婚活パーティーでうまくいかない人の特徴│メンタルをやられる前に

2020 6/08
婚活パーティーでうまくいかない人の特徴│メンタルをやられる前に
りゅうのアイコン画像りゅう

こんにちは。出会いのGuidebook編集長りゅうです。

「婚活パーティー何度か通っているけどなかなかカップリングしない」
「早く結婚したいのに、なかなか良い人と巡り合えない」

このようにお悩みの方もいらっしゃると思います。

早く結婚したいという思いがあるのに、なかなか成果が出ないと辛いですよね。

僕も誰ともカップリング出来ないときは、「高いお金払ったのに、何もなかった、、」と結構落ち込みます。。

婚活パーティーでカップリングするためのテクニックはあるので、身に着けることでカップリング率をある程度あげることはできます。

しかし、婚活パーティーのシステム上、向いてる人、向いてない人がいるのも事実です。

向いていない人は正直婚活パーティーよりも別の手段を使った方が良いと考えています。

そこで今回はりゅうが実際に婚活パーティーに参加した経験から、

・婚活パーティーに向いていない人の特徴
・婚活パーティーに向いていない人におすすめの婚活方法

についてお話ししたいと思います。

りゅうのプロフィール
  • 東京在住のアラサー会社員。コンサルファーム勤務。
  • 元街コン団体運営。現在は出会いに関する取材を中心に活動
  • 街コン50回以上やマッチングアプリ10個以上の利用経験あり
目次

婚活パーティーに向いていない人の特徴

人見知り

婚活パーティーで1人あたりと話せる時間はわずか4,5分ほど。

そのため、人見知りの人は緊張が緩和する間もなく、トークタイムが終わってしまい、身のある会話がなかなかできません。

超短時間の戦いとなる婚活パーティーは人見知りの人には厳しい戦いとなるでしょう。

僕も根本的に人見知りなのですが、スイッチが入ると社交的に会話することができます。

ただ、スイッチが入らない時は、全然会話が盛り上がらず、いいね!を貰う率もかなり少ないなと感じています。

社交辞令的な会話が苦手

「凄い最初からため口で話してきた」
「言っていることは正しいんだけど、話を否定されて萎えた」

このような声は、特に良く女性の参加者から耳にします。

婚活パーティーでは、尖った会話よりも、常識的で、社交的な会話をする人がモテます。

どちらかというと安定感を求めている人が多いためです。

なので、あまりにも素直すぎて、人の話を否定しすぎたり、

フランクすぎて最初から年下とみるやタメ語で話すような人はウケがよくないでしょう。

初対面での印象が良くない

「なんだが怖そう」「無愛想」など、初対面での印象が良くない人も超短時間戦の婚活パーティーでは不利です。

お話しする時間が15分とか30分とかあれば、「怖そうに見えるけど、実はいい人」「無愛想そうにみえて、実は人懐っこい」というギャップを出して、むしろポイントをあげることができますが、5分程度の会話ではなかなか難しいでしょう。

ルックスが悪い

婚活パーティーはかなりの短時間。

参加者の仕事、年収はみんな似たり寄ったり。

趣味も、男性なら飲み、ゲーム、スポーツ、女性なら買い物、カフェ、最近ではネット動画鑑賞などの人が多く、差別化要素にはなりません。

そうなるとどこで選ぶか。

残酷ですが、一瞬で分かるルックスは有力な判断材料になります。

めちゃめちゃルックスが良くないといけない訳ではですが、ある程度以上のルックスは求めている人が多いです。

婚活パーティーがうまくいかないなら手段を変えよう

さて、ここまで婚活パーティーに向かない人の特徴を見てきました。

正直婚活パーティーは運もあります。

周りの同性の参加者のレベルが高ければカップリングに苦戦しますし、レベルが低ければ案外簡単にカップリングできたりします。

なので、1回参加してカップリングできなかったからと言って、決して向いていないということにはならないのですが、

2,3回参加しても良い結果が出ないのであれば、向いていない可能性があります。

その場合、まず婚活パーティーで成果をあげるために能力を磨く方法もあります。

・超短時間のトークタイムでの振る舞い、トーク術を磨く
・人見知りの人は、緊張したときの対策をする
・印象が良くない人は、服装を工夫したり、ギャップを早く見せれるトーク術を身につける

などなど…

しかし、正直いうと、婚活パーティーに特化したテクニックというのも多く、さらに取得するまでにはそこそこ時間がかかります。

また、そのテクニックを身につけてカップリングできるようになっても、カップリングした人と関係を築いて、付き合って、結婚するまではまた関門が待っています。

なので、もう婚活パーティーに疲れた、とにかく早く結婚したいんだという人は、婚活パーティーに注力することをおすすめしません。

婚活パーティーに向いていない人におすすめの婚活手段

婚活パーティー以外で、婚活の手段として有力なのは、結婚相談所とマッチングアプリ。

結婚相談所は料金が高いのがネックですが、アドバイザーの方がお相手探しや、結婚までの交際のサポートしてくれるため、完走しやすいというメリットがあります。

一方マッチングアプリは、自分でお相手探しや結婚までの計画をしなければならないものの、ネット上のプロフィールさえしっかりすれば、1対1でデートに行けるハードルは低いので、そこでじっくり話して、交際へと進めることができます。

さらに、費用も男性は3000円以下、女性は無料アプリが多いので、コストが抑えられるのが特徴です。

「1年以内に結婚したい」「付き合った経験が少なく、結婚までのプロセスに不安がある」という方は断然、結婚相談所がおすすめです。

一方、「2,3年以内に結婚したい」「ある程度恋愛経験があり、自分で計画を立てて動ける」という方は、コストが抑えられるので、マッチングアプリで良いでしょう。

結婚相談所、マッチングアプリについては、以下に詳しく纏めているので、参考にしてみてください。

月5000円から婚活できるオンライン結婚相談所が誕生!!

2019年7月にリリースされたのが、マッチングアプリのペアーズが展開する結婚コンシェルジュアプリ「Pairsエンゲージ」

このアプリは、

・1年以内の結婚意思がある会員しかいない
・毎日1人お相手候補を紹介してくれる
・コンシェルジュに婚活について質問ができる

といった、結婚相談所並みのサポートがありながら、月額9,800円で利用できるという画期的なサービスです。

マッチングアプリで大きな利益を得ているペアーズだからこそできる価格とサービスなのです。

是非真剣に婚活をしたい方はご覧になってみてください。

6月限定で「入会費無料+プラン料金半額(50%OFF)キャンペーン」を実施中とのことです!
プラン料金半額キャンペーンは初なので、入会するなら今がおすすめです!

りゅうのアイコン画像りゅう

2〜3年以内の結婚を見据えたお相手を見つけたいのであれば、リーズナブルに真剣婚活ができる「婚活特化向け」のマッチングアプリもおすすめです。

あわせて読みたい
結婚相談所は婚活版パーソナルジム。結婚にコミットしたい人におすすめ。
結婚相談所は婚活版パーソナルジム。結婚にコミットしたい人におすすめ。最近キスマイのCMで話題の「ゼクシィ縁結びエージェント」。結婚相談所としては、ゼクシィ縁結びエージェント以外にも、楽天オーネットなどが有名です。しかし、「そも...

この記事を書いた人

目次
閉じる