結婚しない男性が増えている4つの理由【男性の心理とは?】

ほそゆう

こんにちは。婚活サポーターのほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

今回は結婚しない男性が増えている4つの理由ということでお話をしたいと思います。

結婚しない男性は生涯未婚率の推移を見ると1980年は2%だったのに対し、2015年は23%と明らかに上昇してきています。
男性の4人に1人が生涯で結婚しないのです。

相談所の会員数を見ても、女性より男性の方が少ないところがほとんどです。

この記事を読んで頂いている方は、これから結婚したいと考え、絶賛婚活中という方も多いと思います。

なぜ結婚しない男性が増えているのでしょうか?

「昔のように、結婚しなければいけない時代ではなくなったのでは」と、思われる方もいらっしゃると思います。
確かに、それも1つの理由ではありますが、時代が変わっても結婚したい男性は多くいます。

結婚しない男性の心理を探ることが結婚の可否には大切なのです。
理由を理解できると、男性が結婚しようと思う動機もわかるので、結婚に近づくことができます。

反対に、結婚しない男性が増えている理由がわからず、ただ自分の結婚したいという気持ちを押し付けてしまうと、男性は去って行ってしまいます。

今回は「結婚しない男性が増えた理由」「具体的にどのようなアクションをとれば、男性に結婚したいと感じてもらえるのか」ということがわかるようになります。

ほそゆうのプロフィール
  • 月9800円!AI×専任カウンセラーが紹介する相手から選ぶだけ。結婚相談所「ウェルスマ」運営
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる
  • 経歴:東北大→NTTデータ→コンサル社員&婚活サービス企業経営
  • 詳しいプロフィールはこちら
目次

結婚が当たり前ではなくなった

1980年頃までは、結婚するのが当たり前という風潮がありました。

男性は働きに出て退職まで勤め上げ、女性は家庭に入り、夫をサポートし、子育てに専念するのが一般的でした。
結婚は社会的信用を得るためには必須とも考えられ、そのため結婚をしない人は変な人とさえ捉えられることもありました。

しかし現在では、結婚はしなければいけないものではなくなっています

独身で自分の人生を趣味や仕事に謳歌する生き方をしている方も多いです。

20、30代で、特に地方に住んでいる方の中には、父母や親戚から早く結婚するようプレッシャーをかけられ婚活を始める人もいますが、以前ほどそのような話を聞かなくなったと感じます。

都市部では、独身で自分の人生を謳歌しているコミュニティがたくさんあります。
これは女性も同じです。

つまり男性も「結婚しなければ社会的に変な目で見られる」「結婚は当たり前にしなければならないものだから、30歳くらいまでには結婚する」というプレッシャーや考え方がなくなったのです。

そのため、彼に結婚を決断させるためには、彼があなたを一生のパートナーとして逃したくないと感じてもらえるような関係性が大切になります。

気軽に繋がれ、寂しさを感じにくくなった

コミュニケーションが気軽にとれる

30年ほど前は、まだ携帯電話も普及してなく、人とコミュニケーションをとるためには、電話などで連絡を取り合い、予定を決めて直接会うが必要でした。
つまり誰かと会うまでのコミュニケーションのハードルが高かったのです。

さらに周囲が結婚をするようになると、結婚した友人や知人と気軽に会えないことがありました。
新たに独身同士の友だちを作ろうと思っても、あまり機会がなく気軽には作れなかったのです。

しかし最近は、スマートフォンの普及によって、SNSやオフ会といわれるイベントなどで新たな友人を作ることが簡単になりました。
特に都心部では、独身の男性も多いので、以前ほど孤独を感じることがなくなりました。

また、TwitterやFacebook、InstagramといったSNSやYouTubeなどでも知らない人と交流することが一般的になったため、家に1人でいながらでも誰かとコミュニケーションをとることが可能になりました。

長い時間人といるのは面倒臭い、しがらみのある関係は嫌いだという人にとって、自分がコミュニケーションをとりたい時だけ、自分のペースでとることができるそのような環境が整ったとも言えます。

結婚するといつまでも同じ人といなければいけなくなり、1人になりたい時でもなかなかなれないなどのわずらわしさを嫌う人たちは、自分のペースでコミュニケーションが取れる環境を快適に感じています。

つまりコミュニケーションが気軽にとれるようになった分、寂しいから一緒にいたいパートナーがほしいという動機での結婚は減ったのです

女性と簡単に知り合える

長くお付き合いをしていたから、当然結婚するかというと、必ずしも結婚するとも限りません。
ただ寂しさを埋めるだけではなく、それを超える関係性が男性と女性の間にあってこそ、男性も結婚したいと感じるのです。

例えば、恋人であればルックスが良く、愛嬌があるだけで良いかもしれませんが、結婚はそれだけでは決断できません。

マッチングアプリの登場で、新しい女性と出会うことは、とても簡単になりました。
ルックスや愛嬌が良くても、男性は正直に言うと飽きがきてしまうので、新しい女性と付き合いたいと考えてしまいます。

ほそゆう

では一体、このような男性は結婚を何で決断するのでしょうか。

それは、この女性は他の人と違い、特別な関係を築けているかということです。

男性は女性に弱みを見せるのが苦手ですので、弱みを見せられる女性は、特別な存在だなと意識します。
そのような支えてくれる女性に対して、この人を手放したくないと感じるので男性も結婚したいと感じます。

また、お互いに建設的な話し合いできるかというのも大切な要素です。

男性は、女性に感情的に振り回されるのは好きではありません。
特に将来のパートナーとなると、トラブルが起こった時や意見の相違があった時に、建設的に話し合える関係を築きたいと考えています。

詳しくは「男性が結婚を考えるキッカケ」という動画で解説していますので、チェックしてみてください。

【大好評!】ワンコイン婚活相談受付中!

結婚相談所カウンセラーのほそゆうが期間限定でワンコイン婚活相談会を実施中

婚活をどう進めるかわからない、婚活がうまくいっていないという方はに向けて、あなただけの婚活プランを提案します!

ぜひお気軽にご相談ください。

ほそゆう

「出会いゼロだったのが、結婚前提のお付き合いをするお相手に出会えた」など嬉しいお声もいただいております。

自分の時間やお金を取られたくないから

以前は学校を卒業したら、企業に就職して退職まで勤め上げるのが一般的でした。

一方、現在は転職もしながら、積極的にキャリアに挑戦するのが、かなり浸透してきています。
特に、20代30代という結婚適齢期と言われる年齢は、キャリアでも最も挑戦に適している時期なので、男性は転職を考える時期でもあります。

結婚してしまうと、自分のやりたいことだけではなく、家族を守ることも考えながら、キャリアを歩まなければいけなくなり、自分のやりたいことだけに集中して挑戦するのが難しくなります。

そのため、まずは自分のやりたい仕事に打ち込みたいと考え、結婚はまだしたくないと考える人もいます。
また、昔よりも色々な情報がネットで検索できるようになり、自分がやりたいことも、簡単に見つかるようになりました。

自分の趣味に時間を割きたいと考える人も増えていますし、お金がかかる趣味もあります。

結婚すると、奥さんや子供の生活費などもあるので、使える分がもちろん少なくなります。
そのため、自分の趣味ができなくなると感じ、自分にお金を使いたい思いから、結婚を敬遠する人もいます。

ほそゆう

このような自分の仕事や趣味などに、アクティブに時間を使いたいという男性と結婚したい場合はどうすれば、良いのでしょうか

それは、男性の仕事や趣味を尊重することが大切です。

「転職はリスクがあるからやめてほしい」とキャリアの挑戦を否定したり、「趣味ばかりに時間を割かないで欲しい」と言ってしまうと、結婚はしたくないなということになります。

彼のキャリアへの挑戦や趣味も尊重しながらも、お互いにどのような時間をつくるのかという考え方が大切です。

結婚してからは、二人の幸せも大切ですが、彼と自分自身のそれぞれの人生ももちろん大切です。
考え方ややりたいことが全て一致することはないでしょう。

だからこそ、彼の人生と自分の人生、そして2人の人生として、それぞれのやりたいことを尊重しバランスを取りながら、家庭を築いていくという姿勢が、彼の結婚したい気持ちにもつながります。

婚活で女性にうんざりしたから

昔は、婚活はー結婚できない人がするものだというイメージがありました。

しかし、現在では婚活は「早く結婚したい」「より良い結婚をしたい」と思う人が行います。
また、婚活に関する情報もたくさん出回っているため、いわゆる婚活の難易度も上がっています。

特に女性の方は、婚活についてしっかりと勉強して、多くの男性と会っている人も多いので、男性に求めるものも、以前に比べると高くなっている状況です。

このような婚活の状況で、これまであまり恋愛経験がない男性が挑戦するは少し難易度が高いものでもあります。

基本的に男性は女性をエスコートしなければいけません。
デートの場所を決める際も、どのような場所が気に入って貰えるのか考えたり、男性が女性のカフェ代や食事代をご馳走するという金銭面の負担もあります。
また、女性との会話にあまり慣れていない男性も多く、異性との恋愛経験がない人にとっては、ハードなものとなります。

ほそゆう

男性に求めすぎてしまうと、付き合いを続け結婚することに嫌気がさしてしまう方もいます。

女性からすると、ジェントルマンである程度女性の扱いに慣れている男性が良いという思いはわかります。
ただ、あまりにも完璧な男性を求めてしまうと、なかなか結婚相手は見つかりません

この方は、女性との経験が少ないだけなんだと理解しつつ、時には広い心で、男性ができないことは教えてあげるという姿勢で臨むと、いい出会いが得やすくなります。

まとめ:男性に結婚したいと感じてもらうには

時代的に結婚はしなくてもよくなったこともあり、結婚しない男性が増えているのも事実ですが、大切なのは、恋人を超える将来のパートナーとして支え合っていけると思えれば、男性は結婚したいと感じます。

そのためには彼と支え合い、とことん話し合える関係を築きましょう。

PR: 月9800円!AI×専任カウンセラーが紹介する人から選ぶだけ「ウェルスマ」

会員72,293人(2020/9現在)
地域全国(オンライン対応)
料金9,800円/月〜
サポート専任カウンセラーによる回数無制限LINE/Zoomサポート
紹介人数月5人紹介(自分で検索最大200名/月)

ウェルスマはAIと専任カウンセラーの知見を元にお相手を月に五人ご紹介。

お相手とのメッセージやお見合い日程の調整も不要なので、紹介される相手に申し込むかどうかを決めるだけ。

またオンライン(LINE/Zoom)で専任カウンセラーに無制限に相談可能なので、わからなくて挫折するということもありません。

現役コンサル社員でもあるほそゆうが、忙しい会社員でも挫折せず、活動できるサポート体制を考え抜きました。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しており7万人以上の会員、業界No.1成婚率の実績を誇ります。

\「デアガイを見た!」で入会金0円キャンペーン実施中/

よかったらシェアしてね!

【10/31まで】入会金+成婚料無料。必要なのは月9,800円のみ!

\1年以内の結婚を目指すなら。結婚相談所「ウェルスマ」/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

▶︎結婚相談所中の人×現役コンサル社員
▷結婚相談所「ウェルスマ」運営
▶︎25万人以上閲覧「出会いのGuidebook」編集長
▷Youtubeちゃんねるは「ほそゆう」で検索

目次
閉じる