ブライダルネットとスマリッジを徹底比較【おすすめなのは〇〇!】

ほそゆう

こんにちは。婚活サポーターのほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

費用を抑えて結婚につながる出会いを得たい場合、ブライダルネットとスマリッジはどちらのほうが良いのでしょうか。

ブライダルネットは婚活サービスを幅広く手掛ける大手IBJが運営なので、信頼して利用できる婚活サイト
スマリッジは結婚相談所のサンプルをリーズナブルに利用できる、オンライン結婚相談所

婚活目的に利用するのに、婚活サイトと結婚相談所のどちらが良いのか迷っている人も多いでしょう。

今回は、ブライダルネットとスマリッジをさまざまな視点から徹底比較します。

費用面以外の特徴も比較することで、自分の婚活スタイルにあう方はどちらなのかが見えてきますよ。

ほそゆうのプロフィール
  • 男性心理を元にアラサー女性の婚活を100人以上サポート
  • 婚活サービスを101社以上取材・体験
  • Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」、結婚コミット型結婚相談所「ウェルスマ+」運営
  • 経歴:東北大→NTTデータ→コンサル社員&婚活サービス企業経営
目次

ブライダルネットとスマリッジを徹底比較

さっそく2つのサービスを、費用、会員数、対応地域、紹介人数で比べてみましょう。

費用の比較ではブライダルネットの「1ヶ月プラン」と、スマリッジの「標準プラン」で比較!

ブライダルネットスマリッジ
初期費用0円6,600円
月額費3,980円9,900円
成婚料0円0円
会員数非公開約55,000人
会員の年齢層男性は30代、女性は20代後半~30代前半が多い30~40代中心
対応地域全国全国
紹介人数/申込人数最大42名/100名最大4名/10名
返金保証無し3ヶ月以内にお見合いできなければ返金
サポートチャットチャット・メール・電話
ほそゆう

ここからは、それぞれの項目について細かく解説してきます!

ブライダルネットとスマリッジの料金を比較→ブライダルネットがお得

ブライダルネットスマリッジ
入会金0円6,600円
月額費3,980円9,900円
年間活動費47,760円125,400円
成婚料0円0円

費用面では結婚相談所であるスマリッジよりは、やはり婚活サイトブライダルネットのほうがリーズナブルです。

スマリッジも成婚料が0円なのに初期費用・月額費用を低額に設定しているという点では、結婚相談所をかなりリーズナブルに利用できますよ。

ほそゆう

スマリッジは結婚相談所としては業界最安値!

ブライダルネットとスマリッジを1年利用した場合の料金→ブライダルネットがお得

婚活をはじめてすぐに出会える場合もあれば、長期化する場合もあります。

人生のパートナーを見つけるためには、じっくりと相手を見極める必要があります。

焦らず婚活を進めるには、負担の大きくならない費用で活動をすることがおすすめ!

1年間利用した場合、ブライダルネットでは47,760円、スマリッジでは125,400円の費用がかかります。

年間77,640円の差が生じていることからも、費用面だけを考えればブライダルネットがお得

スマリッジは結婚相談所としてのサポートなどを含めた料金価格として考えると、こちらも驚きの低価格ですよ。

ほそゆう

どちらもリーズナブルな価格設定なので、あとは自分がどのような会員層と出会いたいか、どの程度のサポートを得たいかなどを踏まえて検討すると良いですよ!

ブライダルネットとスマリッジの会員数→スマリッジが多い!?

ブライダルネットスマリッジ
会員数非公開約55,000人
(JBA,コネクトシップ加入)
会員の年齢層男性は30代、女性は20代後半~30代前半が多い30~40代中心
男女比非公開女性4.5:男性5.5
対応地域全国全国

スマリッジは一般社団法人日本結婚相談協会(JBA)、コネクトシップに加入しているため、約55,000人という会員のなかから出会いを探すことができるのです。

スマリッジ以外に入会している他結婚相談所の会員とも出会えるので、結婚に対する意識の高い異性との出会いが豊富!

結婚相談所は、婚活サイトよりも提出義務のある書類が多い特徴があります。
「独身証明書」「収入証明書」「学歴証明書」「資格証明書」など書類を用意し、手間をかけて入会しているぶん結婚に対する真剣度も高いですよ!

会員数・婚活に対する真剣度の高さ・プロフィールの信頼性の高さという面では、スマリッジがおすすめです!

ブライダルネットとスマリッジの会員年齢層を比較→スマリッジの方がやや年上

会員の年齢層を比較すると、

✓ブライダルネットは男性は30代、女性は20代後半~30代前半が多い
✓スマリッジは30~40代がメイン

です。

ブライダルネットはやや若い会員が多くなっています。

ほそゆう

自分がどの年代の異性と出会いたいのかによっても、どちらに魅力を感じるかがかわってきそうですね。

ブライダルネットとスマリッジの対応地域を比較→どちらも全国対応

ブライダルネットとスマリッジは、どちらも全国に対応しています。

どこに居住していても出会える会員がいますが、地方では会員数が少ない可能性があります。

そういう意味ではコネクトシップに加盟していることは、スマリッジの大きな強みですね。

ブライダルネットとスマリッジの紹介人数、方式を比較→スマリッジの紹介人数がやや少ないのには理由がある

次に、運営側から紹介してもらえるお相手の人数を比較してみました

ブライダルネットスマリッジ
紹介人数最大42名最大4名/月
申込人数100名10名/月
紹介方式婚シェルによる紹介アドバイザーによる紹介

紹介人数はブライダルネットが最大42名に対して、スマリッジは最大4名とやや少ない印象を抱くと思います。
申込人数もブライダルネットが100名に対して、スマリッジは10名と大きく差があるのです。

スマリッジは紹介できる会員数が多いのに、紹介人数と申込人数をやや少なく設定しているのには理由があります

結婚相手を真剣に見極めるためには、一人一人とじっくり向き合わなければなりません。

毎月の出会える人数を制限することで、質の高い出会いを得られるのです。

ほそゆう

多くの人にアプローチをしたいという人はブライダルネット、じっくりと相手を見極めたいという人はスマリッジがおすすめですよ。

また、紹介方式にも違いがあります。

ブライダルネットの婚シェルからの紹介では、自分に好意を抱いてくれている会員などのマッチング率の高い人を紹介してもらえます。

スマリッジのアドバイザーからの紹介では相手に求める条件や相性を考慮したうえで紹介してもらえるので、成婚につながる出会いが得やすいこともメリット。

ほそゆう

自分で自主的に出会いを探したい人はブライダルネット、婚活ノウハウに長けているアドバイザーからの紹介も重視したい人はスマリッジがおすすめですよ。

ブライダルネットとスマリッジのサポート体制→スマリッジは電話あり

ブライダルネットスマリッジ
相談形式チャットチャット・メール・電話
相談相手婚シェルがサポート結婚カウンセラーの有資格者がアドバイザーとしてサポート
サービスデートの日程サポート会員限定で参加できる各種イベント

ブライダルネットの相談形式はチャットのみですが、スマリッジはチャットに加えて電話での相談も可能です。

相談形式が選べるので、チャットやメールが苦手という人も安心です。

また電話だと話しのニュアンスが伝わりやすいというメリットもありますよね。

婚活で生じた悩みを相談しながら活動していきたいという人は、結婚カウンセラーの資格を有しているアドバイザーからサポートを受けられるスマリッジがおすすめですよ!

成婚率の比較→スマリッジの方が有利!?

成婚率はどちらも非公開につき、比較できません。

ですが婚活サイトと結婚相談所という点では、スマリッジが有利だと予測できます。

ブライダルネットの公式サイトでは、1年以内に結婚したいと考えている人は85%

結婚相談所は各種証明書をそろえたり婚活サイトよりも高額な費用をかけるという点から真剣度が高く、短期間で成婚を目指している人がほとんどです。

ほそゆう

短期間で結婚相手を探したいという人は、やはりスマリッジがおすすめですね。

まとめ:成婚の確率が高いのはスマリッジ

ブライダルネット・スマリッジは、どちらも異なるメリットがあることがわかったと思います。

「結婚を見据えた出会いを得たい」「短期間で成婚を目指したい」「質の高いサポートを得たい」という人は、やはり結婚相談所スマリッジがおすすめです。

コネクトシップに加盟するスマリッジなら出会いの母数が多いので、価値観の合うパートナーと出会える可能性も高いですよ。

「恋人を探したい」「いずれは結婚がしたいけれど、今すぐでなくても良い」という人は、気軽に出会いを探せるブライダルネットがおすすめです。

よかったらシェアしてね!

出会いのGuidebookが運営する結婚相談所「ウェルスマ」

【限定】入会金20,000円OFF+交際できなければ活動費全額返金!!

\アラサー女性限定の結婚コミットサービス/

この記事の監修者

ほそゆうのアバター ほそゆう 婚活サポーター

・出会いの場を100社以上取材、体験
・婚活男女120人以上の婚活相談経験
・アラサー女性結婚コミットサービス「ウェルスマ+」を運営
・Youtubeチャンネル「婚活ナレッジ」運営
・Twitterフォロワー400人

目次
閉じる