもしっかり真面目に書いている方が多いので、男性からは非常に申し込みが多い、いわゆる人気の女性である場合も多いです。

でも、ハイスペックな男性とお見合いが組めたとしても、なぜか真剣交際に進まないパターンが多いのです。

そこで、このように婚活を頑張っているにも関わらず

  • ハイスペックな男性となかなかフィーリングが合わないのはなぜか
  • どのような対策をすれば、真剣交際に進めるのか

について、ポイントをお話し致します。

ほそゆうのプロフィール
  • 月9800円!会員数7.5万人✖️オンライン無制限サポート。結婚相談所「ウェルスマ代表カウンセラー
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • 【登録者1200人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営
目次

ハイスペックな男性とフィーリングが合わない理由

なぜハイスペックな男性とノンハイスペックな女性では、違和感があり真剣交際に進めないのでしょうか?

バックグラウンドの違い

ノンハイスペックだけど頑張っている女性とハイスペックな男性はなぜフィーリングが合わないのか、一言で言うとバックグラウンドが違う場合が多いからです

バックグラウンドとは、例えば育った環境です。中高を地元の公立で育った人と、東京の私立に通った人では、やはりどこかしら価値観が違います。

また、親の職業や親の学歴などによっても、やはり志向性が変わってきます。どちらが良い悪いということではありません。

例えば、親が有名大学出身で超一流企業に勤めており、昇進して役員にまでなられた家庭のお子さんと、地方で高校を卒業して工場に勤務をしてコツコツ働いていた家庭のお子さんでは、やはり子供の志向性が違うことは、イメージしやすいのではないでしょうか?

違和感を感じるのは当然です

この価値観や志向性は意外とすぐ変わりやすく、私も同じ大学を出た友人と10年後ぐらいに結婚式などで再開することがあったのですが、やはり10年間違う企業で働くだけで、かなり志向性が変わりますね。

ほそゆう

大学時代は同じような感覚を持っていると思っていた友人でしたが、10年経つと全然違う価値観を持っており、人生に求めているものがお互い違うんだなと感じました。

もちろんその違いを楽しむ意味で、こういう考えの人なのだと、許容範囲内であれば面白いなと思われるかもしれません。

しかし、バックグラウンドが大きくかけ離れている場合、違和感も大きく距離を縮めた付き合いには、発展しにくいのです

ですから、女性であっても結構バリバリと総合職で仕事をして、男性と同等か男性以上に活躍されている方ですと、年収1,000万以上の男性とも、価値観や考え方がすんなり合うケースもあります。

そもそもハイスペック男性の育った環境や仕事の環境などが、女性の環境と大きくかけ離れていると、どこかしら合わないなと違和感を感じることは、普通にあることなのです。

女性の考え方の問題

女性の考え方によっては、女性の条件に合うハイスペック男性は見つからないのではないかという思考の癖がある場合があります。
自分ではなかなか気づかないこともありますので、ここから解説いたします。

ハイスペック男性は完璧な男性ではありません

まず、ハイスペックな男性とはいえ人間です。

年収が高く仕事で活躍しているということは、1つの大きな魅力であり長所ですが、それ以外も全て完璧な男性というわけではありません

仕事上のコミュニケーション能力、例えば論理的に物事を考えて、不要なものをバサバサと切り捨てて邁進するなど得意かもしれません。
しかし、日常の気持ちを汲み取った会話などは、実はそんなに得意ではない、そもそもそういう煩わしさを持ちたくないから、ある程度割り切って話せる人が自分とは合うなと思っている男性もいるのです。

ですから、女性側は、

  • コミュニケーション能力が豊かで、性格は優しくて、自分の話もしっかり聞いてくれる
  • 仕事もバリバリできて、家庭のこともしっかり考えてくれる

こんな男性を想像してお見合いに臨んでいるのかもしれません。

しかし、いわゆる五角形が全て満点という男性は、なかなかいません。
ハイスペック男性だから、全て完璧にできると考えていると、気になる点や駄目な箇所が目につくのです。

男性は変わらないと考えてください

あともう一つは、少し厳しい意見として、女性から時折「もっと私の話を聞いてほしいから、そこは変えてもらえるように言っていこうと思います」と言う方がいるのですが、基本的には男性は変わらないと考えた方が良いです

逆の立場で考えてみてほしいです。誤解のないように言っておくと、人間に優劣があると言ってるわけではありません。
しかし、人生経験豊富で色々なことを経験した結果、今仕事で活躍されている人の場合、色々な人に会ってきているわけですし、色々な経験をしてきているわけです。

ですから、厳しい意見と思われるかもしれませんが、女性側に興味が持てるほどの経歴や生活などが備わっていないと、なかなか興味を持ってもらうことは難しいと思います

例えば、映画が趣味でも別に構いませんが、「へえ、そうなんだ」ぐらいで終わってしまうのも当然です。もちろん最初のお見合いなので、相手に興味がなかったとしても興味を持っているように振る舞いをするのがマナーだという意見もわかります。

でも、お互いに初回は取り繕って良い印象を与え、次のデートに繋がったとしても、その後だんだん素が出てくるにつれて、あなたに対する興味はどんどんなくなっていくかもしれませんし、男性の態度も冷たく感じていくと思います。

相手の男性に気になるところは必ずあるはずです
でも、それを変えようとしても基本的には変わりませんし、相手も五角形が全て10点満点の人間を求めてくるのであれば、無理をしてまでお付き合いしたくないという考えになってしまいます

人間は相手の欠点が目に付くものですが、欠点を受け入れた上で長所を見るように心掛けていく志向性の活動をしなければ、あなたの目指しているハイスペック男性と結婚することは難しいと思います。

真剣交際に進むために必要なこと

では、どうしたら心が通じあい、満足のいく生活が送れる彼を見つけられるのでしょうか?
一言で言うと、自分が今設定してる条件は、本当に幸せになるために大事な条件なのか、見直してみることです

話しが合う男性を見つけるには?

現在、年収1,000万円以上の男性を条件にしているので、

  • 年収1,500万円の男性がアプローチしてきたら、必ずお見合いをして、その男性との関係を頑張って繋げようとしている
  • 年収700万円や800万円の男性がアプローチしてきたら、1,000万円には満たないのでバサバサと切っていくし、お見合いはしない

という方針で活動しているかもしれません。

でも、先程申し上げた通り、バックグラウンドが全く違うような超ハイスぺ男性よりも、700万~800万円ぐらいしっかり稼いでいる上で、自分とある程度バックグラウンドが似ている男性の方が、話しは絶対に合うはずです。

ほそゆう

単純に条件だけで相手をふるいに掛けていないか、一度考えてみてください。話しが合う男性と楽しい時間を過ごすと、気持ちに変化があるかもしれませんよ。

あなたが望む結婚生活を手に入れるには?

年収1,000万円男性にこだわっている理由にもよりますが、正直に言ってしまえば、年収1,000万と800万円で生活の質が大きく変わってくるかというとそうではありません

ただ年収1,000万超えのハイスペック男性だと、目に見えたハイスペックなもの、例えばブランドの時計や洋服、住まいや趣味など、「Theハイスペック」みたいなものを嗜む方が多くいます。

しかし、現在年収700万~800万円の男性で大企業に勤務しているならば、この先もまじめに仕事をしていけば、1,000万円の年収は可能です
また、あまりハイスペックなものを身に着けたりせず、いい意味で素朴な生活を送ってる方が多くいます。

ですから、目に見えるハイスペックという面で考えると年収1,000万円男性の方が800万円より、圧倒的にハイスペックに見えますが、実際に使えるお金などは、そんなに大きく変わってこないのです。

むしろ、あなたが年収1,000万円は欲しいと言ってる理由として、子育てなどに十分なお金を掛けたいと思っているのであれば、年収1,000万円でハイスペックなものを買い漁る人よりも、年収800万円でも地に足ついた素朴な生活をしている人の方が、子供に使えるお金は多くなる可能性は十分にあり得ます

このように、あなたが相手の年収の額やハイスペックな見た目などに流されてしまわずに、将来の幸せに繋がるのかという観点で、もう一度冷静に考え直してみると、お見合いする相手も変わり、本当に心が通じ合う、安心して落ち着くような人と真剣交際に進めるようになると思います。

まとめ

私は年収1000万円以上の男性と結婚するのだと、頑張ることは決して悪い事ではありません。

でも、多くの女性はやっぱり心も通い合って本当に好きで、かつ、なるべくハイスペックの男性を見つけたいと思うのが本音だと思います。

今回の記事を読んでいただき、少しでもあなたの幸せな結婚への手掛かりになればと思います。

また、ハイスペックな男性とマッチングはするのに、そこからうまく活動が進まないとお悩み中の方は、LINEで無料相談を受け付けておりますので、私にぜひご連絡下さい。

PR: 月9,800円!登録会員数&成婚数No.1の結婚相談所「ウェルスマ」

会員72,293人(2020/9現在)
地域全国(オンライン対応)
料金9,800円/月〜
サポート専任カウンセラーによる回数無制限LINE/Zoomサポート
申込人数最大30名/月

ウェルスマはコンサルファーム出身者が従来の結婚相談所運営を徹底的に見直し、月9,800円とリーズナブルな価格ながら、理想のパートナーと出会うための充実の環境・サポートを実現させました。オンラインで自宅から婚活できます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚者数の実績を誇ります。

またオンライン(LINE/Zoom)で専任カウンセラーに無制限に相談可能なので、個人の状況に応じて婚活を進めていくことができます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚率の実績を誇ります。

ほそゆう

私が代表カウンセラーを務めています。他には無い密なサポートが特徴です。まずはお気軽にご相談ください!

\【限定10名】入会金半額+月9,800円で始められる!【4/14まで】

よかったらシェアしてね!

【10/31まで】入会金+成婚料無料。必要なのは月9,800円のみ!

\1年以内の結婚を目指すなら。結婚相談所「ウェルスマ」/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

▶︎結婚相談所中の人×現役コンサル社員
▷結婚相談所「ウェルスマ」運営
▶︎25万人以上閲覧「出会いのGuidebook」編集長
▷Youtubeちゃんねるは「ほそゆう」で検索

目次
閉じる