結婚相談所で入会を断られる男性の特徴 ー女性に迷惑をかけるヤバい男性ー

ほそゆう

こんにちは。結婚相談所中の人×現役コンサル社員のほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回は、「こんな男性は結婚相談所に入会をお断りされる」というテーマでお話し致します。

結婚相談所には、もちろん入会資格というものがあります。
相談所によって多少の違いはありますが、年齢と独身であることを満たしていれば入れますという相談所が、主流となっています。

でも、残念ながら、入会できたとしても「こういう男性は少し結婚が厳しいな」「活動しても結婚できないだろうな」と感じることがあります。

もちろん、スペックなどの問題ではありません。
そういう会員さんの中には入会すると、「他の会員さんに迷惑掛かるかもな…」と感じる場合もあります

簡単に言ってしまうと、例えば周りの知人などで、「この人を誰かに紹介するのは少し気が引けるな」「正直あまり紹介したくないな」という方を想像して頂ければと思います。

そのような方に入会していただいても、他の会員さんに自信を持って、「この方と一度お話してみてください」とは、なかなか言いづらいのです。

もちろん大前提としてご紹介もしますし、放置したりはしないのですが、そういう方を入会させてしまうと、他の会員さんに迷惑が掛かったり、クレームがきたりします。

入会資格は満たしているので、「お断りします」とは言いませんが、「活動が難しいですよ」という現実は、ありのままお伝えするカウンセラーの方も多いと思います

今回は、「結婚相談所で活動しても婚活が難しい男性の特徴」を3つお話し致します。

ほそゆうのプロフィール
  • 月9800円!会員数7.5万人✖️オンライン無制限サポート。結婚相談所「ウェルスマ代表カウンセラー
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • 【登録者1200人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営
目次

結婚相談所に入会拒否される男性の特徴:女性に対して敵意がある

これは、例えば「女性はいいですよね」が口癖の人だったり、「女性ってこうこうこうなんで」という感じで、女性をどこか敵視して発言する方です。

思ったことを口にする

例えば、お見合いのお店選びの相談をその男性としていた時、ポロッと、「女性はいいですよね。どこへ行っても奢りで美味しいケーキを食べれて」というようなことを言っていました。

確かに事実としてそうかもしれませんが、それを口にポロッと出してしまう人は、残念ながら常識が備わっているとは感じられないですね。

また「女性っていいですよね、年収とかで見られないで。いい夫さえ捕まえれば一生楽な生活が出来るんですから」みたいなことを言う人も同じです。

女性ならではの悩みもある

男性だからこそ、「女性っていいよね」と思うことがあるかもしれませんが、女性は女性で男性のこういうところが羨ましいと思ってるところもあるはずです

ほそゆう

以前、女性からこのようなお話を聞いたことがあります。

その女性は仕事もバリバリやる人で、30歳ぐらいだったのですが、出来ればまだまだ仕事もしたいし、学びたいこともたくさんあると思っていました。
しかし、一方でやっぱり子供も欲しいという思いがあったのです。

男性であれば、仕事を35歳ぐらいまで全力でやり、そこから結婚を考えるのも、世間一般的には全然ありえる話だと言えます。
しかし、女性は、子供が絶対に欲しいと考えると、30歳ぐらいで婚活も始めないと…と思うのです

ですから、そういう女性から考えると、「働きたいだけ働けるし、子供のリミットも女性に比べて緩い男性は羨ましいな」という気持ちがあるのです。

思考が極端な人が多い

男性と女性では確かに違いがあります。

私も男性はこうです、女性はこうですという違いをお話しする場合もあります。

ただ、特に異性と接する時に忘れてはいけないのが、「男性も女性も対等である」ということです。
女性を敵視する思考を持っていると、その失礼な態度が外に出てしまい、女性に嫌われてしまうのです。

シンプルに考えると、「結婚したいです」と言って活動しているのに、そのパートナーとなる相手に対して敵視するのは、明らかにうまくいかないですよね

もちろん過去にひどい女性がいて、そのように思うようになってしまったかもしれません。
でも、女性は全てそういうものだと拡大思考するのは、「人間としての思考の視野が狭いのかな」「思考のレベルが低いのかな」と感じてしまいます。

こういう極端な思考というのは、例えば何か1回やって失敗したから、次も失敗するのではないかと感じることは誰でもあると思うのです。

けれども、この極端な思考が行き過ぎてる人は、残念ながら人間としての成熟度も低いのかなと感じてしまいます

良い縁に恵まれない

この言葉を使って説明するのが適切かわかりませんが、やっぱり縁が結びつくお見合いを組むためには、お互いの民度や人間としての成熟度がだいたい同じようなレベルの人と組まれるのです。

女性を敵視している人は、お相手の女性も、その期待に応えるかのように、やはり男性に対して失礼な態度を取る女性とマッチングしやすいのです。

優劣をつけるのは良くないと思いますが、やはり人間的に成熟している人は、いい人と出会いますし、逆にちょっと残念な人はそれなりの人とマッチングしていきます

ほそゆう

これは、僕自身も気をつけているので、参考までにお話し致します。

昔、周りにドタキャンするひどい人が多いなと思う時期がありました。
でも、もしかしたら自分も相手をぞんざいに扱っていたり、失礼な態度を取っているのかもと、ふと思ったのです。

そこで、とにかく相手のことをまず考えてみよう、自分が納得いかないことがあったとしても、相手はなぜそういう行動を取ったのか考えてみようと思いました。
そして、相手といる時は楽しい時間を過ごそうと、本当に嫌だったら自分から離れればいいという考え方に変えてみました。すると、周囲の人間関係が、尊敬できるなという人が増えてきたのです。

「人の振り見て我が振り直せ」と言いますが、まずは自分が女性を敵視しているという思考に気づく必要があるのです

結婚相談所に入会拒否される男性の特徴:カウンセラーを敵視する

これも1つ目の女性を敵視すると似ていますが、カウンセラーを敵視する人もいます。
こういう方は、自分はお客様なのだからという態度をとります。

友好的な人間関係は難しい

お客さんの中には、

  • こっちは高いお金を払うのだから、本当にいい人と会えるんですよね!!
  • 絶対にいい人に会えると保証してくれますか!?

などという態度をとる方もいます。

確かに心配事を全て聞くのは、お客様の権利でもありますし、不安になるのもわかります。

でも、やはりお客さんとカウンセラーの関係であっても、友達同士であっても、対人間であることは変わらないので、コミュニケーションの基本は一緒なのです。

友好的な人には協力的な関係を築けますし、友好的でなく、敵視してくる人に対しては、カウンセラーとしてサービスやサポートはしますが、やはり協力的に進めていくことは難しくなります

協力的な関係が築けると、本音も話せるので、「失礼かもしれませんが、この女性とこの女性、どっちにしようか悩んでいるんです」「見た目がビビッとくる人がいないんですよね」など、そういう話もできます。
また、例えばお見合いがうまくいかない時には、カウンセラー側からも、「○○さんはこういうところを、もう少しこうした方がいいんじゃないかなと思いますよ」「相手の女性から少し厳しめのフィードバックがありました」なども伝えやすくなるのです。

でも、敵視してくる人に同じように接することが出来るのかと言われたら、なかなか難しくなります

結婚相談所に入会拒否される男性の特徴:本当に結婚させてくれるのか?と聞いてくる

すごくシンプルに言うと、「わかりません」としか答えようがありません。

もちろん、成婚率や、自分のお目当てのタイプの人がどのぐらいいるのか、会員さん自身で確かめるのは大切なことなので、確認するのは何の問題もありません。

でも、普通の人ならわかると思うのですが、最終的に結婚できるかというのは、会員さん自身の問題なので、100%結婚出来るとは言い切れません

自分の要求が全て満たされるわけではない

「本当に結婚させてくれるのですか!?」というような態度の人は、他責思考の人が多いと思います。
他責思考とは、つまり他人の責任にする傾向が強いのです。

多くのビジネス、例えば転職エージェントなども含めてなのですが、「自分はお客様だから強い立場にいる。だから、入ってほしいのなら、こうしてくれ!」という強い要求をすることができると思っているのかもしれません。

でも、どんなサービスでも同じですが、やはりお客様というのは、こちらからも選ぶという権利があります

冒頭にも申し上げた通り、他の会員さんに迷惑をかける会員さんというのは、皆さんが気持ちよく婚活をできる場を提供するという意味合いからは、残念ながらお断りせざるを得なくなります。

そういう態度を取ってしまっていると、どこの相談所に行っても、基本的にお断りされることになってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
完全に当てはまっていなかったとしても、少し傾向があるかもというポイントがあれば、まずは見直してみることをお勧めします。

ただ、基本的には前向きに頑張ろう、素直に人の話を聞こうと考えている方に関しては、ぜひ一緒に婚活をしたいなと私自身も思っていますし、他のカウンセラーさんも同じだと思います。

スペックなどで足切りは、なるべくしないようにしていますので、ぜひ、前向きな気持ちで結婚相談所を活用してもらえればと思います。

PR: 月9,800円!登録会員数&成婚数No.1の結婚相談所「ウェルスマ」

会員72,293人(2020/9現在)
地域全国(オンライン対応)
料金9,800円/月〜
サポート専任カウンセラーによる回数無制限LINE/Zoomサポート
申込人数最大30名/月

ウェルスマはコンサルファーム出身者が従来の結婚相談所運営を徹底的に見直し、月9,800円とリーズナブルな価格ながら、理想のパートナーと出会うための充実の環境・サポートを実現させました。オンラインで自宅から婚活できます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚者数の実績を誇ります。

またオンライン(LINE/Zoom)で専任カウンセラーに無制限に相談可能なので、個人の状況に応じて婚活を進めていくことができます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚率の実績を誇ります。

ほそゆう

私が代表カウンセラーを務めています。他には無い密なサポートが特徴です。まずはお気軽にご相談ください!

\【限定10名】入会金半額+月9,800円で始められる!【4/14まで】

よかったらシェアしてね!

【10/31まで】入会金+成婚料無料。必要なのは月9,800円のみ!

\1年以内の結婚を目指すなら。結婚相談所「ウェルスマ」/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

▶︎結婚相談所中の人×現役コンサル社員
▷結婚相談所「ウェルスマ」運営
▶︎25万人以上閲覧「出会いのGuidebook」編集長
▷Youtubeちゃんねるは「ほそゆう」で検索

目次
閉じる